アーカイブ

自動車整備士のキャリアとは

自動車整備士になったら


整備士の転職を考えている人は、どのようなキャリアを積んでいくのかを知っておくと良いでしょう。会社によって異なりますが、一般的な自動車ディーラーに入社した自動車整備士のキャリアは、新人研修から始まることになります。

多くは1週間から3ヶ月程度の期間が設けられます。研修後は先輩や上司に習いながら、オイル交換やタイヤ交換などの軽作業を行い、その後は先輩と一緒に定期点検作業などです。半年ほどで整備車両を一人で動かすことを認められることが多く、引取納車などを任されるようになります。

このような作業をしながら知識や技術を身につけていき、1年ほどで一通りの定期点検ができるようになるのです。その後、車検整備を覚えていくことになります。3年以上実務経験を積んでいくと、自動車整備士として知識や技術がひと通り身につき、後輩への指導や、お客様への対応をするフロント業務に従事する人もいるのです。新人期から中堅期は、整備士として重要な時期になります。

整備士のベテラン期になったら

整備士のベテラン期になったら

10年、20年と勤務していくと、整備技術全般に精通し、現場の業務を全て一人でこなせるようになります。目標管理や業態管理などの業務関連や、人事や教育などのマネジメント業務に従事するケースが多くなるのです。

営業部に配属となった場合は、管理職につく人もいるでしょう。また、自動車整備士としてのノウハウを身につけ、独立して整備工場を開業するという道を選ぶ人がいるのもこの時期です。

スキルを身に着けてキャリアアップし、転職することで給料などの待遇を向上させるという選択肢もあるでしょう。転職先には、そのまま自動車整備士として働く以外にも、保険会社のアジャスターやカー用品店、建設機械メーカー、大手運送会社など、自動車整備士としてのスキルを生かして様々なものがあります。
自動車整備士として転職する人は、将来的にどのようになりたいのかを考えながら働いていくと良いでしょう。

最後に

以上、自動車整備士のキャリアについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士が転職する際の退職理由と書き方

退職理由に合わせて書き方を変える


退職の理由は人によって異なるものの、自動車整備士として転職をする際にはできるだけネガティブな印象を与えないことを意識すべきです。退職理由が一身上の都合の場合は新しい仕事内容にチャレンジしたいと前向きな理由であるのが望ましいです。

 
給料と業務内容が伴っていない場合は努力や成果を評価してくれて、整備力向上につながる働き方をしたいとするのがよいでしょう。転勤をしたくない希望がある場合は、腰を据えて働いていきたいとするのがおすすめです。

 
契約社員として働いてきた場合は、契約期間満了のため退社としましょう。会社都合の場合は自分に足りない部分や今後どう乗り越えていくのかをアピールするのが望ましいです。一口に退職理由といっても、それぞれで異なるからこそ、適した退職理由を書かないといけません。

前向きな退職であるかを客観的に判断する

前向きな退職であるかを客観的に判断する

 

自動車整備士として働いていた人の退職理由はそれぞれで異なるものの、重要となるのは前向きな退職であると思われるかです。人間関係、給料、業務内容などの不平不満があって退職をした人も少なくないでしょう。

 
しかし、退職理由を客観的に判断して不平不満があったと判断されるのはNGです。
採用担当者からすれば、転職をして自社でどういった働きをしてくれるのかを判断します。

 
不平不満があったのが退職理由である場合、自社で働くにしても同じことを繰り返す可能性があると思うものです。転職をした何をしていきたいのかが明確な退職理由でないと、マイナスな印象を抱かれてしまうと覚えていきましょう。

 
習得した技術をどう活かしていきたいのかも明確にした方がよいでしょう。何をしたいのかを分からない人を採用するのは大きなリスクが伴います。これから自社で携わってもらいたい業務とやりたい業務が一致すれば、採用に向けてのひとつの理由になるでしょう。

最後に

以上、自動車整備士が転職する際の退職理由と書き方についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士に求められるキャリアパスも一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の履歴書について

