アーカイブ

自動車整備士の年収を上げるための方法

自動車整備士の年収の話

自動車整備士の平均月収と平均年収

自動車整備士は、資格職、技術職ですが、なかなか年収が上がらなかったり、休みを取りにくかったりと厳しい労働条件となっています。平均月収は29万円、年収で420万円となっています。

働く場所別平均年収

業種別で年収を見ると、メーカー勤務450万円、大手整備工場440万円、中小整備工場400万円、自営業車検工場410万円となります。過去8年の年収推移では、300万円後半から400万円前半で横ばいです。20代の若手が多いのも特徴で、好きでこの業界に入った人がほとんどです。
しかし、30代のベテランになっても、400万円後半に届かないのが実情です。

自動車整備士の年収をアップ方法

転職して年収アップできる?

民間車検場を運営する大手チェーンで、多角経営をしているところなら、国家資格を持っていれば給与が上がります。転職しても昇給はわずかかもしれませんが可能性は大きくなります。
すでに有資格者で収入を上げたいなら、定期的に車検を受ける運送業の整備工場を運営するのが良いでしょう。資材を集めてしまえば、部品代は顧客からいただくので年数を重ねれば収入比率は上がります。ただ、固定客が減ってしまうとすぐに運営が苦しくなります。
その点では大手チェーンの運営が有利かもしれません。整備工場の運営も厳しいとなれば、転職を考えなければなりませんが、民間車検場かディーラーの求人が一般的です。自動車ディーラーは独立採算制なので、雇用が減れば求人が出ます。

今伸びている業界とは?

今、伸びているのはレンタカー、カーシェア業界です。都心では自動車に乗る必要がなく、レンタカーやカーシェアリングが人気です。それに伴って、自動車整備士の求人も多く出ています。経験者、有資格者の方が採用されやすいので、転職におすすめの業界です。
大手の求人情報は、一般には出回っておらず、転職エージェント経由になります。
転職エージェントは無料で登録できて、キャリア相談、面接のノウハウなども教えてくれます。また、離職率の高いブラック企業は弾かれていますので、安心して求職できます。

最後に

以上、自動車整備士の年収についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の仕事の魅力とはも一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士に人気の転職先

転職を考えるとき

自動車整備士の資格を取得していてもこの業種の仕事は決してきれいな仕事ではありません。
低賃金やサービス残業、肉体労働など、色々な悪環境があります。
自動車会社のディーラーなどの業種であれば、給与の昇給も見込めますが、整備工場など一族で経営しているようなところであれば、なかなか給与の昇給も望めない場合もあるでしょう。
自動車整備士の資格を7取得していても平均年年収はほかの業種の職種と比べるとやはり少し少なめになっています。
20代で294万円~300万円。
30代で300万円~400万円。
40代で450万円前後となっています。
将来のことを考えていくと明るい兆しが見えない業種だと思うのであれば、転職を考えるでしょう。

自動車整備士からほかの業種への転職について

自動車整備士の転職で一番多く人気の転職先は同業他社です。
たとえば家族経営で行っているような整備工場に勤務している場合には、給与に対して不満があるでしょう。
その場合には、大手の自動車メーカーの整備工場であれば、年齢とともに給与の昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。
一般車両だけでなくトラックや重機などの整備の取り扱いも行っている整備工場への転職をする人もいます。
大型のものを整備することは大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。
ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。
自動車の整備技術を高めプラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備もできるようになるので、高い給与を得られます。
リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。
ここでは整備としての仕事だけではなく接客の仕事も含まれてきます。
もちろん整備士としての資格は必要です。
しかし接客も仕事に入ってくることで給与アップが見込めますので人気の転職先となっています。
若いころは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくことが出来ますが、年々体力は低下していきます。
体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で十分働いていくことが出来るのかどうかをきちんと見極める必要があるでしょう。