アーカイブ

整備ミスは賠償につながる?自動車整備士の自腹?

自動車整備士がミスしてしまった

どんなに注意深く作業をしていても、ミスをしてしまうことはあるでしょう。
万が一、自動車整備士が自動車を整備中に、顧客の自動車を傷つけるようなミスを犯してしまった場合、どうなるのでしょうか?
故意であっても軽過失であっても、お客様の車を破損するという失敗を犯して整備士側が悪いのであれば、弁償をしなければなりません。
そのミスを起こした整備士に弁償代の請求がくるでしょう。

しかし、ミスを犯した自動車整備士が支払うことはほとんどありません。
通常であれば「自動車管理者賠償責任保険」など、会社が加入しているため、お客様には保険会社より保険金が支払われることになります。
どの会社でもこのような仕組みになっているわけではありません。

保険金を支払うことにより、その掛け金が大きくなるような場合、ミスを犯したのは整備士だからと言って自動車整備士に弁償金の負担を強いるところもあるのです。
大企業のディーラーや大きな整備工場であれば、失敗をした自動車整備士に弁償をさせることはまずないですが、保険に加入していない工場などではミスをした本人が弁償をすることになってしまうでしょう。

就業規則を確認しておこう

失敗をして弁償をすることとなれば、自動車整備士の負担は大きくなってしまいます。
大きな金額が飛んでいくことになる可能性もあり、大変なことになってしまうでしょう。

自分の勤務している会社がどのような就業規則になっているかを把握するために、改めて就業規則を確認しておきましょう。
また、入社前であれば、ミスを犯したときに弁償方法などがどうなっているか就業規則を訪ねてもいいでしょう。

ミスをすれば、会社にもお客様にも損害を被らせてしまいます。
ミスをしないことが第一ですが、万が一のことを考え、どのような対処方法をすることになっているのか就業規則を確認しておくといいでしょう。
今後転職する際にも事前に確認しておくことが大切です。

 

最後に

以上、整備ミスは賠償に繋がるのか、自腹で払う必要があるのかについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士が苦労することって?収入や労働環境について解説!も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

整備士手帳や合格証書の再発行はできる?再交付に必要なものを解説!

整備士手帳や合格証書を紛失してしまったら?

 

自動車整備士資格の取得したことを証明する書類は、合格証明書と整備士手帳の2つです。整備士手帳には技術講習の修了証、整備主任者や検査員の選解任履歴や法令研修の受講履歴を記入す欄があり、整備士にとって必須アイテムです。

 
自動車整備士合格証書は、国土交通大臣より交付された資格となります。どちらも大切な書類です。整備士手帳や合格証明書を、紛失してしまった場合、再発行の方法を知っておくと安心です。

整備士合格証書を失くしてしまったら?

自動車整備士手帳の再発行について

 

自動車整備士資格の取得したことを証明する「合格証書」は、再交付制度はありません。自動車整備振興会に申請することにより、「合格証明書」の交付を受けることができます。この合格証明書が「合格証書」の代わりとなり整備士資格の証明に使用することが可能です。

交付に必要な書類

公布に必要な書類は以下の通りです。

 

・自動車整備士技能検定合格証明書交付申請書(2部)
・本人確認ができるパスポート、免許証、等

 

申請方法や書類など詳しくは、お住まいの地域、もしくは資格を取得した地域の自動車整備振興会に問合せください。

合格証書は、一生に一度の大事な書類になります。自分の能力を証明するための大切な書類になります。不注意によって紛失しないよう、厳重に保管しましょう。

自動車整備士手帳の再発行について

自動車整備士手帳は再発行ができます。紛失するだけではなく、仕事中に汚れてしまうことも多いでしょう。汚れがひどい整備士手帳は、再発行してもらうことをおすすめします。

 
再発行の方法は、整備士手帳に使用する写真と合格証明書、再発行に必要な手数料を用意して手続きをしましょう。合格証明書を紛失した場合、合格証明書でも問題ありません。

 
整備振興会が用意している自動車整備技能者手帳申込書を記入して、必要な書類を提示すると再発行してもらえます。すぐに整備士手帳が再発行してもらえるわけではありません。整備士手帳が必要な場合は、余裕を持って申請しましょう。

 
整備士手帳も、自動車整備士資格を証明する大切な書類です。合格証明も整備士手帳も大切に保管し、自分の不注意で紛失しないように注意してください。

最後に

以上、自動車整備士手帳や合格証書を紛失してしまった場合ついてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士資格の更新や有効期限についても一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。