自動車整備士の履歴書書き方ポイント

履歴書の基本

自動車整備士として企業で働くためには、履歴書を書かなければなりません。

履歴書を書くにあたり注意事項はいくつもありますが、まずは丁寧に書くことを心がけてください。字が汚くとも、丁寧に書いていれば絶対にその過程は先方に伝わります。また、誤字脱字が多いと履歴書の内容が優れていても選考に落とされる可能性があります。その二点だけは必ず気を付けるようにしましょう。

履歴書と志望動機の話

どのような職業でも履歴書を書くときには、志望動機の欄に何を書くのか迷うものです。自分がなぜ自動車整備士になりたいのか、その企業に入って何をやりたいのかがわかっていても、履歴書を通して採用担当者にどのように伝わるのかを考えてしまいます。

履歴書の書き方に悩んでいる人は、自動車整備士として働く場合の志望動機の書き方について知っておきましょう。まず、なぜ自動車整備士に興味を持ったのか、その企業で何をやりたいのかの2つのポイントを整理してください。興味を持ったきっかけは人それぞれ異なります。

例えば、ディーラーやメーカー、整備工場など魅力を感じたポイントをできるだけ具体的に洗い出します。企業説明や企業訪問で感じたこと、刺激を受けたことを考えると、興味を持ったきっかけが出てくるはずです。その中で優先順位をつけて、最も強く感じていることを強調して書きましょう。

そして、志望動機の中でも自動車整備士として何をやりたいかを伝えることはとても重要です。その企業で何をしたいのかを自分に問いかけてみてください。自動車整備士の知識や技術、自分の志向、個性を活かしたいというビジョンを思い浮かべ、志望する企業の特徴とどうマッチするのかを考えましょう。

他の応募者と差をつけよう

履歴書は応募先ごとに作るべき?

履歴書を複数の企業に出す場合にも、その企業でなければならない理由を書くことがポイントです。抽象的な書き方をすると、どこの企業でも当てはまるような表現になります。

しかし、大切なことはその企業でなければならないという理由を書くことです。
興味を持ったきっかけ、その企業で実現したいことをしっかりと考えれば、その企業で働きたい理由が見つかるでしょう。高評価を得たいばかりに嘘を書いてはいけません。

志望動機の書き方を参考にそのまま書くのではなく、自分の気持ちや経験を、自分の言葉で書くことが大切です。自分でしっかりと考えて書いた履歴書は、面接でも自信を持って答えることができます。これらのポイントを意識して、履歴書を書いてみましょう。

最後に

あなたがどんなに優れた自動車整備士でも、応募先の企業は履歴書の紙面以外で判断することができません。
だからこそ、前述の内容を守り、志望動機や自己PRをブラッシュアップした履歴書が完成すれば、他の転職者を一歩出し抜く大きな武器となります。

志望動機の例文やポイントについては「転職目指す自動車整備士の履歴書と志望動機の話」で解説していますので、不安な方はぜひ一読してみてください。

自己PRの詳しい書き方や例文は「自動車整備士の転職!自己PRの書き方と例文!」にて解説していますので是非参考にしてみてください。

履歴書だけではなく職務経歴書が必要な方は、別記事「自動車整備士の転職では職務経歴書でアピールしよう!」をどうぞ。

自動車整備士に人気の転職先

転職を考えるとき

自動車整備士の資格を取得していてもこの業種の仕事は決してきれいな仕事ではありません。低賃金やサービス残業、肉体労働など、色々な悪環境があります。

自動車会社のディーラーなどの業種であれば、給与の昇給も見込めますが、整備工場など一族で経営しているようなところであれば、なかなか給与の昇給も望めない場合もあるでしょう。
自動車整備士の資格を7取得していても平均年年収はほかの業種の職種と比べるとやはり少し少なめになっています。

20代で294万円~300万円。
30代で300万円~400万円。
40代で450万円前後となっています。
将来のことを考えていくと明るい兆しが見えない業種だと思うのであれば、転職を考えるでしょう。

自動車整備士からほかの業種への転職について

自動車整備士の転職で一番多く人気の転職先は同業他社です。たとえば家族経営で行っているような整備工場に勤務している場合には、給与に対して不満があるでしょう。

その場合には、大手の自動車メーカーの整備工場であれば、年齢とともに給与の昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。一般車両だけでなくトラックや重機などの整備の取り扱いも行っている整備工場への転職をする人もいます。
大型のものを整備することは大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。

ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。自動車の整備技術を高めプラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備もできるようになるので、高い給与を得られます。リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。

ここでは整備としての仕事だけではなく接客の仕事も含まれてきます。もちろん整備士としての資格は必要です。しかし接客も仕事に入ってくることで給与アップが見込めますので人気の転職先となっています。
若いころは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくことが出来ますが、年々体力は低下していきます。体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で十分働いていくことが出来るのかどうかをきちんと見極める必要があるでしょう。

自動車整備士の現状とは?転職はしやすい?

