3ヶ月間で行うカリキュラム概要です

当校では、自動車整備士として就職するにあたり必要な知識と技術を厳選し、短期間で効率的に学習が出来る独自のカリキュラムを構築しています。
訓練では自動車構造・電気理論などの基礎を学び、実技としてエンジン・ミッション・ブレーキ・サスペンションなどを実際に分解・組み立てを行うので、構造などの理解を深めることができます。

・カリキュラム紹介
エンジン・・・エンジンを全分解して、仕組みが分かります。
シャシ・・・・自動車の走る、曲がる、止まるの仕組みが分かります。
電気・・・・・モータ、発電機を分解して、電気の基礎が分かります。

・カリキュラム詳細

科目概要時間
学科安全教育安全衛生(作業服の着方、帽子・安全靴の身に付け方、安全作業について)2時間
自動車法規道路運送車両法、道路運送車両法の保安基準(条項と保安基準計算)、自動車点検基準24時間
実技エンジン演習整備の基礎、基礎整備作業、エンジンの機能・構造(エンジン本体、潤滑装置、冷却装置、燃料装置、吸排気装置、電子制御装置)、測定作業、給油作業、昇降作業、燃料の性状・取扱・保存(危険物取扱)100時間
シャシ演習シャシの機能・構造(動力伝達装置、アクスル、サスペンション、ステアリング装置、ホイール、タイヤ、ホイールアライメント、ブレーキ装置、フレーム、ボデー)、給油作業、点検・整備作業100時間
電気演習電気の基礎、エンジン電装(バッテリ、始動装置、充電装置、点火装置)の構造機能と点検及び整備、シャシの電装(照明装置、計器類、空調装置)の構造機能と点検及び整備80時間