アーカイブ

自動車整備士の平均年齢とは

自動車整備士の平均年齢とは

整備士の平均年齢


全国では33万人弱の整備士が存在していると言われています。平均すると1つの工場で4,5人の整備士がいるということになります。もちろん大きなディーラーではさらにたくさんの整備士が働いています。

 
そのような中で、整備士の平均的な年齢はどれぐらいなのでしょうか。平均的な年齢はどのような場所で働いているかによって変わってきます。例えば全国の整備士全体で見たときの平均年齢は40歳と言われていますが、街工場で働く自動車整備士の平均年齢は45歳、対してディーラーで働く自動車整備士の平均年齢は31歳と言われています。

 

ディーラーで自動車整備士として働くには、ディーラーが全国に設立している整備士養成学校を卒業し2級整備士として活躍することができるよう教育されます。ディーラーは大体10年を目安として、整備士から営業、さらに資格を得たものは工場長等として活躍することになります。

 
そのためディーラーの抱える自動車整備士の平均年齢は、街工場と比べてぐっと低くなると言うわけです。また、町工場では高齢化によって人材不足も深刻です。どの職種でも高齢化は深刻な問題となっていますが、やはり整備士の業界でも高齢化は問題となっているのです。

 

高齢化に伴いできる作業にも限界がでて来てしまうこともあり、高齢化が進んでも働くことのできる職場環境であることが求められています。

自動車整備士の年収

体力に応じた整備工場を選ぶ

 

給料の面でも自動車整備士として働く場合、ディーラーのメカニックとして就職する方がはるかに高い給料見込めるといえます。

 

さらにメカニックとして卒業した後でも、営業面で車のことを知り尽くした知識を生かし活躍することができますので、いずれにしてもディーラーに就職する場合のほうが多方面で活躍する要素が広がるといえるでしょう。

 
全国的に見て、約5割の整備工場で整備士が不足しているという現状もあります。
特に街工場での自動車整備士の不足は深刻で、その人材不足の問題は大きな影響を及ぼしています。人材不足の解消のため街工場においても優秀な人材の育成と、ディーラーにも匹敵する給与面での優遇を実現することが課題となるでしょう。

最後に

以上、自動車整備士の平均年齢についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士資格の勉強方法も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の実情

自動車整備士はどのようにして転職先を選んだらよいのでしょうか。選び方を考える前に、なぜ転職をしたいのか理由を考えることは大切ですが、そもそも自動車整備士の多くは収入の低さという理由によって転職を考えます。

ほとんどの人が、自動車が好きで、仕事そのものにはやりがいを持っていたとしても、年齢が上がることによる収入の増加もそれほど見込めない状況の中で、転職を考えざるをえないというケースは少なくありません。

平均的な自動車整備士の年齢は30歳ほどと言われており、平均年収は多くても400万円ほどであるため、とてもハードな仕事の内容の割に決して高い収入とは言えない現状がネックとなっています。年齢だけで考えていくと、他の業種でそれなりに経験を積んだ人と比べてやはり多い場合では100万円ほどの収入の差がついてしまい、その収入の格差は徐々に広がっていくものでもあるため、自動車整備士としての今後のあり方に不安を覚える方も少なくありません。

とは言え、勢いで自動車整備士からの転職を考えると、余計に状況が悪くなってしまうことも考えられます。そのため、転職を考えるならどの部分を優先して転職したいのか、その理由をよく考えておくことが必要です。

理由別の転職を選び方のポイント

理由別の転職を選び方のポイント

単純に年収が今よりも高くなればそれで満足であれば、選び方としては職種にかかわらず幅広いジャンルから次の転職先を選ぶことができるかもしれません。また自動車整備士としての勤務時間や休日の取り方などに不満を持っている場合、選び方としてお勧めなのは自分の好きな時間で働くことができる転職先を第一優先として転職先として選ぶことが必要です。

自動車整備士になる方は基本的には自動車が好きなはずですので、そうした好きなことに携わりながら仕事をすることにこだわりを持つ方も多くいらっしゃるでしょう。そうした理由を重視する場合には、転職先もなるべく自分の好きなことに携わる業種ということで選んでいく選び方がよいかもしれません。

自動車整備士の年収を上げるための方法

自動車整備士の現状

自動車整備士は、資格職、技術職ですが、なかなか年収が上がらなかったり、休みを取りにくかったりと厳しい労働条件となっています。平均月収は29万円、年収で420万円となっています。

業種別で年収を見ると、メーカー勤務450万円、大手整備工場440万円、中小整備工場400万円、自営業車検工場410万円となります。過去8年の年収推移では、300万円後半から400万円前半で横ばいです。20代の若手が多いのも特徴で、好きでこの業界に入った人がほとんどです。

しかし、30代のベテランになっても、400万円後半に届かないのが実情です。
独立開業すると年収1000万円も夢ではありませんが、自動車整備士の有資格者を最低2名雇い、工場面積が180.5㎡必要なので、開業には1億円はかかるとみられています。

