アーカイブ

自動車整備士が転職を考える理由

辞める理由をはっきりとしておこう

自動車整備士の方で、今の職場をやめて転職をお考えの方は、どうして辞めるのかということをはっきりと明確にしておきましょう。辞める理由を自分の中であいまいにして解決したい内容がわからないままに転職をしてしまうと、転職後も全く同じ不満を抱えてしまうかもしれないからです。

辞める理由をしっかりと考えて、どういったところを改善するために転職をするのかということをはっきりとさせた上で、その希望を満たすことができる転職先を探すようにしましょう。また、できるだけ具体的にしておくことも重要です。

給料が少ないというのは転職によくある理由ですが、具体的にどの程度貰えれば満足なのか、満足とまでは行かなくても働ける金額は最低どのくらいなのかと、金額まで明確にしておくべきです。明確な目標を決めておかないと、結局妥協してしまいがちですので、なぜ自分が職場をやめることになったのかという理由を明確にしておくことは非常に重要です。

 

自動車整備士が転職を考える理由

自動車整備士が転職を考える理由

自動車整備士で実際に転職をした人は、どのような理由で元の職場をやめたのでしょうか。自分に当てはまるかどうかを比べてみて、新しい職場探しの参考にしましょう。

整備士のやめる理由として多いのが給料面です。自動車整備士の給与は平均よりもやや低く、職場によっては給料に不満を持つ人も多いでしょう。結婚などの人生のイベントを境目にして給与面に不満をいだいて転職を考える人が多いようです。

また、人間関係に不満があったというのも多い理由です。もちろんこれは自動車整備士にかかわらず多いトラブルだとは思いますが、作業している時間が割と長めな自動車整備士であってもこういった不満は多くなっています。同時に給与面などに不満がある状態で、人間関係まで悪くなると転職に踏み出す人が多いようです。

逆に、人間関係以外に多少不満があっても、人間関係が良好であれば転職まで踏み切れないという人も多いため、働く上で非常に重要なポイントと言えるでしょう。
このように、自分はなぜやめたいのかということをはっきりとした上で転職を行なうことが、転職を成功させる鍵になります。

 

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の実情

自動車整備士はどのようにして転職先を選んだらよいのでしょうか。選び方を考える前に、なぜ転職をしたいのか理由を考えることは大切ですが、そもそも自動車整備士の多くは収入の低さという理由によって転職を考えます。

ほとんどの人が、自動車が好きで、仕事そのものにはやりがいを持っていたとしても、年齢が上がることによる収入の増加もそれほど見込めない状況の中で、転職を考えざるをえないというケースは少なくありません。

平均的な自動車整備士の年齢は30歳ほどと言われており、平均年収は多くても400万円ほどであるため、とてもハードな仕事の内容の割に決して高い収入とは言えない現状がネックとなっています。年齢だけで考えていくと、他の業種でそれなりに経験を積んだ人と比べてやはり多い場合では100万円ほどの収入の差がついてしまい、その収入の格差は徐々に広がっていくものでもあるため、自動車整備士としての今後のあり方に不安を覚える方も少なくありません。

とは言え、勢いで自動車整備士からの転職を考えると、余計に状況が悪くなってしまうことも考えられます。そのため、転職を考えるならどの部分を優先して転職したいのか、その理由をよく考えておくことが必要です。

理由別の転職を選び方のポイント

理由別の転職を選び方のポイント

単純に年収が今よりも高くなればそれで満足であれば、選び方としては職種にかかわらず幅広いジャンルから次の転職先を選ぶことができるかもしれません。また自動車整備士としての勤務時間や休日の取り方などに不満を持っている場合、選び方としてお勧めなのは自分の好きな時間で働くことができる転職先を第一優先として転職先として選ぶことが必要です。

自動車整備士になる方は基本的には自動車が好きなはずですので、そうした好きなことに携わりながら仕事をすることにこだわりを持つ方も多くいらっしゃるでしょう。そうした理由を重視する場合には、転職先もなるべく自分の好きなことに携わる業種ということで選んでいく選び方がよいかもしれません。

自動車整備士に人気の転職先

転職を考えるとき

自動車整備士の資格を取得していてもこの業種の仕事は決してきれいな仕事ではありません。
低賃金やサービス残業、肉体労働など、色々な悪環境があります。
自動車会社のディーラーなどの業種であれば、給与の昇給も見込めますが、整備工場など一族で経営しているようなところであれば、なかなか給与の昇給も望めない場合もあるでしょう。
自動車整備士の資格を7取得していても平均年年収はほかの業種の職種と比べるとやはり少し少なめになっています。
20代で294万円~300万円。
30代で300万円~400万円。
40代で450万円前後となっています。
将来のことを考えていくと明るい兆しが見えない業種だと思うのであれば、転職を考えるでしょう。

自動車整備士からほかの業種への転職について

自動車整備士の転職で一番多く人気の転職先は同業他社です。
たとえば家族経営で行っているような整備工場に勤務している場合には、給与に対して不満があるでしょう。
その場合には、大手の自動車メーカーの整備工場であれば、年齢とともに給与の昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。
一般車両だけでなくトラックや重機などの整備の取り扱いも行っている整備工場への転職をする人もいます。
大型のものを整備することは大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。
ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。
自動車の整備技術を高めプラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備もできるようになるので、高い給与を得られます。
リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。
ここでは整備としての仕事だけではなく接客の仕事も含まれてきます。
もちろん整備士としての資格は必要です。
しかし接客も仕事に入ってくることで給与アップが見込めますので人気の転職先となっています。
若いころは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくことが出来ますが、年々体力は低下していきます。
体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で十分働いていくことが出来るのかどうかをきちんと見極める必要があるでしょう。