アーカイブ

自動車整備士の基礎知識とは

自動車整備士に必要な資格への基礎知識


自動車を整備や点検、修理などを行う自動車整備士ですが、ただ整備士の資格を取れば良いものではありません。基礎知識として、自動車整備士にも種類があり、場合によっては複数の資格を取得しておくのが有利になります。

 

まず自動車整備士にも3級整備士、2級整備士、1級整備士、特殊整備士があり、その中でもさらに区分されているのです。例えば、ジーゼル自動車整備士ですが、これはディーゼル車とも呼ばれる、ジーゼルエンジンで動く自動車を整備などができる資格ですが、3級自動車ジーゼルエンジン整備士ではエンジンの基本整備しか行なえません。

 

そのため、十分に整備するには2級ジーゼル自動車整備士の資格が必要となります。
さらに、ガソリン自動車整備士ではガソリンで動く自動車を整備できますが、ジーゼル自動車整備士と同様に、2級でなければ殆どの整備を行うことができません。
しかし、2級取得後に決められた研修を受けることで、自動車整備主任者になることが可能です。

 

自動車はエンジンや車体だけで構成されているわけではなく、その他の整備を行う必要があります。その整備を行えるのが、自動車シャシ整備士です。
自動車シャシ整備士を取得しておくと、サスペンションやブレーキなどの整備ができるため、他の整備士資格と同時に取得しておきましょう。

特殊な整備士

特殊な整備士

自動車を整備や点検、修理などを行うためには基礎知識として、自動車整備士の分類を知っておくことが必要ですが、特殊整備士も知識として大切です。

 

特殊整備士には自動車電気装置整備士、自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士があります。名前の通り、自動車の電気回路が組み込まれている装置の整備を行う資格、車体のフレームなどを整備する資格、タイヤを専門的に整備する資格ですが、特殊整備士はそれぞれ専門的に行う資格が多いです。

 

基本的な自動車整備士の資格と同時に取得していると、役立つものが多いでしょう。

自動車整備士とフォークリフトの整備資格について解説!

自動車整備士とフォークリフトの資格

これから自動車整備士に転職を検討している人は、自動車整備士とフォークリフトの関係について知っておきましょう。

 

フォークリフトとは、自動車や電気、油圧制御などの知識や技術を必要とする機械です。整備士と聞くと、自動車整備士をイメージする人が多いでしょう。フォークリフトの整備士にも自動車整備士が関係してきます。

 

自動車整備士にはさまざまな種類の資格があり、大きく分けると4種類あります。資格を取得するためには、一定の受験資格を満たした上で、国土交通省の行う自動車整備士技能検定を受けて合格しなければなりません。
フォークリフトの整備にも必要な資格があります。詳しく解説していきます。

産業車両整備技能士とは?

どちらも取得しておこう

 

フォークリフトの整備資格は、産業車両整備士技能です。産業車両の整備に必要な知識・技能を対象とした資格となります。産業車両とは、倉庫構内、工場構内などで使用されるフォークリフトなどの荷役運搬用の車両です。

 

整備不良があれば重大な事故につながる可能性があり、安全な労働環境の維持に重要な役割となります。自動車整備士の資格と同様に国家資格ですが、この資格は、厚生労働省所管の資格です。

 
産業車両整備技能士の資格の種類は一級と二級があります。産業車両整備技能士は各都道府県の職業能力開発協会での技能検定試験を受験して合格しなければなりません。この試験は学科試験と実技試験で構成されています。

事業内検査者・検査業者検査員について

 

フォークリフトを使用する上で必要な「特定自主検査」という車検のようなものがあります。特定自主検査を行わずにフォークリフトを使用すると、50万円以下の罰金に処せられます。この検査を行うためにも必要な資格があります。

検査業者検査員

検査業者としてお客様の依頼をうけ、お客様が保有するフォークリフトの特定自主検査を行います。

事業内検査者

勤めている会社の保有するフォークリフトのみ特定自主検査ができます。それぞれ研修の受講と、試験に合格することで資格を取得できます。研修を受講するために実務経験が必要です。自動車整備士の資格を取得していると必要な経験年数が短縮されます。

 
自動車整備士一級、二級整備士の資格を取得していると、問題なく仕事ができます。フォークリフトの整備をするのであれば、資格は必要です。どちらも取得しておくと、転職の際に勤務先の幅も広がるため、取得しておくことをおすすめします。

最後に

以上、フォークリフトの資格についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、特殊整備士についても一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

特殊整備士とは?3つの資格と仕事内容を解説!

