pagetop

自動車整備士の転職で重要な人材マッチング精度

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士の転職で重要な人材マッチング精度

自動車整備士の転職で重要な人材マッチング精度

ヘッドハンターは職務経歴書から『検索』する?!

ヘッドハンターは職務経歴書から『検索』する?!
求人情報への応募を見ながら人材を探すヘッドハンターは、自分の会社が求める人材を探すときにどうするかを知っていますか?
そうです、『検索』をするのです。
例を挙げると、ホテル料理人としての人材を探す場合、和食の専門を求めるのか、本場で学んだ中華料理専門職人を求めるのか、有名料理店で修業したフランス料理職人を求めるのかを『和食』『中華』『フランス』などのキーワードで検索するわけです。
インターネットを利用した転職では、このようにヘッドハンターが職務経歴書の内容を検索した際に「検索される」キーワードを確実に盛り込んでおく必要があります。
このように、確実に検索されるキーワードを盛り込んでいくことを「人材マッチング精度の向上」と呼びます。
インターネットを通じての人材確保が当然となった現代では、一昔前に「印象のよい履歴書の書き方」なるマニュアルがあったように「確実に検索される職務経歴書の作成方法」が存在するのです。

人材マッチング精度を向上させるコツとは?

人材マッチング精度を向上させるコツとは?
人材マッチング精度を向上させるためには、その仕事の業界や日ごろの業務内容によって身近に利用されるキーワードを盛り込む必要があります。
未経験者では知り得ないような業界用語や専門用語は、知っているだけでも求人条件の最低ラインを満たしていることになるのです。
このようなキーワードのことを『マスターキーワード』と呼び、マスターキーワードをリストアップしてから職務経歴書に盛り込んでいくとスムーズにマッチング精度を向上させることができます。
では、自動車整備士の求人の場合はどのようなマスターキーワードがあるのでしょうか?
これには『一般社団法人日本自動車整備振興会連合会』のホームページがヒントになるでしょう。
自動車整備士には、登録試験による資格が数多く存在します。
一級小型自動車、二級2輪自動車、三級自動車ガソリン・エンジン、自動車電気装置などの登録資格は、ヘッドハンターの要求にダイレクトに響くキーワードです。
これまでに自動車メーカーの工場で勤務していた経歴があれば、社名や担当部署の名称なども効率の良いキーワードになるでしょう。
まずはご自身の職務経歴を文章にする前に、マスターキーワードを抽出してリストアップしてみることが人材マッチング精度を向上させる近道です。