自動車整備士の現状

自動車整備士は厳しい仕事です。給与も高いわけではなく、腕一本で業務をこなす職人の世界です。
労働環境や待遇も良いとはいえない企業もまだまだあるのが現状です。
しかしながら、長期的に全国規模で自動車整備士が不足していることもあり、環境や待遇は急激に改善しています。
また、人手不足の影響で未経験や経験年数が浅い人も採用されやすくなっています。

自動車整備士への転職は今がチャンス

自動車整備士に転職を考えている人もいるのではないでしょうか。
自動車整備士の数は減少傾向にあり、自動車整備士不足であるのが現状です。
日本自動車整備振興会連合会の自動車整備白書によると、約50%の整備事業場で自動車整備士が不足しているという現状があります。
そして、10%は事業に支障がでるほどに不足していると感じているようです。
車社会の日本では車の安全を守る自動車整備士の仕事はなくてはならない存在です。
逆に言えば、自動車整備士への転職を検討している人は、人材が不足している今がチャンスです。

 

人材不足の原因

自動車整備士が不足する要因として、予算をかけた大規模な採用活動ができないことが挙げられます。
整備業界は従業員が10人以下の企業が70%を占めているため、大企業のように採用活動に予算をかけることが難しいのです。
また、そもそも自動車整備士の資格取得を目指す人が半減していることも原因の一つです。
自動車整備士一人あたりの年間売り上げは1380万円、総整備売上高が約5兆5千億円です。
総整備売上高は増加傾向にありますが整備士は減少しているため、一人当たりの整備売上が毎年増加しています。
この数字から、自動車整備士一人あたりの仕事量が増えていることが推測されます。
一人当たりの仕事量を軽減させるためには、人材の確保が必要です。
この現状が改善されなければ、業務の存続が難しくなる会社も増えるでしょう。
そこで、このような現状を改善するために、国土交通省では自動車整備人材確保、育成推進協議会を発足させるなどの活動を開始しています。
給与や休暇、業務環境を大幅に見直し、労働環境全般や待遇の改善を目指しています。
良い人材を獲得しようという動きが以前より活発化しています。
この状況をチャンスと捉え、自動車整備士への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

最後に

以上、自動車整備士の現状と転職についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の勤務時間は?残業は多い?も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士って退職金はもらえるの?

自動車整備士は退職金がもらえる?


自動車整備士の退職金が気になっている人もいるのではないでしょうか。
退職金制度とは、企業から退職者へ長年の勤務を労って支払われる給付金です。
定年退職をした人が退職金をもらうというイメージがありますが、若いうちに退職しても、もらえることがあります。
しかし、退職金制度は、どの企業も福利厚生として義務付けられているものではありません。
そのため、退職金制度を設けていない企業もあります。
就業規則で定められていなければ、企業が退職金を支払わなくても違法にはなりません。
自動車整備士として働く企業によって退職金は異なりますが、多くの企業では退職金制度が完備されています。
中には、退職金を積み立てることが難しい職業や企業もあり、その時々で景気がよければ賞与に反映して還元した方が楽だと考える企業も少なくありませんが、自動車整備士であれば安心して転職することができるでしょう。
60歳を過ぎてから退職金があるかどうかは大きいです。
退職金制度が完備されているかどうかを確認してから、転職することをおすすめします。

 

