アーカイブ

自動車整備士の仕事のやりがい

修理できたときの満足感

自動車整備士のやりがいとしては何と言っても、不具合のある車を修理して調子が良くなったときの充実感です。自動車の知識がある自動車整備士といえども現在の複雑化された車の状態を、完璧に理解するというのは困難なものです。

それだけに不具合がある箇所を探し出し、修理できたときの満足は非常に大きなものとなります。また、発見されていない不具合を早めに見つけて問題が起きる前に対処をしておくというのも、仕事のやりがいにつながります。

先手を打ってトラブルを未然に防ぐことができた時の充実感はひとしおです。自動車整備士の仕事というのは、車を修理して当たり前でなかなか世間から評価をされるものではありませんが、車というのは正直ですから問題のある箇所をしっかりと理解し、修理すればそれに応えてくれます。

努力の結果がそのまま車の調子の良さとなって返ってくるので、車をしっかりと整備仕上げたときの充実感というのは、他の仕事では味わうことができない大きなやりがいとなっています。

難しいトラブルを解決したときの充実感

自動車整備士のやりがいとしては、難しいトラブルを解決することができたときの充実感というものがあげられます。一昔前の車と違って現代の車というのは非常に複雑化されたものとなっていますから、自動車整備士といえども簡単に直すことは困難なものです。

そのため、不具合の原因がわからずに苦労することも珍しくありません。そのようなときであっても1つ1つ考えられる原因を丁寧に選り分けていき、最終的に問題のある箇所にたどり着き修理をすることができたときの喜びというのは非常に大きなものとなります。

調子の悪かった車が自らの手によって調子の良さを取り戻し、再び元気に走り回る事ができるようになったときの充実感は他の仕事ではなかなか味わうことができないものです。

また、完璧な仕事をした後に依頼者から調子が良くなったと声をかけてもらい感謝されることは、自動車整備士として非常に嬉しい瞬間でありやりがいを実感できるものとなっています。決して楽ではなく世間から認められにくい仕事ですが、それだけに感謝されたとき整備が上手くいったときの喜びは素晴らしく、仕事のやりがいにつながっています。

自動車整備士として海外で働く

海外に求められる自動車整備士の技術

現在、日本車は多くの国で販売されており、人々の生活を支えています。
しかし、日本車の普及とともに必要とされているのが、販売する日本車を整備、点検などができる自動車整備士です。
自動車整備士は販売している日本車だけでなく、人々が乗っている車の定期的な整備や点検、修理なども請け負うため、人々の生活を支えるためにも必要でしょう。
さらに、元から現地で働いている人や新たに現地の人へ、自動車整備士の技術や知識などを教える指導者としても自動車整備士が求められています。
日本車の普及は、主に東南アジアや南米が中心ですが、欧米などで働きたい場合も日本車を中心に修理を行うお店などで働くことが可能です。
また、海外から日本人に対する丁寧というイメージがあるため、より重宝されるでしょう。

 

海外で自動車整備士として働くために

海外で自動車整備士として働くために

多くの国で日本車が普及してきている中、整備や点検、修理ができる自動車整備士が求められています。
海外で自動車整備士として働くためには、直接海外で転職活動を行うのではなく、海外勤務がある自動車関連企業や日本法人に転職するのがおすすめです。
面接なども全て日本で行うため、余計なコストをかけずに自動車整備士として転職活動を行うことができるでしょう。
また、海外勤務という形をとることで、住居などの心配もいりません。
さらに、欧米で自動車整備士として働く場合には、修理店などへの転職がおすすめですが、ASE(Automotive Service Excellence)という資格を取得しておくのも良いでしょう。
ASEとは、修理技術が認められているという証明になるものです。
持っていなくてはならないものではありませんが、欧米などで自動車整備士として転職する際は有利になります。
給与の面でも、海外で自動車整備士として働いても、生活に苦労することはないくらいの給与が見込めるため安心です。