アーカイブ

自動車整備士にノルマは課せられるのか

自動車整備士にノルマはある?

自動車整備士の仕事は、自動車を整備したり修理したりすることが主な仕事です。整備士は、車の修理や整備がある場所ならどこでも働くことができるので、車の販売店の修理工場、ディーラーなど、様々な場所で働くことができます。
常に車のそばで働いているのが自動車整備士です。

自動車が近くにあるということで、自動車の販売をしなければならないのではないか、ノルマなどの目標があるのではないかと考える人もいるでしょう。基本的に、自動車整備士にはノルマはありません。
販売の仕事は、営業が行う仕事です。販売は整備士の仕事とは異なるため、課せられることはないでしょう。

しかし、勤務先によって異なり、ノルマ目標を課せられるところもあるようです。例えば、努めている工場が営業もしなければならないところであれば、自動車保険のノルマが課せられることもあるでしょう。
心配な場合は、その会社に入社する前に事前に調べておいた方が安心です。

自動車整備士にとってのノルマ

自動車整備士にとってのノルマ

自動車整備士には、車の販売などのノルマが課せられることは通常はないでしょう。ノルマが課せられるというのであれば、自動車の整備や点検を終わらせる期日に対して、ノルマが課せられる場合があります。
お客様が毎日使っている自動車が修理に何日かかっても問題ないという人は、ほとんどいないでしょう。

自動車がないことにより、お客様は不便な生活となるため、1日でも早く仕上げてほしい、期日通りにしてほしいと望んでいます。そのため、車検や修理、点検など、お客様の要望に対して、納期期日が決められるため、この点に関してはノルマがあるといえるでしょう。

納車の期日を守ることは、お客様と自動車整備士との信頼関係にも関わってきます。いくら良い仕事をしても納期を大きく伸ばしてしまうと、信頼関係も成り立たず、納期が遅れることで、お客様に損害を与えてしまうかもしれません。
決められた期日を守ることが重要です。

自動車整備士としての役割を知る

自動車整備士の役割

自動車整備士の役割は、自動車の状態を整えることが主な仕事です。自動車事故を未然に防ぐためにも、自動車の状態を確かめ、最良の状態にしておくスキルが求められます。
最良の状態にしておくことで事故を防ぐことにも繋がり、利用者が安全に運転をすることができます。

自動車を信用し、安全に乗るためには、自動車整備士の自動車に対するメンテナンスや修理、スキルだけではなく、どうして不具合が起きたのかを利用者に伝えることが重要な役割です。
事故に繋がらないように考え、自動車に安全に乗ってもらうことも重要な仕事の1つです。

自動車整備士が低いスキルで、誤った点検や整備をしてしまうと、自動車事故に合う確率が高くなってしまうでしょう。命を預かる仕事ともいえるので、高いスキルも必要になり、自動車が安全に走ることができるようにする役割があるのです。

自動車整備士の魅力

自動車整備士の魅力

自動車整備士は、国内の自動車ディーラーや外国車のディーラーをはじめ、中古車販売店、民間の整備工場、ガソリンスタンドなど自動車の点検、整備を必要とする場所であれば、どこでも活躍の場は広がっています。自動車整備士は、動けなくなってしまった自動車を整備し、安全に動くようにしたり、故障した箇所を修理するスキルで自動車を復活させたりする役割があります。

自動車がなければ毎日の生活ができない、または仕事をすることができないという人は多くいるでしょう。自動車と私たちの生活は、切り離せません。自動車が1日ないだけでも、生活が不便に感じる人は世の中に多くいるため、故障したり動けなくなったりしてしまった自動車の不具合を修理し、最良の状態にしてくれる自動車整備士に対して感謝します。

そのため、整備士の魅力は、人から感謝をされる優れた仕事だと言えます。また、自分の自動車であれば、少しくらい不具合が起きた場合は、自分で修理をしたり、メンテナンスをしたりすることができる点も魅力です。

認定工場と認証工場は違う?指定工場とは?

