アーカイブ

自動車整備士になると得られるメリット

自動車好きにはたまらない職場

まず一つに、自動車整備士へ転職した場合、常に業務の中で自動車と関わりながら働けるという点が大きなメリットでしょう。自動車の整備士資格ですから当たり前でもありますが、もしあなたが自動車を趣味としているのなら、これほどメリットを感じられる環境はありません。
事実、現在自動車整備士として活躍する人の多くも自動車好きであり、むしろ趣味の延長のような感覚すら感じながら、やりがいをもって業務にあたっているようです。あらゆる車種を見ることができる、素人では覗けない内部構造までしっかり学べる、同じく自動車に対して熱い思いを持つ自動車整備士の仲間ができるなど、整備士だからこそのメリットが満載です。
また、自動車整備士の仕事はメンテナンスだけでもありません。自動車の持ち主に専門的な観点からアドバイスをしたり、悩みを解決したり、そして装飾に関わるなど、内容は多岐にわたります。

 

これらを通して得られる大きなやりがいは、お客様からもらえる笑顔と感謝の言葉です。自分の趣味や得意なことを最大限活かして、心から感謝される。働きがい、さらには生きがいにすら感じられる、嬉しい瞬間といえるでしょう。

今後も安定的な需要が期待できる

 

趣味の面も大いに業務に活かせる自動車整備士資格ですが、やはり休日の趣味ではなく仕事とする以上、安定した収入を得ることも欠かせない部分でしょう。
景気がもち直してきているとはいえ、まだまだ好景気ともいえない昨今、先々についても考えておく必要があります。その点もまた、自動車整備士に転職する大きなメリットとなります。なぜなら、将来的な安定を考える上で、自動車整備士はまさに最適ともいえるためです。
例えば、自動車分解整備事業の整備主任者、車検をおこなえる自動車検査員、一定数の自動車を保有する運送会社などにおける整備管理者、これらはいずれも資格を持った自動車整備士でなければいけないと決められています。つまり、自動車整備士の働き口はとにかく充実しているということです。
業務が広く独占されるため、自動車整備士資格は「業務独占資格」ともいわれているほどです。今後、社会から自動車が消える可能性はまずありません。そのため、どれだけ景気が傾こうとも、仕事にまず困らないであろうというメリットも期待できるのです。

最後に

以上、自動車整備士になると得られるメリットについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の転職先の選び方について

自動車整備士の実情

自動車整備士はどのようにして転職先を選んだらよいのでしょうか。選び方を考える前に、なぜ転職をしたいのか理由を考えることは大切ですが、そもそも自動車整備士の多くは収入の低さという理由によって転職を考えます。

ほとんどの人が、自動車が好きで、仕事そのものにはやりがいを持っていたとしても、年齢が上がることによる収入の増加もそれほど見込めない状況の中で、転職を考えざるをえないというケースは少なくありません。

平均的な自動車整備士の年齢は30歳ほどと言われており、平均年収は多くても400万円ほどであるため、とてもハードな仕事の内容の割に決して高い収入とは言えない現状がネックとなっています。年齢だけで考えていくと、他の業種でそれなりに経験を積んだ人と比べてやはり多い場合では100万円ほどの収入の差がついてしまい、その収入の格差は徐々に広がっていくものでもあるため、自動車整備士としての今後のあり方に不安を覚える方も少なくありません。

とは言え、勢いで自動車整備士からの転職を考えると、余計に状況が悪くなってしまうことも考えられます。そのため、転職を考えるならどの部分を優先して転職したいのか、その理由をよく考えておくことが必要です。

理由別の転職を選び方のポイント

理由別の転職を選び方のポイント

単純に年収が今よりも高くなればそれで満足であれば、選び方としては職種にかかわらず幅広いジャンルから次の転職先を選ぶことができるかもしれません。また自動車整備士としての勤務時間や休日の取り方などに不満を持っている場合、選び方としてお勧めなのは自分の好きな時間で働くことができる転職先を第一優先として転職先として選ぶことが必要です。

自動車整備士になる方は基本的には自動車が好きなはずですので、そうした好きなことに携わりながら仕事をすることにこだわりを持つ方も多くいらっしゃるでしょう。そうした理由を重視する場合には、転職先もなるべく自分の好きなことに携わる業種ということで選んでいく選び方がよいかもしれません。