pagetop

二級自動車整備士の資格について

HOME  自動車整備士の仕事について  二輪自動車整備士の資格について

二輪自動車整備士の資格について

バイクを整備するための資格には

バイクを整備するための資格には
二輪自動車整備士とはバイクの整備士のことを指しています。
国が定めた一定の学科や実技、実務経験を得て試験に合格することで資格を取得することが出来ます。
二輪自動車整備士の試験に合格して資格を取得すれば、バイクディーラーの整備士、個人のバイクショップ、バイク関連会社、バイク用品店などに勤務して整備の仕事をすることが出来ます。
また、バイクの車検をはじめとする整備の仕事をすることもできます。
二輪自動車整備士の資格は3段階に分けられます3級から1級までがあります。
もちろん1級が一番難しく一番技術や知識を得ていることで得られる資格になっています。
当然一級が最も技術と知識を有していることになります。
バイクの整備士として三級を取得してもなかなか一人で仕事を任せてもらうことは叶いません。
エンジンの脱着や分解、ブレーキの分解などの仕事を一人で行う事は出来ない決まりになっているからです。
技術力のいることに関してはもっと資格の高い人と一緒にすることが必要となります。
二級二輪自動車整備になればいろいろな制限は無くなりますから、整備や点検などすべての仕事を一人で行う事ができます。

取得するには

取得するには
二輪自動車整備士の資格取得はいろいろな方法があります。
学んできた学科により実務が必要になる場合があるのです。
専門課程をまなぶことが出来ない学校を卒業した場合には整備士の資格を取得する場合、実務経験が必要になってきます。
三級二輪自動車整備士を得たい場合には、普通科を卒業した場合、1年以上の実務経験を持っていることが必要です。
機械科を卒業した場合には6ヶ月以上の実務経験を積むことが必要です。
二輪自動車の専門科を卒業した人は実務経験なしに資格試験を受けることが出来ます。
二級二輪自動車整備士を得たい場合には、普通科を卒業した人は、三級整備士を取得し、3年以上の実務経験を積んだうえで資格試験を受けることが出来ます。
機械科の場合には三級整備士を取得し、1年6ヶ月以上または2年以上、実務に携わり、経験を積まなければなりません。
二輪自動車の専門科の卒業生は、実務経験は必要ありません。
すぐに試験を受けることが可能です。