認証工場と指定工場

自動車整備士が働く場所としてまず候補があがるのが自動車整備工場ですが、実は種類がいくつか存在しています。
それぞれの種類によってできることとできないことがあり、それ以外にもこれらの条件を満たすためには定められている人員を確保したりなどしなくてはなりません。
知っておきたいのは認定工場は認証工場に属しているので、比べる際には指定工場と認証工場に焦点をあてるべきでしょう。
 
日本全国に自動車整備工場は9万以上存在していますが、3万弱が指定工場、そして認証工場がその残りとなっています。
指定工場が占める割合は約30%程度で、数字は年々上昇傾向にあり、平成になったばかりの頃は25%程度でした。
世の中が指定工場を求めているという裏返しでもあり、それにともなって各工場の技術力は目覚ましく向上しているといえるでしょう。
 
まず指定工場というのは、認証工場(認定工場)よりも上位ランクで、認定工場よりも認められている仕事内容は多いです。
自動車整備というのは人命にかかわるものですし、専門的知識を有するものですから、事細かに基準が設けられているのです。
 
指定工場では、車の一般的な分解整備だけではなくて、車検もすることが認められています。
街には多数の民間車検場が存在しているのですが、それらは指定工場となっています。
指定工場に認めてもらうためにはスキルや設備などの基準を満たすことが必要で、さらに自動車検査員を最低1人以上設置し、またその他にも細かな規定があります。
自動車整備士の憧れの場ともいえますし、転職する際に考慮するケースも多いでしょう。

認定工場は認証工場に属している

認定工場というのは認証工場に属するもので、申請をして優良だと運輸局は求めれば認定工場になることができます。
そもそも認定工場(認証工場)は、指定工場よりも可能な仕事の範囲が狭くて、車の一般的な分解整備はできますが、車検はできません。
 
しかし通常の整備は行うことができますのでもちろんスキルは求められますし、事細かな設備や自動車整備士に関する基準をクリアすることになるでしょう。
例えば、軽自動車専門、普通自動車も対応など、工場側で対応範囲を決めることも可能です。
どちらの整備工場も定められている基準をクリアしないといけませんが、違いには車検が可能かどうか、用意すべき自動車整備士などの基準の厳しさなどがあります。

 

最後に

以上、認定工場と認証工場、指定工場の違いと役割についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の魅力とは?仕事のやりがいを解説!も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

ガソリンスタンドで働く自動車整備士の仕事は?認証工場と指定工場って?

ガソリンスタンドで働く自動車整備士について

自動車整備士の仕事は、自動車を安全に走行できるようにメンテナンスを行う以外にも、故障した箇所があれば、不具合を調査し、修理を行い自動車の状態を最適な方法にすることです。
さらには、車検の際にも自動車整備士が点検検査を行うなど、大きく関わります。
自動車を整備したり修理したりする場所が自動車整備士の職場となるため、それは多岐に渡るでしょう。
自動車整備士が働く職場として修理工場、整備工場、ディーラーなどもありますが、ガソリンスタンドで働く自動車整備士もいるのです。
ガソリンスタンドで働く場合には、整備士として持っているべき資格がありますが、これは各ガソリンスタンドによって異なります。

ガソリンスタンドには、認証工場と承認工場があります。
指定を受けていない認証工場の場合は、整備士の資格がなくても働くことができるのです。
指定を受けた指定工場の場合は、2級整備士以上の資格が必要になります。
更に指定工場の場合は、自動車検査員の資格があれば優遇されるでしょう。
また、ガソリンスタンドでは危険物を取り扱うことがあるため、危険物取扱者の資格を保持していれば、より有利に働くと考えられます。

 

認証工場?それとも指定工場?

