アーカイブ

自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

年々人材不足となっている自動車整備士

自動車整備士は、実は年々減少しています。
仕事がつらいうえ、汚れやすいというイメージが大きいようで、整備工場などでは多くが自動車整備士不足に苦しんでいます。
実に、整備の仕事をしている企業の約半数、9万もの事業所で自動車整備士が不足しています。
これは大変な事態ですから、早急に対策を講じなければなりません。
日本にいる自動車整備士はおよそ34万人と言われています。
しかし、自動車整備業に従事する人は少しずつ減少傾向にあります。
そうはいっても、整備士の仕事は減っているわけではありません。
それが年々人材が不足していくと、仕事が追い付かなくなってしまうでしょう。
日本の車業界において、整備士不足は深刻な問題です。

 

なくてはならない自動車整備士の役割

なくてはならない自動車整備士の役割

整備の仕事は、車を整備することはもちろん、安全に車を運行するためには欠かせません。
多くの人が車を運転する現代で、整備士は交通の安全、ひいては社会の安全を守るために必要な仕事なのです。
半数近い整備事業場で整備士不足が問題となっているものの、仕事は継続的にありますし、逆に、総整備売上高は5兆5千億円と、増加傾向にあるほどです。
つまり、整備士一人あたりの売上はどんどん増加しており、一人当たりにのしかかってくる仕事量が大きくなっているのです。
一人当たりにのしかかってくる仕事量がどんどん増えていくと、身体的な負担が大きくなってきてしまいます。
なんとか従事する人の数を増やして対策をしていかなければ、業務自体が立ち行かなくなる企業も出てくるでしょう。
自動車整備士の需要は高まり続けており、これを解決するため、国でも整備士の人材確保のための取り組みを始めています。

国による人材確保に向けた取り組みと対策

国土交通省では、整備士確保のための対策として、2014年に「自動車整備人材確保・育成推進協議会」を発足させました。
これは、整備士を目指す若者を増やすため、整備士の労働環境や待遇を向上させるための取り組みです。
整備事業場の半数が人材が足りず何とか人材不足を解消したいと願っています。
整備士はつらい仕事の代表というイメージがありますが、今では大幅に見直しの取り組みがなされてきています。
職場環境、労働環境の見直しの取り組みが行われ、待遇を良くして少しでも良い人材を確保しようという動きや対策が活発になってきているのです。
現在既に資格を持っている人は、好待遇で迎えられるチャンスでもあるでしょう。