pagetop

自動車整備士の資格の内容

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士の資格の内容

自動車整備士の資格の内容

自動車整備士は細かく種類が分かれている

自動車整備士は細かく種類が分かれている
一口に整備士といっても、その種類は多彩です。
整備できる部門や車種に応じて、取得が必要な資格は細かく分類されています。
まず大枠として、一級・二級・三級・特種整備士のそれぞれに分けられます。
それぞれの特徴としては、まず一級が原動機にモーターを搭載した車両、一般的な燃料以外で走行する車両など、高度な技術要する整備業務もおこなえる、次に二級は、ガソリン・ディーゼルそれぞれのエンジンを搭載した車両全体の整備ができる、三級は自動車整備の中でもエンジン・シャシなど部門別に特化した整備、そして特種整備士に関しては、より細かい部門別資格といった内容になります。
またさらに一級の中でも、大型・小型・二輪それぞれの整備士、二級はガソリン・ディーゼル・自動車シャシ・二輪自動車それぞれ、三級は自動車シャシ・ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン・二輪自動車、特種整備士はタイヤ・電気装置・車体など、より細かく資格が分けられています。
取得する資格や数によって、できる仕事内容が異なってくるので、しっかり把握しておきましょう。

自動車整備士になるには

需要の高い自動車整備士
整備士になるステップとしては、主に2種類挙げられます。
まず一つが整備工場に勤務し一定の実務経験を経たのち受験資格を取得し、学科・実技の国家試験に合格する方法です。
そしてもう一つは、自動車整備振興会が認める養成施設に通学し、実技試験免除の形で登録試験・検定試験を合格する形です。
またその他、国土交通省認定の施設を卒業し、実務・実技試験共に免除された形で登録試験を合格する方法もあります。
いずれにおいても国家資格であるため、自動車整備士技能検定を合格することが欠かせません。
現在、二級自動車整備士資格を持っていれば、ある程度幅広い仕事はこなせます。
使用されている多くの自動車が、ガソリンやディーゼルエンジンで走るタイプだからです。
ですが今後については、HVやEVといった、よりエコかつ低燃費な自動車が普及することも予測されています。
そのため、今後の安定的な活躍を目指すのであれば、そういった最新車種にも対応できる一級自動車整備士資格の取得を目指す方がより理想的といえるでしょう。
将来的な展望も考えつつ、取得にチャレンジしてみてください。