pagetop

自動車整備士がつなぎを着る理由

HOME  自動車整備士の仕事について 自動車整備士がつなぎを着る理由

つなぎ着用は作業中のケガ防止に欠かせない

つなぎ着用は作業中のケガ防止に欠かせない

自動車整備士の仕事はシーズンを通して行われるものですが、どのような季節でもつなぎを着て作業を行います。自動車整備士の仕事は油が付着する恐れがありますので、その対策としてつなぎが選ばれているのです。

 

さらに、車の狭い部分まで手を伸ばして作業をするため、車のパーツで身体をケガしてしまう可能性もあります。そのため、火傷などから身体を守るために長袖のつなぎが欠かせないのです。

 

つなぎは、前面のファスナーなど金属部分が隠れるように作られているため、作業中に車を傷つけてしまう心配もありません。自動車整備士が作業を行う際には、動きやすさも重要なポイントのため、つなぎが最も適しています。

 

しかし、夏場は熱がこもってしまい、冷房も効果が出づらいので長袖は暑いです。
さらに長袖のため汗で張り付いてしまいます。
その対策として、つなぎの下には速乾性の高いシャツを着用していることが多いです。メッシュ素材なども、汗対策に良いでしょう。
汗をかく季節は、予備のシャツを用意することもあります。

寒い季節は中の服で寒さ対策

寒い季節は中の服で寒さ対策

自動車整備士の仕事は、季節を問わずつなぎを着用するものです。そのため、季節ごとの気候に合わせた着こなしをしなければなりません。特に、寒い季節は防寒対策が必要でしょう。

 

上からジャンパーを羽織ることもできますが、それでは作業の邪魔になってしまうので下に厚手のトレーナーを着用しています。そのほかに、吸湿発熱素材の長袖シャツもいいでしょう。また、自動車整備士はエンジンルームの細かい作業するため、寒さで手がかじかんでしまうと作業がスムーズにできません。

 

そのため、軍手やメカニックグローブの下にゴム手袋を着用する自動車整備士もいます。寒い季節は作業効率のことばかりを考えて、防寒対策をおろそかにすることもあります。しかし、身体を壊してしまっては仕事ができなくなってしまいます。
長袖シャツなどで対策をしましょう。