アーカイブ

自動車整備士の履歴書について

履歴書の書き方

自動車整備士として企業で働くためには、履歴書を書かなければなりません。どのような職業でも履歴書を書くときには、志望動機の欄に何を書くのか迷うものです。自分がなぜ自動車整備士になりたいのか、その企業に入って何をやりたいのかがわかっていても、履歴書を通して採用担当者にどのように伝わるのかを考えてしまいます。

履歴書の書き方に悩んでいる人は、自動車整備士として働く場合の志望動機の書き方について知っておきましょう。まず、なぜ自動車整備士に興味を持ったのか、その企業で何をやりたいのかの2つのポイントを整理してください。興味を持ったきっかけは人それぞれ異なります。

例えば、ディーラーやメーカー、整備工場など魅力を感じたポイントをできるだけ具体的に洗い出します。企業説明や企業訪問で感じたこと、刺激を受けたことを考えると、興味を持ったきっかけが出てくるはずです。その中で優先順位をつけて、最も強く感じていることを強調して書きましょう。

そして、志望動機の中でも自動車整備士として何をやりたいかを伝えることはとても重要です。その企業で何をしたいのかを自分に問いかけてみてください。自動車整備士の知識や技術、自分の志向、個性を活かしたいというビジョンを思い浮かべ、志望する企業の特徴とどうマッチするのかを考えましょう。

 

ポイントを意識して自分の言葉で書くことが大切

ポイントを意識して自分の言葉で書くことが大切

履歴書を複数の企業に出す場合にも、その企業でなければならない理由を書くことがポイントです。抽象的な書き方をすると、どこの企業でも当てはまるような表現になります。

しかし、大切なことはその企業でなければならないという理由を書くことです。
興味を持ったきっかけ、その企業で実現したいことをしっかりと考えれば、その企業で働きたい理由が見つかるでしょう。高評価を得たいばかりに嘘を書いてはいけません。

志望動機の書き方を参考にそのまま書くのではなく、自分の気持ちや経験を、自分の言葉で書くことが大切です。自分でしっかりと考えて書いた履歴書は、面接でも自信を持って答えることができます。これらのポイントを意識して、履歴書を書いてみましょう。

 

転職を目指す自動車整備の志望動機の書き方

自動車整備士に転職する際は

一般企業に勤めている人の中には、自動車整備士に憧れを持っており、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。自動車整備士に転職する際、履歴書を書く必要があります。

履歴書の記入欄には様々な項目がありますが、その中でも志望動機は面接でも質問される項目です。これから自動車整備士に転職しようと検討している人は、志望動機の書き方を知っておきましょう。志望動機を考えるときには、なぜその企業で自動車整備士になりたいのかを、面接官に伝わるように書かなければなりません。

志望動機の書き方は、何を書くべきかを考えましょう。なぜ興味を持ったのか、どんなことをやりたいのかの2つのポイントを整理すると志望動機が書きやすくなります。工場や企業のどこに興味を感じたのか、刺激を受けたことについて考えると、興味を持った理由が出てくるはずです。

その中で、優先順位をつけて、最も強く感じていることを強調して書きます。自動車整備士として、どのようにやりたいかを伝えることも大切です。自動車整備士に関する知識や技術を、どのように活かしたいのかといったビジョンを思い浮かべてください。
そして、志望している企業や工場の特徴をどうマッチするのかを考えます。

 

志望動機の表現方法

志望動機の表現方法

考えた2つのポイントをどのように表現するかも大切です。志望動機の書き方は、その企業や工場でなければならない理由、嘘は書かない、面接で答えられる内容に書きます。

抽象的な志望動機は、どこの企業でも当てはまる表現になりがちです。その企業でなければならない理由を組み入れてください。履歴書や面接で高評価されたいと思うあまり、嘘を書いてしまう人も少なくありませんが、必ずボロが出るため、嘘はつかずに自分の真の気持ちや本当に経験したことを自分の言葉で書きます。

また、履歴書に書いた志望動機を基に面接が行われますが、履歴書に書いた内容を単に話すだけでは意味がありません。履歴書に書いた志望動機に補足したり、膨らませるような受け答えをしましょう。必ず内定がもらえるといった正しい書き方はありませんが、自分の気持ちを伝えるにはどのような内容が適切か、また、的確に伝わる表現方法を考えて志望動機を書くことが大切です。