pagetop

自動車整備士資格の勉強方法

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士資格の勉強方法

自動車整備士資格の勉強方法

自動車整備士資格取得の方法

自動車整備士資格取得の方法
自動車が好きという方の中には自動車整備士の資格試験を受けて整備士になりたいという方もおられるでしょう。
自動車整備士資格試験の勉強方法については後述しますが、まずは自動車整備士免許の取得方法についてお話します。
整備士の免許を取得する方法は大きく分けて二つあり、自動車関連の専門学校に通って勉強する方法と整備工として現場で働きながら一般受験をする方法の二つに分けられます。
専門学校に通えるのならそれがもっとも確実な方法でしょう。
整備士の試験では学科と実技の二つが行われますが、専門学校の場合は学科だけ合格すれば免許を取得することができるのです。
専門学校は普段の授業で自動車整備に関する実習なども行っていますし、実技のテストは免除されるため学科のみ合格すれば良いことになっています。
一般受験の場合は学科と実技どちらもクリアしないといけなくなりますからよりハードルが高くなります。

自動車整備士資格試験の勉強方法のコツは?

自動車整備士資格試験の勉強方法のコツは?
整備士資格試験の勉強方法ですが、基本的には専用のテキストを使うことになります。
書店などに行けば二級整備士試験のためのテキストがたくさん販売されていますから、勉強しやすそうなものを選んで購入しましょう。
「独学でも合格はできるのか」という不安を抱えてしまう方もいるでしょうが、実際に独学の勉強方法で合格した方はたくさんいます。
どれだけ集中して勉強を進めることができるか、という部分が大切ですから、日々の時間を大切に集中して勉強に取り組みましょう。
効果的な勉強方法の一つは過去問題をたくさん解くことです。
過去問題をたくさん解くことによって出題の傾向なども理解できてきます。
いきなり試験の内容が大きく変化することはありませんし、解いた過去問題の中から出題される問題もたくさんあるでしょう。
陸運局や整備振興会などが講習会を開催することもありますから、独学での合格を目指すのなら積極的に参加しておくことです。