アーカイブ

自動車整備士に学歴は関係ある?

自動車整備士になるには


自動車整備士の役割は、その名からもわかるように自動車の点検や整備などを行うことです。自動車整備士の仕事は、自動車が走行中にトラブルを起こさないように不具合を見つけ、説明をしたり、アドバイスをしたりすることも仕事内容に含まれています。
さらに、車に装飾品を取り付ける仕事もあります。自動車整備士になるためには、特に学歴は問われません。ただし、整備士として仕事をするためには試験に合格をしなければなりません。中卒で試験を受験するには、まずは認証工場や指定工場で、1年以上働いて実務経験を得る必要があります。

資格試験を受験するためには、実務経験が1年以上必要になるからです。学歴に関係なく、1年以上の実務経験を経ることで、3級自動車整備士の受験資格を得られるのです。実務のあとに資格試験に合格すれば、晴れて自動車整備士となることができます。

学校に通って整備士になる道もある

学校に通って整備士になる道もある

自動車整備士になる際には学歴は問われませんが、学校を卒業して整備士への道へと進む方法もあります。働きながら整備士の資格を取ることは大変です。時間もかかり、労力も必要になるでしょう。そのため、働きながらでも資格を取得するという強い意志も必要になってくるでしょう。少しでも早く整備士の資格を得るためには、整備士になることができる専門の学校を卒業することも1つの選択肢です。

高校を卒業した後に、整備士の資格を取得できる専門学校へ行けば、実務経験は必要だと言われることなく、自動車整備士の資格を取得することができるのです。専門学校で資格を取得すれば、その後の就職にも有利に働くでしょう。
整備士になれば、自動車整備工場や車検を専門とする工場、カーディーラー、ガソリンスタンドなどで働くことができます。就職先の中でも、特に大企業のディーラーに就職を希望しているのであれば、専門学校へ進み、学ぶことで就職に有利になるでしょう。

最後に

以上、自動車整備士の学歴についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。