pagetop

自動車整備士の種類

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士の種類

自動車整備士の種類

自動車整備士の資格・種類について

自動車整備士の資格・種類について
正式には「国家自動車整備士資格」という国家資格で、資格を取得していれば自動車の診断や修理、メンテナンスや調整、分解や組立などを専門的に行うことができます。
上位資格である1級から3級、さらに特殊自動車整備士などの種類があります。
また「ガソリン、ディーゼル、シャシ、二輪」など取り扱うことのできる車種にもよっても資格の種類が分かれています。
自動車整備士のほとんどはカーディーラーや自動車整備工場に勤めていますが、修理を引き受けるガソリンスタンドや車検を専門とする工場、塗装修理を行うペイントショップなど、昨今では整備士の仕事の場は拡大しています。

自動車整備士の取得の仕方

自動車整備士の取得の仕方
3級自動車整備士は未資格者や未経験者、さらに自動車系以外の学校を卒業した人が取得を目指す資格で、この資格がないと整備工場などで働くことができません。
また、3級を取得しているだけでは、すべての自動車整備業務ができるわけではありません。
そのため上位である2級自動車整備士も取得しておいたほうが良いとされています。
ちなみに2級を取得していると、車の板金塗装をはじめ、ほとんどの車整備業務を行うことができます。
2級の受験資格は3級合格後3年以上の実務経験、または専門学校の2級整備過程を修了すると得られます。
自動車整備士の最上位の資格が1級自動車整備士資格で、自動車の全般的かつ高度な整備ができます。
受験資格は2級合格後3年以上の実務経験、または専門学校の1級整備過程を修了しなければなりません。
1級自動車整備士を取得すると技術者そのものとして高い評価されるだけでなく、現場の安全管理や他の整備士にアドバイスするリーダーとなれます。
さらに特殊自動車整備士という資格もあります。
これは自動車の特定の分野において専門的な知識と技能を持っていると判断されるもので、受験するには特殊整備士の養成校を卒業するか実務経験を積んだあと、学科試験と実技試験に合格することで得られます。