アーカイブ

1級・2級・3級整備士の実技試験が免除になる場合について解説!

自動車整備士の試験が免除になる?

自動車整備士の試験を受けたいという人は、効率のよい準備は欠かせません。転職の際にはできるたけ多くの資格をとっておくと有利に働きますので、現段階で取れる資格はしっかりと取得しておきましょう。

転職のときには資格所有者を限定とした求人や、非公開求人で急募となる募集など、資格が有利に働きます。自動車整備士の資格には、一定の実務経験や他の資格を取得していると、学科試験や実技試験が免除になる場合があります。

資格を取得するたの準備段階で、一部、試験項目が免除になる条件を知っておけば、効率よく資格を取得できるでしょう。

整備士の実技試験免除について

具体的な免除内容

一種養成施設、または、二種養成施設の所定の課程を修了していると、実技試験が免除になります。期限までに、全免申請を出しましょう。

該当する資格

・1級自動車整備士
・2級自動車整備士
・3級自動車整備士
・自動車タイヤ整備士
・自動車電気装置整備士
・自動車車体整備士

他にも、2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士の養成する課程を修了して、二級自動車シャシ整備士を受ける場合は、実務試験が免除となります。
試験が免除になる理由としては、試験項目の内容が重複しているためです。資格取得から免除の期間が2年と、一定の期間を設けられているので注意しましょう。期限を過ぎてしまうと、免除が受けられなくなります。

再度、試験を受験する必要があります。免除となるケースに、自分が当てはまるかどうかしっかりと把握しておきましょう。

自動車整備技術講習とは


自動車整備振興会が開催する「自動車整備技術講習」を受講することで、修了した課程に対する実技試験が2年間免除されます。

全国に53施設あり、国土交通大臣の指定を受けている各都道府県の自動車整備振興会、技術教習所が開催しています。講習を受ける場合、受講の課程を修了する日までに、整備作業の実務経験を有していることが必要となります。2級課程は、90時間以上で6ヶ月を超えない範囲の教習です。

自動車整備工場などで働きながら受講する方が多く、休日や夜間などに講習を行っている施設もあります。それぞれの都市で異なります。主に、毎年4月~9月と10月~翌年3月の、年2回講習を開催しています。

平日昼間、平日夜間(週2日~3日)、日曜昼間と働きながら学べるようなコースもあります。この講習を修了することにより、2年間、同種類の検定実技試験が免除されます。検定学科試験、または、登録学科試験に合格すれば資格を取得することが可能です。

最後に

以上、自動車整備士の試験が免除になる場合についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための勉強法とはについても一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士になるための勉強の仕方とは?独学の方法を解説!

整備士の資格は独学でも取得可能?

3級自動車整備士になるためには、日本自動車整備振興会連合会の「自動車整備技能登録試験」という試験を受験しなければいけません。登録試験に合格後、2年以内に国土交通省の検定試験免除の申請を行いましょう。

それぞれを突破するために勉強をしないといけないものの、まずは独学か専門学校に通うかの選択をしないといけません。独学の場合は苦手教科を克服できるかが大きなポイントになります。苦手教科があっても反復学習を重ねて対応していき、学習の成果を確かめるためにも過去に出題された問題も取り組みましょう。

専門学校に通う場合は、専門知識を徹底的に学べます。基礎からじっくり学ぶことで苦手教科の克服もしやすいでしょう。2年制の学校を卒業後、2級自動車整備士をすぐに受験できることが大きな魅力です。整備士を目指す上で、専門学校に通うことは早く1人前になるための近道となります。

単純な比較をすれば専門学校に通う方が合格はしやすいものの、費用や時間の兼ね合いで選択するか決めかねている人もいるかもしれません。何を優先するのか、自分にとって最良の選択を心がけての選択をしましょう。

未経験の方が独学で取得可能なのは、3級整備士です。ここでは、3級整備士の勉強方法について解説していきます。

勉強方法と勉強時間はどれくらい?

