pagetop

二級自動車整備士の資格について

HOME  自動車整備士の仕事について  二級自動車整備士の資格について

二級自動車整備士の資格について

二級自動車整備士について

二級自動車整備士について
二級自動車整備士は、自動車を安全に走行させるために点検や修理などの仕事を行うための国家資格です。
自動車のディーラーでは修理や点検の仕事を行いますが、そこで整備の仕事がしたいのであればこの試験に合格することが必要です。
また、バイクショップで仕事をする場合にも必要不可欠です。
二級自動車整備士の試験はいくつもあり、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級自動車シャシ整備士、二級二輪自動車整備士に分かれています。
これらすべての試験を受験して合格する必要はありません。
整備士として仕事をしていくのであれば、自分が進みたい方面のものを1つあるいは2つを取得しておくべきでしょう。
自動車整備は、一歩間違えると大事故を起こしかねません。
人の命に関わる仕事ともいえるでしょう。
そのために国家資格として制定されており、専門的な技術や知識を学んで習得した人に対して与えているのです。

取得するためには

取得するためには
自動車整備の資格を取得するためには、どうすればいいのでしょうか?
高校卒業後に整備士になりたいと思っている人もいるでしょう。
高校を卒業してすぐに取得できるものではありません。
卒業してから整備工場など関連企業に就職し、そこで一定期間以上の実務経験が必要です。
三級自動車整備士資格取得をするのであれば、1.5年、二級自動車整備士資格取得をするのであれば4.5年必要になってきます。
つまり取得するまでには合計で6年の実務経験が必要になるのです。
実務経験を免除することも可能です。
国土交通省認定の専門学校を卒業すれば、実技試験と実務経験が免除されます。
そのため学科試験に合格できれば、認定校に通う2年で二級自動車整備士の資格を取ることができます。
ちなみにもっと上の整備士を目指すのであれば一級自動車整備士の資格を取得することとなります。
車検のための検査を行うためには、一級自動車整備の資格が必要となってきます。