アーカイブ

自動車整備士資格の資格失効もある?更新や有効期限についても解説!

自動車整備士資格の更新は必要なの?

自動車整備士として業務を行うためには、整備士資格という国家資格が必要です。整備士資格の更新や有効期限について気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

整備士資格を取得すると、更新する必要はありません。1級、2級、3級であれば有効期限もありません。一度、取得をすることで永久的に持ち続けられます。一度、現場から離れたとしても、その資格を活かして再就職することが可能です。

 

更新も有効期限がないため、日頃から最新の技術を身に付け、勉強することが大切です。自動車はすべて同じ構造ではなく、現在の自動車技術はAI自動運転など新しいシステムの導入が日々進んでいます。構造が違うエンジンを分解したり、修理したりするにしても、新しい知識がなければ業務をこなすことが難しくなるでしょう。

 

安心安全な整備をお客さんに提供するために、日頃からの勉強を積み重ねていくことは、自動車整備士にとって必須です。

整備士の資格失効について

場合によって取り消し・剥奪される可能性はあります。資格受験の不正です。試験の時にカンニングしたり、不正が発覚することで、試験に合格した後であっても問題になるでしょう。

 

車やバイクの不正改造をした場合は、整備士資格を問われるのではなく、整備工場が認定や指定を失う可能性があります。認定や指定を失うと、その工場自体、整備業務ができなくなります。工場として、運営していけるのかどうかの大問題となるでしょう。

 

関わった整備士の解雇も考えられます。解雇は避けられたとしても減給なども考えられます。

自動車検査員の資格失効について

整備した車が、国の基準を満たしているか検査する自動車検査員という資格があります。

この資格については、定期的な研修の受講が必要となります。研修を受けないと、資格を持っていても、検査員の業務ができなくなってしまうため、注意しましょう。

 

3年以上検査員として業務をしていなかった人は、「自動車検査員研修」を新たに受講する必要があります。

 

主任整備士や検査員として、不正改造をした場合は、解任させられる場合もありますので、不正をするのは命取りです。

最後に

以上、自動車整備士資格の更新や有効期限ついてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士がミスしてしまった場合は?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。