特殊整備士とはどんな資格なのか

一般的には、自動車関連の専門学校等を卒業した方が取得しているのは2級整備士です。自動車関係の学校を卒業していない方は実務経験を積みながら、3級整備士・2級整備士とステップアップしながら整備の仕事を行っていく流れになります。

 

自動車整備士の資格について詳しく知りたい方は、自動車整備士の種類をご覧ください。

 

特殊整備士の資格は、整備の仕事をしていく上で、絶対に必要な資格というわけではありません。整備の内容によっては、資格を持っていることで就職が有利になったり、より知識が豊富になるため、お客様に安心と信頼感をもってもらえる整備を行うことが出来るようになります。

特殊整備士の中には3つの種類の資格があります。

自動車電気装置整備士

自動車電気装置整備士は、自動車の電気装置部分(電子制御装置、バッテリー、冷暖房装置などの電気回路が関係する装置)の点検・修理・整備などを行います。

 

電気システムに特化した、専門的な知識や技能を持つスペシャリスト資格です。
自動車の電気装置の整備自体は、2級整備士であっても対応ができます。

 

しかし、現在の自動車はハイブリット車や電気自動車など、電子制御で動いている車が多い為、近年、需要が高まっている資格になります。取得することで、知識・技術を高めることが出来ます。

自動車車体整備士

自動車車体整備士は自動車のフレームやボディ部分の点検・修理・整備などを行う、自動車の車体に関する専門的な知識や技術を持つ、スペシャリストの資格です。
車体整備士は自動車の鈑金塗装をする際に役に立つ資格になります。
鈑金塗装は無資格で行うことが可能です。

 

しかし、仕事内容は職人的な要素が強く、経験や整備した台数がモノをいう仕事になります。資格は意味の無いものかというと、それは間違いです。「資格」という形で見える、証明出来る物があることで、職場や顧客から知識や技術面での信頼を得ることが可能です。

自動車タイヤ整備士

自動車のタイヤ点検・修理・整備などを行う、タイヤの専門的な知識や技術を持つ、資格となります。平成12年以降、平成20年現在まで国家試験が行われてはいません。試験再開は未定です。

特殊整備士の受験資格・条件

特殊整備士の資格は、無条件で誰でも受験できるわけではありません。
資格取得のためには、3つのポイントがあります。

 

1.受験資格を満たす

まずは、試験を受験するために、
・特殊整備士の養成校を卒業する
・自動車整備系の学校を卒業後、実務経験1年以上
・実務経験2年以上
いずれかの受験するための資格を満たす必要があります。

 

2.学科試験に合格する
3.実技試験に合格する

整備士資格は国家資格となります。試験は、「国土交通省が行う検定試験」または「国土交通大臣の登録を受けた登録試験実施機関(一般社団法人日本自動車整備振興会連合会)が行う自動車整備技能登録試験」に合格することで資格を取得できます。

特殊整備士を取得する強み

特殊整備士の3種類のなかで自動車車体整備士と自動車電気装置整備士は単体で取得しても就職や仕事をするときにあまり意味をなしません。自動車整備士2級や3級を取得している場合は就職時に高く評価されて、任せられる仕事の幅も広がっていくでしょう。

 
整備工場に、一定の人数の特殊整備士の資格を持っている方がいる場合は、運輸局の審査に合格する必要がありますが、国から「優良自動車整備事業者」という認定を受けることが出来ます。資格を持っていれば、この認定を受けた事業者から求められやすくなるメリットがあります。

