アーカイブ

自動車整備士として海外で働く

海外に求められる自動車整備士の技術

現在、日本車は多くの国で販売されており、人々の生活を支えています。
しかし、日本車の普及とともに必要とされているのが、販売する日本車を整備、点検などができる自動車整備士です。
自動車整備士は販売している日本車だけでなく、人々が乗っている車の定期的な整備や点検、修理なども請け負うため、人々の生活を支えるためにも必要でしょう。
さらに、元から現地で働いている人や新たに現地の人へ、自動車整備士の技術や知識などを教える指導者としても自動車整備士が求められています。
日本車の普及は、主に東南アジアや南米が中心ですが、欧米などで働きたい場合も日本車を中心に修理を行うお店などで働くことが可能です。
また、海外から日本人に対する丁寧というイメージがあるため、より重宝されるでしょう。

 

海外で自動車整備士として働くために

海外で自動車整備士として働くために

多くの国で日本車が普及してきている中、整備や点検、修理ができる自動車整備士が求められています。
海外で自動車整備士として働くためには、直接海外で転職活動を行うのではなく、海外勤務がある自動車関連企業や日本法人に転職するのがおすすめです。
面接なども全て日本で行うため、余計なコストをかけずに自動車整備士として転職活動を行うことができるでしょう。
また、海外勤務という形をとることで、住居などの心配もいりません。
さらに、欧米で自動車整備士として働く場合には、修理店などへの転職がおすすめですが、ASE(Automotive Service Excellence)という資格を取得しておくのも良いでしょう。
ASEとは、修理技術が認められているという証明になるものです。
持っていなくてはならないものではありませんが、欧米などで自動車整備士として転職する際は有利になります。
給与の面でも、海外で自動車整備士として働いても、生活に苦労することはないくらいの給与が見込めるため安心です。