アーカイブ

自動車整備士になるための給付金とは?資格取得に活用しよう!

整備士不足?給付金で資格を取ろう!

 

整備士が不足している、という問題を知っていますか?
少子化や、若者の車離れにより自動車整備士が不足しています。若い整備士が増えていない状況で、引退などの理由から整備士の数が減り、平均年齢も上がってきています。

 
大手企業のディーラーも人材確保に苦労しているのが現状です。普段、なんとなく整備に出している車も、国家資格を持った整備士が整備をしています。整備士が不足すれば、仕事で使うことや、楽しくドライブすることもできなくなるでしょう。日本の社会全体が人手不足です。自動車整備士も同様に、人手不足に悩まされています。

 
整備士不足を補う為に、自動車整備士の業界は、国から貰える手厚い給付金があります。整備士資格取得のため国が支援してくれる制度です。

 
厚生労働省指定の専門実践教育訓練講座に認定された学校に通うことで、申請すれば2年間で300万円以上、支給されるケースがあります。金銭面から整備士を諦めた方もこの制度で整備士を目指すチャンスです。

給付金以外にも貰えるお金がある?

 

国の給付金の以外にも、整備士資格取得に向けた支援制度があります。
就職先で、整備士の国家資格取得までバックアップしてくれる企業もあります。資格に合格した場合に、試験受験料を全額負担してくれたり、技術教習所の費用の一部を会社で負担してくれたりと、企業によって制度はさまざまです。これから整備士資格の取得を目指している方は、資格支援制度のある企業に就職するのもよいでしょう。

 
専門学校によっては奨学金や特待生制度など用意されている場合があります。
金銭面貰えるお金を上手に活用し、整備士資格を取得しましょう。

 

整備士を諦めてしまった方も、ダイバージェンスでは、メカニカレという無料で整備の技術を学べる学校があります。人材不足である自動車業界と、未経験でも整備士になりたい若者たちを結びつけることを目的に設立した訓練学校です。

 
整備士が減り続けているという現状ですが、カーシェアなどにより自動車の保有台数は緩やかに増加傾向にあります。整備するクルマは増えていく一方で、人手が足りなくなっていきます。

最後に

以上、整備士の資格取得のための給付金についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための費用ってどれくらい?についても一読することをおすすめします。
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

無資格・実務経験なしで自動車整備士になるには?詳しく解説!

無資格でも整備士として働ける?

 

自動車整備の資格を持っていない人でも、整備士として働きたいと思っている人もいるでしょう。
自動車整備士資格は国家資格として認められており、大きく分類すると1級・2級・3級・特殊整備士に分けられます。自動車整備士として働くためには、これらの資格取得が前提となっています。一部の自動車整備に関しては、無資格でも行うことが可能です。

 
資格を持っていない状況で、整備士として働いている人はいます。行える整備作業に制限があるため、一人前の自動車整備士として働くには、資格取得が必要です。

無資格・未経験で自動車整備士を行うには

 

無資格でも可能な整備内容は、基礎ともいえるタイヤの交換やエンジンオイルの交換などがあります。自動車整備士の3級試験を受ける前段階として、無資格で実務経験を積むことも多いです。

 
整備工場の中には、資格がなくても出来る作業のみを分担して行っているところや、資格取得に向けてサポートしているところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

 
将来的に自動車整備士の資格を取得するという前提で、無資格者を雇い入れることも多いので、明確な目標がない際には難しいかもしれません。
板金塗装に係る作業は、資格を取得していなくても出来る作業が多く、整備士資格を取得していない人もいます。

 
自動車整備士は、豊富な経験と、正しい知識が必要となります。自動車の整備は日々進化し続けているので、知識がなければ整備できない場合も多く資格取得は絶対条件とも言えます。

整備士資格を取得すべき理由

一般的に自動車整備士は一括りで言われることが多いです。自動車整備士に関わる資格はさまざまな種類があります。自動車整備士に転職を考えている人は、資格についてしっかりと知っておきましょう。

 
3級自動車整備士の資格を得るためには、専門学校や高校などで定められている学習を獲得しているか、1年以上の実務経験が必要です。
経験はどこで経験を積んでもよいわけではありません。認証工場・指定工場(民間車検場)という認定を受けていなければ、実務経験として認められない場合があります。無資格で就職する場合は、認証工場や指定工場かどうかを確認しましょう。

 
3級の資格を持っているだけではできない業務が多いため、自動車整備士として仕事をしていくには、2級の資格を持っている方が現場で活躍できます。2級の資格の中にも、取得する資格によって行える業務内容が違います。
資格を取得するための必要な条件も異なるため、どのような仕事をしていくのかによって、適切な資格を取得することが大切です。

最後に

以上、実務経験がなくても自動車整備士になれる?について解説しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の主な仕事も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の資格取得に実務経験は必要?3級・2級について解説!

自動車整備士の資格


自動車整備士を目指すなら、資格の取得が基本です。これから自動車整備士に転職を考えている人は、資格について知っておきましょう。

 

自動車整備士は、ひとくくりに整備士と言われることが多いです。自動車整備士にも1級、2級、3級と資格が分かれており、さらにそれぞれの階級の中でも、いくつかの種類に分かれています。

 

未経験者の場合は、自動車整備士資格を取得するために、実務経験が必要な場合があるため、注意してください。自動車整備士として仕事をしていく上で、特に取得しておくべき資格は2級整備士です。

 

無資格者は、まずは、3級整備士を目指すことになります。自動車に関わる一般的な整備がしたい人は、その後、2級整備士を取得しましょう。

 

3級だけでは、点検整備など基本的な整備しかできません。2級を取得すると分解整備やエンジンに関わる分解修理ができます。3級の資格だけではできない業務がたくさんあるため、2級の取得が求められます。

 

2級を取得するためには工場での実務経験が必要

2級を取得するためには工場での実務経験が必要

2級整備士の資格を取得するためには、国家試験に合格しなければなりません。

 

その国家試験は誰でも受けられるものではなく、自動車関連の専門学校を卒業しているか、3級整備士の資格を取得していなければならないのです。また、3級を取得していたとしても、すぐに2級の国家試験を受けられません。

 

未経験の方は、実務経験を1年以上積み、まずは3級の取得を目指します。3級合格後に整備工場で3年間の実務経験が必要です。勤務する整備工場によっては、実務経験として認められない場合があるため、注意してください。

 

例えば、認証工場や指定工場などの認定を受けていない工場で勤務している場合です。実務経験を積むため、工場を勤務する場合は事前に国から認定を受けている工場であるかどうかの確認をしましょう。

 

大学や専門学校の機械工学科を卒業している人は、3級取得後、実務経験が1年6ヶ月以上必要となります。

 

2級整備士課程を学べる自動整備系の専門学校や認定大学を卒業している場合は実務経験不要です。場合によって資格を取得するための条件が異なります。しっかり把握してから、資格を取得しましょう。

最後に

以上、自動車整備士の資格取得に必要な実務経験について解説しました。この記事を読まれた方は、無資格で自動車整備士になるにはも一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。