退職金制度の種類

退職金制度の種類

退職金制度には、退職一時金制度と退職年金制度の2つがあります。
退職一時金制度は、定年や自己都合で退社するときに、まとまった額の退職金を一時金として支払うものです。
この制度を設けている企業は、労働協約や就業規則による退職金規定で定められた内容に基づき、支給されるのが一般的だとされています。
退職一時金を支給する最低勤続年数は、3年が多いです。
決められた勤続年数未満の場合は、退職金が支払われません。
一方、退職年金制度は、退職後の老後をサポートする資金として、企業から分割して定期的に支払われるものです。
近年、確定拠出年金や確定給付企業年金などの制度があるため、それらに移行する企業も増えてきています。
また、退職一時金制度と退職年金制度を併用する企業もあります。
企業によって採用している制度が異なるため、自動車整備士として転職する場合は事前に確認が必要です。
就業規則や給与明細を確認すると、退職金を調べることも可能ですが、企業の経営状況によって就業規則が変わっている場合もあるため注意してください。

最後に

以上、自動車整備士と退職金についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の休日は?土日休みは取れる?も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の転職先の選び方と転職先一覧

自動車整備士の具体的な転職先

ディーラーで整備士として働く

ディーラーを転職先に選ぶ場合、メリットはもちろん年収が自動車整備士の中では高めなところ、メーカーから最新の知識やスキルを学べる事があります。勿論デメリットもあり、ディーラー整備士は自動車整備士業界の中でも労働時間が長い傾向にあります。ワークライフバランスを重視したい方には向かない職場といえます。

民間整備工場で整備士として働く

民間の自動車整備工場を転職先に選ぶ場合、メリットは何といっても完全週休二日制でしょう。勿論例外もありますが、職種として土日に休みがとりにくい自動車整備士という仕事でありながら、土日休みかつ週休二日制の職場が多い民間の整備工場は、休みを重視する人にとっては良い職場といえるでしょう。ただし、ディーラーで働く場合より給与は低い傾向にあるので、注意が必要です。

カー用品店で整備士として働く

カー用品店で整備士として働く場合、接客業の側面が強くなります。様々な車の悩みをもったお客様に専門家という立場でアドバイスをするので、人とのコミュニケーションが好きな方にとっては大きなやりがいとなるでしょう。また、他の職場に比べて規模の大きい企業で正社員の求人が多くあるというのも特徴です。
但し、年中無休の職場が多いので、私生活を大切にする方は気を付ける必要があります。

自動車整備士の転職先の選び方


自動車整備士はどのようにして転職先を選んだらよいのでしょうか。選び方を考える前に、なぜ転職をしたいのか理由を考えることは大切ですが、そもそも自動車整備士の多くは収入の低さという理由によって転職を考えます。

ほとんどの人が、自動車が好きで、仕事そのものにはやりがいを持っていたとしても、年齢が上がることによる収入の増加もそれほど見込めない状況の中で、転職を考えざるをえないというケースは少なくありません。

平均的な自動車整備士の年齢は30歳ほどと言われており、平均年収は多くても400万円ほどであるため、とてもハードな仕事の内容の割に決して高い収入とは言えない現状がネックとなっています。年齢だけで考えていくと、他の業種でそれなりに経験を積んだ人と比べてやはり多い場合では100万円ほどの収入の差がついてしまい、その収入の格差は徐々に広がっていくものでもあるため、自動車整備士としての今後のあり方に不安を覚える方も少なくありません。

とは言え、勢いで自動車整備士からの転職を考えると、余計に状況が悪くなってしまうことも考えられます。そのため、転職を考えるならどの部分を優先して転職したいのか、その理由をよく考えておくことが必要です。

理由別の転職先選び方ポイント

 

単純に年収が今よりも高くなればそれで満足であれば、選び方としては職種にかかわらず幅広いジャンルから転職先を選ぶことができるかもしれません。また自動車整備士としての勤務時間や休日の取り方などに不満を持っている場合、選び方としてお勧めなのは自分の好きな時間で働くことができる転職先を第一優先として転職先として選ぶことが必要です。

自動車整備士になる方は基本的には自動車が好きなはずですので、そうした好きなことに携わりながら仕事をすることにこだわりを持つ方も多くいらっしゃるでしょう。そうした理由を重視する場合には、転職先もなるべく自分の好きなことに携わる業種ということで選んでいく選び方がよいかもしれません。

最後に

以上、自動車整備士の転職先とアドバイスについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の履歴書についても一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の転職!自己PRの書き方と例文!