仕事内容について

勤務先のスタンドが国から「認証工場」もしくは「指定工場」の指定を受けているかによって仕事内容が異なります。
認証工場の場合は、給油や、洗車、オイル交換他タイヤ交換が主な仕事内容になります。
指定工場の場合は、認証工場の場合と同じく給油や洗車、オイル交換、タイヤ交換などの業務もありますが、車検を目的とした点検整備や検査業務も自動車整備士の仕事に含まれているのです。

整備工場であれば、整備のために広くスペースがあり、ガソリンスタンドの指定工場のスペースは限られています。
自動車の点検整備をする際にも、狭いスペースの中でスピーディーに業務を行うことが求められるでしょう。
限られたスペースと、時間の中でスピーディーな作業を行うことが必要とされます。

最後に

以上、ガソリンスタンドで働く自動車整備士の仕事内容についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、ディーラー整備士とは?民間との違いや転職について解説!も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士はどんな服装で働くの?

自動車整備士の服装


自動車整備士の服装について気になっている人もいるのではないでしょうか。
基本的に、自動車整備士の服装はつなぎです。
つなぎを着て仕事をしている自動車整備士を見かけることも多いでしょう。
職場によって異なりますが、会社から支給されるつなぎを着ることになります。
自動車整備士は工場の中で仕事をしますが、車の出入りが激しく、工場内は換気が必要です。
そのため、暖房や冷房の調整を十分にすることができません。
夏は暑く、冬は寒いでしょう。
職場から支給されるつなぎは、長袖のものが多いです。
冬場は長袖の方が暖かいですが、夏場は暑いと感じます。
基本的に、夏場も服装は長袖のつなぎを着用するため、つなぎの中にはTシャツがおすすめです。
つなぎにもよって素材は異なりますが、あまり汗を吸わない素材のつなぎがあるため、中にTシャツを着ないと蒸してしまうでしょう。
中にTシャツを着ていても汗をかくため、休憩中にTシャツを取り替える人も少なくありません。
半袖のつなぎも売っていますが、職場の方針で長袖のつなぎを着用しなければならないことがあるため、確認が必要です。

 

作業効率が良い着方をしよう

 

冬場は、寒さ対策としてつなぎの上に着るジャンパーが支給される職場もあります。
しかし、仕事中は邪魔になることが多いため、脱いで作業をする人が多いです。
仕事中に寒い場合は、つなぎの中に厚手のトレーナーや長袖シャツを着ると良いでしょう。
手先が冷たくなると、うまく手が動かず、作業効率が悪くなります。
作業効率を上げるために、軍手やグローブの中にゴム手袋をつけて仕事をする人もいるようです。
仕事を効率良くする工夫をしましょう。
自動車整備士の服装が長袖のつなぎである理由は、上下別の作業着だと、スボンと上着の隙間にたるみができ、機械に引っかかったり、巻き込まれたりする危険性があるからです。
半袖の場合は腕が見えてしまうため、エンジン周りなど部品が熱くなっている場所に触れると火傷しやすくなります。
また、つなぎはファスナーなど金属部分が隠れるようにつくられており、自動車などを傷つける恐れはありません。

最後に

以上、自動車整備士の服装についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性は?も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士は仕事中にアクセサリーを身に着けていい?結婚指輪は?

職場によって異なるアクセサリーの着用

アクセサリーを身に着ける人は多いですが、職業によってはアクセサリーを身に着けてはならない仕事もあります。
社会人で身に着けることが多いアクセサリーといえば、結婚指輪ではないでしょうか。
自動車整備士の場合、指輪などのアクセサリーを身につけていいかどうかは務める職場によって異なります。
これから、自動車整備士の転職を考えている人は、事前に確認しておくと安心です。
どの職場でも、自動車整備士の服装はつなぎが基本になります。
つなぎも職場から支給されたり、自分で好きなつなぎを購入して着用できたりする職場など様々です。
指輪やピアスなどのアクセサリーに関しては、大手の整備工場ではすべて禁止されている場合が多いです。
民間の整備工場では、アクセサリーに関して特に定めがない職場もあります。