自動車整備士の年収をアップするための方法

民間車検場を運営する大手チェーンで、多角経営をしているところなら、国家資格を持っていれば給与が上がります。転職しても昇給はわずかかもしれませんが可能性は大きくなります。

すでに有資格者で収入を上げたいなら、定期的に車検を受ける運送業の整備工場を運営するのが良いでしょう。資材を集めてしまえば、部品代は顧客からいただくので年数を重ねれば収入比率は上がります。ただ、固定客が減ってしまうとすぐに運営が苦しくなります。

その点では大手チェーンの運営が有利かもしれません。整備工場の運営も厳しいとなれば、転職を考えなければなりませんが、民間車検場かディーラーの求人が一般的です。自動車ディーラーは独立採算制なので、雇用が減れば求人が出ます。

今、伸びているのはレンタカー、カーシェア業界です。都心では自動車に乗る必要がなく、レンタカーやカーシェアリングが人気です。それに伴って、自動車整備士の求人も多く出ています。経験者、有資格者の方が採用されやすいので、転職におすすめの業界です。

大手の求人情報は、一般には出回っておらず、転職エージェント経由になります。
転職エージェントは無料で登録できて、キャリア相談、面接のノウハウなども教えてくれます。また、離職率の高いブラック企業は弾かれていますので、安心して求職できます。

自動車整備士の結婚事情とは

自動車整備士は出会いが少ない?

自動車整備士の仕事に憧れている人は、異性との出会いが少ないという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。
通常、企業に勤めていると社内に多くの女性や男性がいて、社内結婚という話も良く聞きます。
しかし、自動車整備士の場合は、女性の整備士の割合が非常に少なく、結婚が難しいと感じる男性も少なくありません。
事務や受付をしている女性はいますが、職場自体に女性が少ないケースが多いでしょう。
しかし、実際には自動車整備士でも結婚している人はたくさんいます。
中には、結婚相手と出会うチャンスが少ないと感じている独身の自動車整備士も少なくはないでしょう。
自動車整備士が結婚相手と出会うきっかけとして良くあるのは、お客様が自動車整備士に好意を持つことです。
しっかりと仕事をこなし、真面目に対応できる自動車整備士は好感が持てます。
大切な車の相談や修理のアドバイスをした結果、その人柄に好感を持ち、友達になったり、結婚相手になったりする可能性があるでしょう。

 

好感が持ちやすい仕事

好感が持ちやすい仕事

日常的に車を利用している人や、車が好きな人からは車に詳しく、修理ができる、車の運転が上手いのは好感を持ってもらいやすいでしょう。
そのため、自動車整備士は好感度の高い職業と言えます。
一般企業に就職している人が多いですが、すべての人が好きな仕事に打ち込めているというわけではありません。
自動車整備士に憧れている人や、車が好きで自動車整備士になった人は、好きな仕事に打ち込んでいる姿に好意を持ち、働く姿やたくましさを感じるでしょう。
また、収入についても比較的安定している仕事だと言えます。
平成28年度の自動車分解整備業実態調査では、自動車整備士の年収は383万円でした。
平均年収は毎年380万円から400万円程度を推移し、20代前半などの若手も多く活躍しています。
安定した結婚生活を望む相手からも好感を持ってもらいやすいはずです。
自動車整備士は異性との出会いが少ないことは事実ですが、女性からも男性からも人気がない仕事というわけではありません。
結婚できるかどうかの不安が原因で自動車整備士を目指せない人は、もう一度、検討してみてはいかがでしょうか。

 

自動車整備士に人気の転職先

転職を考えるとき

自動車整備士の資格を取得していてもこの業種の仕事は決してきれいな仕事ではありません。
低賃金やサービス残業、肉体労働など、色々な悪環境があります。
自動車会社のディーラーなどの業種であれば、給与の昇給も見込めますが、整備工場など一族で経営しているようなところであれば、なかなか給与の昇給も望めない場合もあるでしょう。
自動車整備士の資格を7取得していても平均年年収はほかの業種の職種と比べるとやはり少し少なめになっています。
20代で294万円~300万円。
30代で300万円~400万円。
40代で450万円前後となっています。
将来のことを考えていくと明るい兆しが見えない業種だと思うのであれば、転職を考えるでしょう。

自動車整備士からほかの業種への転職について

自動車整備士の転職で一番多く人気の転職先は同業他社です。
たとえば家族経営で行っているような整備工場に勤務している場合には、給与に対して不満があるでしょう。
その場合には、大手の自動車メーカーの整備工場であれば、年齢とともに給与の昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。
一般車両だけでなくトラックや重機などの整備の取り扱いも行っている整備工場への転職をする人もいます。
大型のものを整備することは大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。
ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。
自動車の整備技術を高めプラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備もできるようになるので、高い給与を得られます。
リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。
ここでは整備としての仕事だけではなく接客の仕事も含まれてきます。
もちろん整備士としての資格は必要です。
しかし接客も仕事に入ってくることで給与アップが見込めますので人気の転職先となっています。
若いころは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくことが出来ますが、年々体力は低下していきます。
体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で十分働いていくことが出来るのかどうかをきちんと見極める必要があるでしょう。