アーカイブ

自動車整備士の勤務時間とは

繁忙期は残業が増える

自動車整備士として働く際に気になることの一つに、勤務時間があります。
1年を通して忙しい仕事ではありますが、特に繁忙期には残業が増え、勤務時間が長くなる傾向にあります。繁忙期とは車検が多い3月や4月です。
しかし、残業が多いか少ないかは働く会社によって異なるでしょう。
自動車整備士といっても、仕事内容は車を整備するだけでなく接客も大切な仕事です。
お客様の要望にできるだけ応えなければなりません。
車検だけでなく分解整備などの修理も、お客様が要望する期日までに完了させることが重要です。
そのため、人によっては普段の勤務時間も長くなることがあります。

 

会社によって勤務時間が異なる

会社によって勤務時間が異なる

自動車整備士の仕事は会社の営業時間とは別で管理されている場合もあります。
そのため、営業時間外でも仕事をすることがあり、逆にスムーズに業務が進めば定時帰ることもあるでしょう。
勤務時間が統一されているわけではないため、それぞれの会社によって違いが出てくるものです。
忙しい会社になればなるほど、法律の範囲内ですが毎日のように残業することもあるはずです。
中には、残業にならないようにするために車の受け入れをセーブして期日に余裕を持たせる会社もあります。
そのような会社では勤務時間内で仕事が終わるかもしれません。
残業する日が増え、勤務時間が長くなると体力的に辛いと感じることもありますが、自分のためではなくお客様のために車を整備します。
残業が全くない会社は少ないと思って仕事をした方が良いでしょう。
自動車整備士の平均勤務時間は月188時間となっています。
188時間のうち、20時間が超過労働時間となっており、1日1時間程度の残業が平均です。
統計上の結果であるため、会社によって勤務時間は異なりますが、残業代が出るのかなどの事前確認が必要です。

 

自動車整備士の休日は?

自動車整備士の休日とはどうなっている?

自動車整備士の休日とはどうなっている?

自動車整備士を目指す方は少なくありませんが、仕事を始めるにあたって休日は気になる点の一つです。
家族の予定や友人との予定を合わせるために平日休みではなく、土日休みにこだわる方は多いでしょう。
自動車整備士の休日は、ディーラーの場合は整備工場によって異なります。
整備工場には、認証工場と指定工場の二種類がありますが、これらは仕事内容に違いがあるのです。
認証工場は、規模が小さいため平日に陸運局に持ち込んで車検を通しています。
そのため、平日に仕事量が増加して土日は比較的仕事量が多くありません。
認証工場は平日に人手が欲しいため、土日に休日を取るケースが多くなっています。
ディーラーの自動車整備士として働くのであれば、土日に休日を取るチャンスがあるでしょう。
しかし、逆に指定工場は土日にも車検を行っています。
土日に休日を取るのは、難しいです。
また、これはディーラーによって異なるので確認が必要です。

 

どうしても土日に休みたい場合

どうしても土日に休みたい場合

中には、どうしても土日に休みたいと考える自動車整備士も多いでしょう。
そういった場合は、民間の整備工場をおすすめします。
ディーラーなど、規模の大きい場所はどうしても土日、平日を問わず仕事を受ける必要があります。
しかし、民間であれば規模がそこまで大きくなければ、土日に休みを取るケースが多いです。
また、民間だったとしても大きな工場の場合は、土日が忙しい場合もありますので注意しましょう。
もちろん、土日が休みになることで、友人や家族とスケジュールを合わせやすいというメリットもありますが、平日休みによるメリットもあります。
役所や銀行、病院などは平日の昼間でなければ開いていないことが多いのです。
混んでいない場合もあるため、非常に快適といえるでしょう。
さらに、お店なども土日に比べると多くないので、ゆっくりとショッピングを楽しむこともできます。
生活スタイルに合わせて選びましょう。