 

アクセサリーを身に着けない理由

アクセサリーを身に着けない理由

整備工場で勤務している自動車整備士のほとんどは、勤務中は外しています。
その理由は、勤務中に指輪、ネックレスなどのアクセサリーが車にあたり、お客様の車に傷をつけてしまう危険性があるからです。
お客様は信頼をして、整備工場に車を預けます。
その信頼を裏切らないように、大切に車を扱わなければなりません。
また、車を傷つけてしまうことだけではなく、ネックレスなどが作業中に車のパーツに巻き込まれる危険性もあります。
怪我をする危険性があるため、長さのあるネックレスは身に着けないようにしましょう。
さらに、指輪が邪魔をして、狭い修理箇所に手が入らないこともあります。
作業内容に合わせて指輪を着けたり、外したりすると作業効率は下がります。
そして、大切なアクセサリーを失くしてしまう恐れもあるでしょう。
結婚指輪など大切なアクセサリーは常に身に着けておきたいものですが、歪んだり、汚れたりする恐れもあるため、勤務中は外すことをおすすめします。
自動車整備士の職務を全うするためにも勤務中はアクセサリーを外して仕事をしましょう。

最後に

以上、自動車整備士はアクセサリーを身に着けていい?結婚指輪は?についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士はどんな服装で働くの?も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士として働くなら?ディーラー?民間整備工場?

自動車整備士としての働き方


自動車が大好きな子どもは多いですが、大人にも自動車好きはたくさんいて、それを仕事にする場合もあります。たとえば自動車整備士として働く場合、一般的にはディーラーや自動車整備工場や中古車店などの民間整備工場で勤務することが多いです。

なかにはガソリンスタンドで働く場合もありますし、多種多様な働き方ができます。当然どこで働くかによって仕事内容も異なりますし、収入面も待遇面も変わります。基本的にはディーラーであっても、民間整備工場であったとしても行うべきことは同じようなことですが、まずディーラーの仕事内容の一例をご紹介します。清掃作業や打ち合わせなどを行いますが、それ以外の時間は基本的に整備作業などをします。

ディーラーといえども中古車を扱っているところも多いですし、ディーラー車検を希望する人も多いので、かなり多くの台数の整備をすることもあります。圧倒的に自社の製品の整備を行うことが多いので、その点はやりやすいといえます。繁忙期にはかなり忙しくなってしまいますが、これは他の民間整備工場も同様です。

ディーラーとそれ以外の民間整備工場のどちらで働くかを決める際に重要視されるのは、特定のメーカーが好きかどうかではないでしょうか。もし特定のメーカーが好きな場合にはそのディーラーで自動車整備士として働く方が、やりがいも喜びも大きいのではないでしょうか。

また○○○(ディーラー)で自動車整備士として働いているというのは、例えば一般的な民間自動車整備工場やガソリンスタンドで働いている以上にステータスになり得ます。

自動車整備士として働くならディーラーか民間整備工場のどちらがベストか

ディーラーで自動車整備士として働くのも、民間整備工場として働く場合でも、両方メリットはあります。整備工場は多いため、民間整備工場はディーラーに比べると求人案件を見つけやすいというメリットがあります。

そのため、自分の希望する職場環境を見つけやすいということです。確かに収入面も大切な要素なのですが、それ以上に人間関係や待遇面を重視すると、民間整備工場は数多くの求人があるという点がメリットです。

そして収入面は一般的には大手メーカーのディーラーで自動車整備士として働いている方が、民間整備工場勤務よりも年収は高くなる傾向にあります。人によって考え方は違いますが、自分を必要としてくれる所で働くことが、働きやすく長く勤務できるというのはいうまでもありません。

最後に

以上、自動車整備士が働くなら、ディーラー?それとも民間自動車整備工場?についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、ガソリンスタンドで働く自動車整備士の仕事は?認証工場と指定工場って?も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。