アーカイブ

自動車整備士に求められるキャリアパス

キャリアパスとは?

求人情報や企業の採用面接などで使われる専門用語に『キャリアパス』という用語があります。このキャリアパスという用語、意味をきちんと理解せずに聞き流している方も多いでしょう。

 
キャリアパスとは「ある職位や職務に就任するために必要な業務経験とその順序、配置移動のルート」の総称です。もっとカンタンに分かりやすく言えば「キャリアアップの道筋」です。キャリアパスが明確であれば、この仕事を5年続けていけば資格を取得して上位のポストに就けるなどの自分の将来像を描きやすくなるでしょう。

 
その仕事の専門知識ゼロから入社し、実践経験を積んで3年後には資格を取得、有資格者として主任に昇任、主任者としての実務経験を積んでさらに上位の資格を取得、10年後には上位資格の取得によって管理者になることができるというルートが明確だと、社員にとっては「3年後には班のリーダーになるんだな」とか「10年後に資格を取れば管理職になれるけど、現場からは離れたくないな」など、その企業で働くうえでのビジョンが明確化します。

 
キャリアパスは、働き手にとっての道しるべであると同時に、企業にとっては社員のモチベーションを向上させるアイテムでもあるわけです。

自動車整備士のキャリアパスは?

 

全くの未経験から自動車整備士としてスタートすると、まずは3級自動車整備士を目指すことになります。3級取得後3年以上の実務経験を積んだら2級整備士の資格を目指します。

 
2級整備士を取得すれば、ほとんどの自動車整備ができるようになります。
さらに3年の実務経験を経て、専門学校の1級整備課程を修了すれば1級整備士の取得を目指します。

 
1級整備士になれば高度な自動車整備も可能になります。1級整備士を取得すれば、自分自身のスキルが高く評価されるだけでなく、整備工場においての安全管理や後輩整備士のリーダーとして働くことになります。

 
こうして自動車整備士としての現場作業を経験した後は、フロントマネージャーやフロントアドバイザーなどのフロント業務に異動することになります。
お客さまと自動車整備士をつなぐ橋渡し役として、受付や診断、見積り、発注などの接客や事務仕事を受け持つことになります。自動車整備士のキャリアパスは整備士資格の等級によって明確化されているので、資格取得を目指して頑張りましょう!

最後に

以上、自動車整備士に求められるキャリアパスについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための勉強の仕方とは?独学の方法を解説!も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士における年齢制限とは

何歳でも自動車整備士になることができる

自動車に興味があるという人は少なくありません。中には、自動車整備士の仕事に転職しようと考えている人もいるのではないでしょうか。自動車整備士を目指すにあたって、年齢制限について知っておく必要があります。

自動車整備士になるためには、自動車整備士の資格を取得しなければなりません。
その資格には年齢制限がないため、誰でも資格を取得することができます。また、未経験者であれば、自動車整備士の資格を取得するために専門学校に通うことが一般的です。この専門学校に入学する際も、年齢制限がない場合が多いです。

中には年齢制限を設けている専門学校もあるため、確認してください。すでに社会人として働いており、自動車整備士は未経験だという人でも専門学校に通うことで資格を取得し、整備工場などで働くことが可能です。

しかし、できるだけ若いうちに挑戦する方が有利になることもあるため、自動車整備士に転職を考えている人は早めに行動することをおすすめします。それは、就職時に年齢の高さがネックになる恐れがあるからです。

自動車整備士の資格を年齢が若いときに取得していても、未経験の場合は30歳を超えていると難色を示されるかもしれません。転職前に営業の仕事をしていると、その経歴がプラス評価になることがありますが、人それぞれ条件が異なります。

 

できるだけ早く行動しよう

できるだけ早く行動しよう

原則的には、自動車整備士は何歳でもなることができます。自動車整備士として働いている人の平均年齢は44.3歳ですが、若い自動車整備士も多く活躍しているのです。

就職に関しては、メーカー系への就職には年齢制限がある販売会社や、年齢制限等はなく、人物重視の就職試験で採用する会社もあります。自動車整備士としてどこで働きたいのか、どのように働きたいのかを決めておくと、転職活動もしやすいでしょう。
見習いとして整備工場に就職するという手段もあります。自動車整備士に転職を検討している人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。