実技試験で出題される問題

3級の試験は基本的な問題が多いです。簡単な問題ではないので勉強をする必要はあります。資格取得のための主な勉強方法としては「教科書」と「過去問」を使用することです。

整備士の資格取得に向けた勉強をしたことがなく、基本知識も無い場合は、はじめに教科書をメインに勉強しましょう。

基礎的な知識がある人や、教科書を一通り勉強した方は、過去問をメインに勉強するとよいでしょう。その方が、効率よく勉強できるかもしれません。過去5年分の問題を完璧に回答できるようになるまで知識を身につけましょう。

どちらも上手に使いこなすことが、一番バランスのよい勉強方法です。自分にあったやり方で教科書や過去問を使っていきましょう。

勉強時間がどれだけ必要になるのかは、これまでの経験や知識量にもよります。整備士の経験が長い人でも資格の勉強をしなければ受からない試験です。働きながら資格の取得を目指すことは、簡単ではありません。十分な学習時間を作り試験に挑みましょう。

試験で出題される問題の傾向


自動車整備士になるための試験では、学科試験と実技試験があります。自動車に関しての専門知識が問われます。

3級整備士の学科試験

解答用紙はマークシート式になっています。全部で30問出題され、試験時間は60分です。
1問1点、30点満点に対し21点以上の成績で合格になります。下記の内容から出題されます。

・構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
・点検、修理及び調整に関する初等知識
・整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
・材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する初等知識
・保安基準その他の自動車の整備に関する法規

3級整備士の実技試験

実技試験は、学科試験に合格した場合、受験することが可能です。下記に記載している実務の中から出題されます。

全体の実務の流れを一通りできるようにならないといけません。実際に実技試験でどんな問題が出題されるかは試験が開始されないとわかりません。

・簡単な基本工作
・分解、組立て、簡単な点検及び調整
・簡単な修理
・簡単な整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

実技試験のクリアを考えるのなら、専門学校などの養成施設に通うのが確実な方法となります。一連の整備作業を行っていき、シミュレーションしていくのが肝心です。

難易度や合格率について解説

3級整備士試験の合格率は、平均として60%前後と言われています。全体の合格率だけを見ると2級よりも低いです。

合格率から試験の難易度が高いようにみえるのは、単純に3級を受ける人の中に学生が少ないからです。3級の受験生の中に、働きながら整備士の勉強をしている方が少なからずいます。学びに集中できる学生の受験が多い2級よりも合格率が低めにでます。

最後に

以上、自動車整備士になるための勉強の仕方について解説しました。この記事を読まれた方は、無資格で自動車整備士になるには一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士のなかの特殊整備士とは

特殊整備士とは

自動車整備士とは自動車のメンテナンスや修理などができる技能を有していることを証明する資格のことであり、その職業に就いている方のこと指します。自動車整備士は国家資格ですから資格試験をクリアすることで初めて資格を取得することが可能となっていますが、自動車整備士の中に特殊整備士と呼ばれる資格、職業が存在することをご存じでしょうか。

自動車関連の専門学校を卒業した方が所有する自動車整備士免許は二級整備士で、この資格を取得していないと自動車のメンテナンスや修理に携わることはできません。特殊整備士は自動車関連の仕事をするのに絶対必要な資格ではないものの、就職や転職に有利になると言われている免許の一つです。
特殊整備士は自動車電機装置整備士と自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士の三つに区分され、それぞれ専門が異なるのが特徴と言えるでしょう。

特殊整備士試験について

特殊整備士の試験をクリアして資格を取得することで就職や転職を有利に進めることができるでしょう。自動車整備士の免許を取得するために試験が存在するように、特殊整備士の免許取得にも試験がありますからしっかりと勉強して臨まねばなりません。
では、特殊整備士の資格試験はどのような形態になっているかというと学科と実技の二つの科目が存在します。

学科だけ合格しても意味がありませんし、学科と実技の両方の試験をクリアして初めて特殊整備士の資格を取得できます。自動車業界で働きたいと考えている方は少なくありませんし、未だに人気のある業界の一つです。
また、自動車業界としてもできるだけ即戦力になる人材を欲していますから、自動車整備士だけでなく特殊整備士の免許も持っている人材なら採用したくなるのではないでしょうか。

試験のための学習を進める過程でさまざまな知識を得ることができますし、そこで得た知識は現場でも役立ちます。自動車業界で働きたい方必見の免許と言えるでしょう。