 
自動車整備士の資格取得を取得している、あるいはこれから目指すのであれば、得意とする分野を持つにあたって特殊整備士の資格を取得する意味は大きいです。自動車整備士として働くのなら、特殊整備士という資格を取得すれば仕事の幅が広がり、就職活動を有利に進められる可能性が高まります。

最後に

以上、特殊整備士の仕事内容や3つの資格についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士のなかの特殊整備士とは

特殊整備士とは

自動車整備士とは自動車のメンテナンスや修理などができる技能を有していることを証明する資格のことであり、その職業に就いている方のこと指します。
自動車整備士は国家資格ですから資格試験をクリアすることで初めて資格を取得することが可能となっていますが、自動車整備士の中に特殊整備士と呼ばれる資格、職業が存在することをご存じでしょうか。
自動車関連の専門学校を卒業した方が所有する自動車整備士免許は二級整備士で、この資格を取得していないと自動車のメンテナンスや修理に携わることはできません。
特殊整備士は自動車関連の仕事をするのに絶対必要な資格ではないものの、就職や転職に有利になると言われている免許の一つです。
特殊整備士は自動車電機装置整備士と自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士の三つに区分され、それぞれ専門が異なるのが特徴と言えるでしょう。

特殊整備士試験について

特殊整備士の試験をクリアして資格を取得することで就職や転職を有利に進めることができるでしょう。
自動車整備士の免許を取得するために試験が存在するように、特殊整備士の免許取得にも試験がありますからしっかりと勉強して臨まねばなりません。
では、特殊整備士の資格試験はどのような形態になっているかというと学科と実技の二つの科目が存在します。
学科だけ合格しても意味がありませんし、学科と実技の両方の試験をクリアして初めて特殊整備士の資格を取得できます。
自動車業界で働きたいと考えている方は少なくありませんし、未だに人気のある業界の一つです。
また、自動車業界としてもできるだけ即戦力になる人材を欲していますから、自動車整備士だけでなく特殊整備士の免許も持っている人材なら採用したくなるのではないでしょうか。
試験のための学習を進める過程でさまざまな知識を得ることができますし、そこで得た知識は現場でも役立ちます。
自動車業界で働きたい方必見の免許と言えるでしょう。

一級大型自動車整備士の資格とは

トラックを整備する資格と試験

トラックは運送業などで活躍し、構造も一般車とは異なるため、特別な点検や整備が必要となります。
長距離運転で長時間稼働させることから消耗する部品も多く、修理も欠かすことができないでしょう。
そのため、トラックを整備できる自動車整備士が必要になってきます。
資格として、一級大型自動車整備士が必要ですが、一級大型自動車整備士は総重量8t以上で最大積載量が2t超える車両を整備することができる資格です。
また、試験を受験するためには、二級整備士の合格が条件となります。
さらに、3年以上の実務経験も条件となっているため、経験と実績がなければ一級大型自動車整備士になることは難しいでしょう。
3級の自動車整備士から始めていくことを考えれば、長い時間が掛りますが、働きながら実績を積むことで資格を取ることが出来ます。
試験の内容として学科試験と実技試験がありますが、学科試験の内容は、構造や機能の取扱法、点検・修理・完成検査の方法、試験機や計量器・工具の構造や取扱法など様々な問題が出題されるでしょう。
そして実技試験では、基本工作、点検・修理・整備、工具などの取扱などが実技試験として出題されています。

 

難関である試験の条件と合格率

難関である試験の条件と合格率

一級大型自動車整備士の受験の条件として、2級シャシはのぞかれます。
さらに、一種養成施設修了者であることが条件であり、大学や専門学校等の1級課程を修了しなければなりません。
こういった点でも合格には、長い道のりになってきます。
試験としても条件としても難関ではありますが、合格率も20%程度になっているのです。
一級大型自動車整備士を取得している人は、それだけ経験と実績があることが証明されているため、転職にも有利でしょう。
自動車整備士は人材不足の深刻な問題も抱えているため、一級大型自動車整備士を取得していない人は取得するか、転職してから経験を積み、取得するのがおすすめです。