アーカイブ

自動車整備士がミスしてしまった場合は?

自動車整備士がミスしてしまった場合は?

自動車整備士がミスしてしまった

どんなに注意深く作業をしていても、ミスをしてしまうことはあるでしょう。
万が一、自動車整備士が自動車を整備中に、顧客の自動車を傷つけるようなミスを犯してしまった場合、どうなるのでしょうか?
故意であっても軽過失であっても、お客様の車を破損するという失敗を犯して整備士側が悪いのであれば、弁償をしなければなりません。
そのミスを起こした整備士に弁償代の請求がくるでしょう。
しかし、ミスを犯した自動車整備士が支払うことはほとんどありません。
通常であれば「自動車管理者賠償責任保険」など、会社が加入しているため、お客様には保険会社より保険金が支払われることになります。
どの会社でもこのような仕組みになっているわけではありません。
保険金を支払うことにより、その掛け金が大きくなるような場合、ミスを犯したのは整備士だからと言って自動車整備士に弁償金の負担を強いるところもあるのです。
大企業のディーラーや大きな整備工場であれば、失敗をした自動車整備士に弁償をさせることはまずないですが、保険に加入していない工場などではミスをした本人が弁償をすることになってしまうでしょう。

 

就業規則を確認しておこう

就業規則を確認しておこう

失敗をして弁償をすることとなれば、自動車整備士の負担は大きくなってしまいます。
大きな金額が飛んでいくことになる可能性もあり、大変なことになってしまうでしょう。
自分の勤務している会社がどのような就業規則になっているかを把握するために、改めて就業規則を確認しておきましょう。
また、入社前であれば、ミスを犯したときに弁償方法などがどうなっているか就業規則を訪ねてもいいでしょう。
ミスをすれば、会社にもお客様にも損害を被らせてしまいます。
ミスをしないことが第一ですが、万が一のことを考え、どのような対処方法をすることになっているのか就業規則を確認しておくといいでしょう。
今後転職する際にも事前に確認しておくことが大切です。