自己PRの書き方のポイント

自動車整備士として転職を考えている人は、履歴書に書く職務履歴だけではなく、自己PRを考えるようにしましょう。
自動車整備士は、スキルや経験が非常に重要な仕事になりますので、実務経験者は自身のスキルを相手にしっかりと伝えることが大切です。

そのためには、事前に準備して考えておくと良いでしょう。

自己PRの書き方にはポイントがあります。
まず自己PRに重要なのが、自分の自動車整備に関する知識や技術のアピールです。
会社にとって、どのように活かすことができるのかを明確にする事が大切になります。

また、会社の社風や価値観に、自身の価値観がどのように合っているのか、自身の性格や人間性を伝えるようにします。
自身のアピールできるポイントが、どのようなことかを把握しておきましょう。

 

アピールポイントを明確にしよう!

自身のアピールポイントは、なかなか自分では分からないでしょう。
自身のアピールポイントを明確にするために有効なのが、書き出していくことです。

自分の整備に関する知識や技術について、整備の経験があるメーカーや車の種別、整備業務以外の仕事上で経験したことなど、経験のある整備業務をすべて書き出すようにします。

書き出すことで、自分のスキルや経験が分かり、改めて把握することができるのです。多数の車種を整備した経験がある人は、その経験値をアピールすることができるでしょう。また、一つの車種を長年整備していた人は、その専門性をアピールすることができます。

次に、会社の社風と自身の価値観の一致については、自分が仕事をする上で大切にしていることや、日頃から意識して取り組むようにしていることを書き出すようにするのです。そこから共通点を見つけることで、アピールポイントが分かるでしょう。
自身の性格や人間性については、人からの評価を書き出してみます。自分で考えるだけではなく、人から言われているというところがポイントです。また、ネガティブなイメージをポジティブに言い換えてみるのも良いでしょう。

例えば、口下手であれば聞き上手、理屈っぽいであれば論理的に物事を判断できるというように、悪いイメージの言葉を良いイメージに置き換えます。
これらを書き出しておくことで、有効な自己PRを作成することができるでしょう。

自動車整備士の自己PR例文を紹介

≪≪自己PR 例文その1≫≫
〇〇のディーラーにて●●年間自動車整備士を経験しました。社内研修なども積極的に受講していた為、〇〇の車の整備には自信があります。また、お客様に指名されることも多く、整備の技術だけではなく接客にも自信があります。

具体的な年数を記載することにより、経験がアピールできますね。また、ここの部分は自信がある!という点を記載するのも良いでしょう。

≪≪自己PR 例文その2≫≫
お客様にいつも「仕事が丁寧だね」と感謝されていました。私自身、丁寧な仕事を心がけており、職場の5Sも大変意識していました。丁寧な仕事を心がけてはいますが、仕事のスピードに関しては自分を強く律し、どんな時でも納期を守ることを遵守してきました。丁寧さとスピード感の両立が出来ることが私の強みです。

まず具体的な事例をあげ、自身の強みをアピールしましょう。強みに対して懸念される事項も自己PRの中でカバーしてあげると、相手も安心して読めますね。

 

最後に

以上、自動車整備士の自己PRについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の履歴書についても一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

転職目指す自動車整備士の履歴書と志望動機の話

自動車整備士の履歴書の書き方

まず履歴書を書く際に注意すること、意識する事について解説していきます。

履歴書の基本

履歴書はフォーマット通りに記入していきましょう。注意事項としては、誤字・脱字がないこと、修正液等を使わずに間違えたら一から書き直すこと、写真は三か月以内に撮影した写真を使用すること等があります。平日に時間を取れる人は、ハローワークなどで無料の履歴書の書き方を教えてくれるので、不安があれば行ってみるといいでしょう。

資格と学歴の書き方

履歴書は、基本的にフォーマット通りに記入していけば問題ありませんが、気を付けてほしいのが学歴・職歴欄です。
学校名・会社名は必ず略さずに正式名称で書いてください。派遣で働いていた場合は、派遣元の会社名と派遣先の会社名の両方を記入する必要があります。

