アーカイブ

自動車整備士に向いている人とは?適正を知ろう!

自動車整備士の仕事内容

自動車整備士とは国家試験に合格することで取得できる資格の一つで、自動車に関する専門的な知識や技術を有する人物に付与される免許と言えます。自動車整備関連の企業や工場で働くためには必須の資格と言えますが、まずは自動車整備士の仕事内容をチェックしてみましょう。

 

主な業務としてはオーナーから預かった車の点検や整備、故障の修理などが挙げられ、一定の期間を空けて行い定期点検などがあります。自動車はあらゆる機械部品の集合体ですから、些細な不具合でも大きな問題になることがあります。

 

自動車に不具合が生じるとそれが原因で交通事故の原因にもなってしまいますし、時に重大な事故を引き起こす可能性もあるのです。そのようなことが起きるのを未然に防ぐのも自動車整備士の役割と言えるでしょう。そのため、整備士の双肩にはオーナーの命がかかっていると言っても過言ではありません。それだけ重要で世の中に必要とされる仕事ということです。

自動車整備士に適性がある人

 

仕事内容についてはあらかた理解できたと思いますが、仕事内容が理解できたからといって自動車整備士の仕事に向いているとは言えません。整備士は資格さえとれば誰でもなれる職業かもしれませんが、向いているかどうかは別問題です。

 

この仕事に向いているのは探求心や向上心がある人で、日々進歩し続ける自動車技術に自分自身を合わせられる人が向いているといえるでしょう。自動車整備は派手な仕事ではないかもしれませんが、自動車の安全性の向上のために地道に努力を続けられる方は向いているでしょう。

 

人目にはあまり触れないところで、縁の下の力持ちのような存在に魅力を感じる方にもあっているのではないでしょうか。今後整備士の資格を取得してこの世界で働きたいと考えているのであれば、仕事内容をきちんと理解するのはもちろん自身の適正についてもしっかりと見つめなおしてみましょう。

最後に

以上、自動車整備士に向いてる人とは?適性の話についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性は?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。