アーカイブ

認定工場と認証工場は違う?指定工場とは?

認証工場と指定工場

自動車整備士が働く場所としてまず候補があがるのが自動車整備工場ですが、実は種類がいくつか存在しています。それぞれの種類によってできることとできないことがあり、それ以外にもこれらの条件を満たすためには定められている人員を確保したりなどしなくてはなりません。

 

知っておきたいのは認定工場は認証工場に属しているので、比べる際には指定工場と認証工場に焦点をあてるべきでしょう。日本全国に自動車整備工場は9万以上存在していますが、3万弱が指定工場、そして認証工場がその残りとなっています。

 

指定工場が占める割合は約30%程度で、数字は年々上昇傾向にあり、平成になったばかりの頃は25%程度でした。世の中が指定工場を求めているという裏返しでもあり、それにともなって各工場の技術力は目覚ましく向上しているといえるでしょう。

 

まず指定工場というのは、認証工場(認定工場)よりも上位ランクで、認定工場よりも認められている仕事内容は多いです。自動車整備というのは人命にかかわるものですし、専門的知識を有するものですから、事細かに基準が設けられているのです。

 

指定工場では、車の一般的な分解整備だけではなくて、車検もすることが認められています。街には多数の民間車検場が存在しているのですが、それらは指定工場となっています。指定工場に認めてもらうためにはスキルや設備などの基準を満たすことが必要で、さらに自動車検査員を最低1人以上設置し、またその他にも細かな規定があります。
自動車整備士の憧れの場ともいえますし、転職する際に考慮するケースも多いでしょう。

認定工場は認証工場に属している

認定工場というのは認証工場に属するもので、申請をして優良だと運輸局は求めれば認定工場になることができます。そもそも認定工場(認証工場)は、指定工場よりも可能な仕事の範囲が狭くて、車の一般的な分解整備はできますが、車検はできません。

しかし通常の整備は行うことができますのでもちろんスキルは求められますし、事細かな設備や自動車整備士に関する基準をクリアすることになるでしょう。例えば、軽自動車専門、普通自動車も対応など、工場側で対応範囲を決めることも可能です。

 

どちらの整備工場も定められている基準をクリアしないといけませんが、違いには車検が可能かどうか、用意すべき自動車整備士などの基準の厳しさなどがあります。

 

最後に

以上、認定工場と認証工場、指定工場の違いと役割についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の魅力とは?仕事のやりがいを解説!も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

指定工場と認証工場の違いとは?整備士が働く工場について解説!

整備士が働く整備工場には違いがある

 

自動車整備士が働く工場には、認証工場と指定工場があります。転職する前に2つの違いと、自動車整備士の仕事内容について知っておきましょう。整備士の仕事である車検や、分解整備を行うためには、働いている整備工場が国の許可を受けている必要があります。

 

国が許可する工場の種類によって、自動車整備の仕事内容も変わってきます。ディーラーや民間整備工場などの整備工場は、必ずどちらかの指定を受けており、ガソリンスタンドやカー用品店もそれぞれ指定を受けているでしょう。

 

国からの許可がない整備工場において、分解整備をすることでお金をもらうことは違法となるため、就業する整備工場が許可を受けているか、必ず確認しなければなりません。タイヤ交換、ワイパー交換やエンジンオイル交換など、分解整備に当たらない作業は、国の許可は必要ありません。ガソリンスタンドやカー用品店などの工場で作業が行われているのはこの為です。

指定工場と認証工場の違いについて

 

車の分解整備とは、エンジン等の原動機や、ドライブシャフト等の動力伝達装置、ブレーキドラムやディスクキャリパなどの制動装置を取り外して作業する整備のことです。指定工場、認証工場のどちらの整備工場でも、整備士が行う分解整備に関しては、業務を行うことが可能です。大きな違いは車検にあります。

指定工場

民間車検場とも呼ばれています。指定工場の敷地内に、陸運局同様の検査ラインを持っているので、車検を行うことが可能です。自社の工場で検査を行った後に、陸運局に書類を持ち込んで、新しい車検証を発行してもらいます。国から、検査を行えると指定されているので、指定工場と呼ばれているのです。

 

認証工場

自動車の分解整備、一般整備、点検、鈑金・塗装が行える工場になります。車検のため必要な機器や検査ラインを持っていません。点検整備を終えた自動車は、直接、車を持ち込んで、陸運局で検査を受ける必要があります。不適合箇所が見つかった場合には、自社の工場に持ち帰って点検整備をやりなおすこともあるでしょう。認証工場は、事故や故障に伴う緊急整備、点検整備したを自動車運輸局に持ち込んだり、整備士でも外に出ることもあります。
工場が国から許可を受けるとき、指定工場、認証工場、それぞれの基準は異なります。指定工場には、車検のための完成検査場が必須です。点検整備をするための機器だけでなく、検査に必要な機器や、整備士の工員数などさまざまな決まりがあります。

 

指定工場で働く整備士の仕事とは


指定工場で働く整備士の仕事内容は、認証工場と作業内容は大きく変わりません。指定工場では、工場内で自動車の点検整備から車検までを、一通り行うことが可能になります。指定工場の中には、車検業務が主な仕事内容となる工場もあります。就業先の担当する業務が、自動車を修理のための整備ではなく、点検するための整備が基本となってくる場合があるでしょう。自動車を修理するという業務が、あまりない可能性ありますので、仕事内容に満足できないことも考えられます。

 

指定工場では、検査業務を行える検査員の資格を持っている人材が必要となってきます。点検整備に関しては、整備士資格を取得していれば、業務を行うことが可能です。検査になると、整備士資格だけでは作業できません。検査員の資格取得している人だけができる仕事内容になっています。指定工場でのキャリアアップを目指す場合は、整備士資格だけではなく、検査員資格が必要になってきます。

 

整備士資格取得のための実務経験とは

 

整備士の専門学校など、自動車整備に関係する学校を卒業していない場合は、3級整備士の資格取得を目指しましょう。3級整備士資格を受験するためには、1年以上の整備に関する実務経験が必要となります。実務経験を積む就業場所として、指定工場、認証工場という国の許可がない整備工場の場合は、就業していても実務経験とみなされない場合があるので注意が必要です。

 

整備士が就業している整備工場には、指定工場、認証工場の2種類があります。工場によって仕事内容も変わってきます。就職・転職の際には、どの種類の工場で、どのような業務内容を行っているのか確認することが大切です。

 

最後に

以上、指定工場と認証工場の違いにつて解説しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士資格とは?過去問や合格率・受験資格も紹介!も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。