pagetop

自動車整備士のなかの特殊整備士とは

HOME  自動車整備士の仕事について 自動車整備士のなかの特殊整備士とは

自動車整備士のなかの特殊整備士とは

特殊整備士とは

特殊整備士とは
自動車整備士とは自動車のメンテナンスや修理などができる技能を有していることを証明する資格のことであり、その職業に就いている方のこと指します。
自動車整備士は国家資格ですから資格試験をクリアすることで初めて資格を取得することが可能となっていますが、自動車整備士の中に特殊整備士と呼ばれる資格、職業が存在することをご存じでしょうか。
自動車関連の専門学校を卒業した方が所有する自動車整備士免許は二級整備士で、この資格を取得していないと自動車のメンテナンスや修理に携わることはできません。
特殊整備士は自動車関連の仕事をするのに絶対必要な資格ではないものの、就職や転職に有利になると言われている免許の一つです。
特殊整備士は自動車電機装置整備士と自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士の三つに区分され、それぞれ専門が異なるのが特徴と言えるでしょう。

特殊整備士試験について

特殊整備士試験について
特殊整備士の試験をクリアして資格を取得することで就職や転職を有利に進めることができるでしょう。
自動車整備士の免許を取得するために試験が存在するように、特殊整備士の免許取得にも試験がありますからしっかりと勉強して臨まねばなりません。
では、特殊整備士の資格試験はどのような形態になっているかというと学科と実技の二つの科目が存在します。
学科だけ合格しても意味がありませんし、学科と実技の両方の試験をクリアして初めて特殊整備士の資格を取得できます。
自動車業界で働きたいと考えている方は少なくありませんし、未だに人気のある業界の一つです。
また、自動車業界としてもできるだけ即戦力になる人材を欲していますから、自動車整備士だけでなく特殊整備士の免許も持っている人材なら採用したくなるのではないでしょうか。
試験のための学習を進める過程でさまざまな知識を得ることができますし、そこで得た知識は現場でも役立ちます。
自動車業界で働きたい方必見の免許と言えるでしょう。