アーカイブ

無資格・実務経験なしで自動車整備士になるには?詳しく解説!

無資格でも整備士として働ける?

 

自動車整備の資格を持っていない人でも、整備士として働きたいと思っている人もいるでしょう。
自動車整備士資格は国家資格として認められており、大きく分類すると1級・2級・3級・特殊整備士に分けられます。自動車整備士として働くためには、これらの資格取得が前提となっています。一部の自動車整備に関しては、無資格でも行うことが可能です。

 
資格を持っていない状況で、整備士として働いている人はいます。行える整備作業に制限があるため、一人前の自動車整備士として働くには、資格取得が必要です。

無資格・未経験で自動車整備士を行うには

 

無資格でも可能な整備内容は、基礎ともいえるタイヤの交換やエンジンオイルの交換などがあります。自動車整備士の3級試験を受ける前段階として、無資格で実務経験を積むことも多いです。

 
整備工場の中には、資格がなくても出来る作業のみを分担して行っているところや、資格取得に向けてサポートしているところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

 
将来的に自動車整備士の資格を取得するという前提で、無資格者を雇い入れることも多いので、明確な目標がない際には難しいかもしれません。
板金塗装に係る作業は、資格を取得していなくても出来る作業が多く、整備士資格を取得していない人もいます。

 
自動車整備士は、豊富な経験と、正しい知識が必要となります。自動車の整備は日々進化し続けているので、知識がなければ整備できない場合も多く資格取得は絶対条件とも言えます。

整備士資格を取得すべき理由

一般的に自動車整備士は一括りで言われることが多いです。自動車整備士に関わる資格はさまざまな種類があります。自動車整備士に転職を考えている人は、資格についてしっかりと知っておきましょう。

 
3級自動車整備士の資格を得るためには、専門学校や高校などで定められている学習を獲得しているか、1年以上の実務経験が必要です。
経験はどこで経験を積んでもよいわけではありません。認証工場・指定工場(民間車検場)という認定を受けていなければ、実務経験として認められない場合があります。無資格で就職する場合は、認証工場や指定工場かどうかを確認しましょう。

 
3級の資格を持っているだけではできない業務が多いため、自動車整備士として仕事をしていくには、2級の資格を持っている方が現場で活躍できます。2級の資格の中にも、取得する資格によって行える業務内容が違います。
資格を取得するための必要な条件も異なるため、どのような仕事をしていくのかによって、適切な資格を取得することが大切です。

最後に

以上、実務経験がなくても自動車整備士になれる?について解説しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の主な仕事も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。