アーカイブ

自動車整備士にノルマは課せられるのか

自動車整備士にノルマは課せられるのか

自動車整備士にノルマはある?

自動車整備士の仕事は、自動車を整備したり修理したりすることが主な仕事です。
整備士は、車の修理や整備がある場所ならどこでも働くことができるので、車の販売店の修理工場、ディーラーなど、様々な場所で働くことができます。
常に車のそばで働いているのが自動車整備士です。
自動車が近くにあるということで、自動車の販売をしなければならないのではないか、ノルマなどの目標があるのではないかと考える人もいるでしょう。
基本的に、自動車整備士にはノルマはありません。
販売の仕事は、営業が行う仕事です。
販売は整備士の仕事とは異なるため、課せられることはないでしょう。
しかし、勤務先によって異なり、ノルマ目標を課せられるところもあるようです。
例えば、努めている工場が営業もしなければならないところであれば、自動車保険のノルマが課せられることもあるでしょう。
心配な場合は、その会社に入社する前に事前に調べておいた方が安心です。

自動車整備士にとってのノルマ

自動車整備士にとってのノルマ

自動車整備士には、車の販売などのノルマが課せられることは通常はないでしょう。
ノルマが課せられるというのであれば、自動車の整備や点検を終わらせる期日に対して、ノルマが課せられる場合があります。
お客様が毎日使っている自動車が修理に何日かかっても問題ないという人は、ほとんどいないでしょう。
自動車がないことにより、お客様は不便な生活となるため、1日でも早く仕上げてほしい、期日通りにしてほしいと望んでいます。
そのため、車検や修理、点検など、お客様の要望に対して、納期期日が決められるため、この点に関してはノルマがあるといえるでしょう。
納車の期日を守ることは、お客様と自動車整備士との信頼関係にも関わってきます。
いくら良い仕事をしても納期を大きく伸ばしてしまうと、信頼関係も成り立たず、納期が遅れることで、お客様に損害を与えてしまうかもしれません。
決められた期日を守ることが重要です。