pagetop

自動車整備士が不足している原因

HOME  自動車整備士の仕事について  自動車整備士が不足している原因

自動車整備士が不足している原因

自動車整備士は常に人手不足

自動車整備士は常に人手不足
自動車産業というのは、日本の基幹産業であり非常に重要性が高いものです。
それだけに自動車整備士の需要も多いのですが、整備士は年々減少して、不足しています。
不足している原因というのはいくつもありますが、整備士になる人より引退する人が増加したためです。
高度成長期の時代、自動車の急速な普及により自動車整備士を育成する学校がたくさん建てられ、自動車整備士を目指して資格を取得する人が急増しました。
しかし、現代若者の多い都会では車に乗ることはほとんどなく、車が生活に密着していないということもあり、車に興味がある人、自動車整備の仕事に就きたいという人は減少しています。
逆に自動車整備士の資格を持った人がいないというのは、これからこの世界に入ろうと思ったときにはライバルが少なく狙い目だといえます。

自動車整備士は人手も足りず業務量も多い

自動車整備士は人手も足りず業務量も多い
自動車整備士になる人が減少していますが、人手が減るに連れて一人あたりの業務量というのは増えてしまいます。
仕事は増えて忙しくなり、残業時間も増加しているというのに、給料は据え置きという会社がほとんどです。
また、車の修理は急を要することが多いため、休日も返上して遅くまで仕事しなければならないといった点もあります。
そのような原因からも自動車整備士は待遇が悪いといわれるのです。
しかし、自動車業界もこのような状態に手をこまねいているわけではないため、少しずつではありますが待遇の改善を行うようになっています。
それでも、まだまだ待遇面だけでみると魅力がある仕事とは言いにくいものとなっていますが、資格や技術があれば需要も多く、定年もなく働ける仕事なので将来性の面から見ると高く評価できるのではないでしょうか。
新しく自動車整備士を目指している人はもとより、すでに実績がある人の場合にはそのスキルを活かしてよりよい職場へと転職することも夢ではありません。