自動車整備士が気を付けたい部分

自動車整備士が気を付けておくべきな部分として、資格欄があります。自動車整備工場で働くにあたり、自動車整備士関連資格は最も重要な項目です。全て正式名称で、取得した順番で記載しておきましょう。

自動車整備士の志望動機の書き方

履歴書の問題をクリアしても、志望動機で悩むことは多くあります。ここでは、志望動機の書き方を解説します。

志望動機の例文と書き方

志望動機は、応募先の会社にアピールしたい部分を書きましょう。記入する順序としては、自身の略歴→転職を志した理由→なぜ貴社を志望したかと考えるといいでしょう。ここでは一例を載せておきます。
≪≪自動車整備士 志望動機の例文≫≫
私はこれまで、国産車ディーラーにて幅広い業務を経験致しました。自動車整備士として、様々な業務を行う中で、トラックに関わる仕事がしたいという気持ちが日々強くなり、転職活動をはじめました。
貴社は、●●地方のトラックディーラーの中でも規模が大きく、優秀な整備士が集まっており、歴史も古いと伺っております。
私もその環境に身を置き、先輩方と切磋琢磨しながらスキルを磨き、将来的には貴社の中核となる整備士に成長したいと考え、志望致しました。

趣味欄の注意事項

趣味欄にギャンブル関連の趣味を記載すると、他の部分が優れていても敬遠される傾向にあるので、パチンコや競馬等の趣味は記載しないようにしましょう。

提出前のチェックポイント

履歴書と志望動機が完了し、いよいよ提出となっても事前にチェックするポイントはあります。ここでは提出前のチェックポイントについて解説します。

一般的な注意事項

誤字脱字がないか、空欄が多くないか、年月に間違いがないかの三点は必ずチェックしてください。内容が良くても、誤字脱字が多いと、選考に落とされる可能性があります。

自動車整備士としての注意事項

自動車整備士として、自動車整備士専門学校や自動車関連大学での学歴や、自動車整備士の関連資格の欄は非常に重要なものです。取得順序や正式名称で記載できているかを今一度見直してみましょう。

 

最後に

以上、自動車整備士が転職する際の履歴書と志望動機についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の履歴書についても一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士に年齢制限はある?社会人からの挑戦は可能?

自動車整備士は社会人からの挑戦は可能?

現在、別の仕事についている社会人の方で今から自動車整備士になりたいという方もいると思います。
年齢にもよりますが、結論から言うと別業種の社会人の方が今から自動車整備士になることは可能です。
しかし、自動車整備士資格の取れる専門学校に二年通うか、未経験で募集している自動車整備士の求人を探す事となります。
後者の場合、未経験人材は若ければ若いほど有利となりますので、別業種の社会人が自動車整備士を目指す場合は、早めの行動がカギとなります。詳しくは次の章で解説していきます。

何歳でも自動車整備士になることができる

前章でも記載した通り、できるだけ若いうちに挑戦する方が有利になる事が多いです。自動車整備士に転職を考えている人は、とにかく早めに行動することをおすすめします。それは、就職時に年齢の高さがネックになる恐れがあるからです。

自動車整備士の資格を年齢が若いときに取得していても、未経験の場合は30歳を超えていると難色を示されるかもしれません。転職前に営業の仕事をしていると、その経歴がプラス評価になることがありますが、人それぞれ条件が異なります。

 

できるだけ早く行動しよう

できるだけ早く行動しよう

原則的には、自動車整備士は何歳でもなることができます。自動車整備士として働いている人の平均年齢は44.3歳ですが、若い自動車整備士も多く活躍しているのです。

就職に関しては、メーカー系への就職には年齢制限がある販売会社や、年齢制限等はなく、人物重視の就職試験で採用する会社もあります。自動車整備士としてどこで働きたいのか、どのように働きたいのかを決めておくと、転職活動もしやすいでしょう。
見習いとして整備工場に就職するという手段もあります。自動車整備士に転職を検討している人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

最後に

以上、社会人でも自動車整備士になれるのか?何歳までなら挑戦できるのか?についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車大学校とは?就職率が高い学校を厳選して5校ご紹介!も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。