pagetop

自動車整備士の給料

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士の給料

自動車整備士の給料

自動車整備士の平均年収

自動車整備士の平均年収
自動車整備士を目指し、自動車整備士になった方はきっと「自動車が好き」だからですよね。
自動車好きにとって、仕事でまで自動車を整備できる、いろいろな自動車の整備を経験できるというのは、まさに「趣味と実益を兼ねている」と言えるのではないでしょうか。
自動車整備士を生業とする以上、避けて考えられないのが収入面、つまり『給料』です。
厚生労働省が発表している統計によると、自動車整備士の平均年齢は36.7歳、月額給与は約29万円、賞与も含めた平均年収は約420万円だそうです。
ほかの仕事と比べると平均年齢が若いようですが、これは自動車整備士という仕事が「若い人が活躍できる仕事だ」という事実を裏付けているといえます。
平均年収420万円は決して低賃金ではありませんが、身体が資本の自動車整備士にとっては「厳しい労働に対して給料が見合っていない」との意見も聞かれます。
勤務先によりますが、少しずつ昇給はあっても大幅に年収がアップするわけではないことも、自動車整備士からは不満の声があるようです。
また、町の小さな自動車整備工場と大手ディーラーの自動車整備工場では給料に差が出てきます。

給料だけを見てはダメ!意外な好待遇も?!

給料だけを見てはダメ!意外な好待遇も?!
自動車整備士の仕事には、ほかの仕事にはない待遇も期待できます。
勤務先にもよりますが『工具手当』を支給している会社もあります。
また仕事着の『洗濯代』が支給されることも多いようです。
自動車整備士の作業着は機械の油汚れですぐに汚くなってしまい、洗濯にかかる費用もバカにならないため、多くの会社で支給されるようです。
もちろん、社会保険完備、家族手当や住宅手当も支給している会社は大小を問わず多いので、安心して働くことができる環境は整っているといえます。
給料面だけを見ると不満を感じるかもしれませんが、なによりも安定、安心して働ける環境が用意されていることは、家族を支える、これから家族を持ちたいと考えている若い方にとって心強く感じるでしょう。
しかし、自動車整備士は決して楽な仕事ではないため、「毎月の給料が安いから、給料が高いところに移りたい」という単純な考えで勤務先を決めるのは危険です。
将来性や社風などから長く勤務できる転職先を選ぶことが転職成功の秘訣です。