アーカイブ

自動車整備士に求められるキャリアパス

キャリアパスとは?

求人情報や企業の採用面接などで使われる専門用語に『キャリアパス』という用語があります。このキャリアパスという用語、意味をきちんと理解せずに聞き流している方も多いでしょう。

 
キャリアパスとは「ある職位や職務に就任するために必要な業務経験とその順序、配置移動のルート」の総称です。もっとカンタンに分かりやすく言えば「キャリアアップの道筋」です。キャリアパスが明確であれば、この仕事を5年続けていけば資格を取得して上位のポストに就けるなどの自分の将来像を描きやすくなるでしょう。

 
その仕事の専門知識ゼロから入社し、実践経験を積んで3年後には資格を取得、有資格者として主任に昇任、主任者としての実務経験を積んでさらに上位の資格を取得、10年後には上位資格の取得によって管理者になることができるというルートが明確だと、社員にとっては「3年後には班のリーダーになるんだな」とか「10年後に資格を取れば管理職になれるけど、現場からは離れたくないな」など、その企業で働くうえでのビジョンが明確化します。

 
キャリアパスは、働き手にとっての道しるべであると同時に、企業にとっては社員のモチベーションを向上させるアイテムでもあるわけです。

自動車整備士のキャリアパスは?

 

全くの未経験から自動車整備士としてスタートすると、まずは3級自動車整備士を目指すことになります。3級取得後3年以上の実務経験を積んだら2級整備士の資格を目指します。

 
2級整備士を取得すれば、ほとんどの自動車整備ができるようになります。
さらに3年の実務経験を経て、専門学校の1級整備課程を修了すれば1級整備士の取得を目指します。

 
1級整備士になれば高度な自動車整備も可能になります。1級整備士を取得すれば、自分自身のスキルが高く評価されるだけでなく、整備工場においての安全管理や後輩整備士のリーダーとして働くことになります。

 
こうして自動車整備士としての現場作業を経験した後は、フロントマネージャーやフロントアドバイザーなどのフロント業務に異動することになります。
お客さまと自動車整備士をつなぐ橋渡し役として、受付や診断、見積り、発注などの接客や事務仕事を受け持つことになります。自動車整備士のキャリアパスは整備士資格の等級によって明確化されているので、資格取得を目指して頑張りましょう!

最後に

以上、自動車整備士に求められるキャリアパスについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための勉強の仕方とは?独学の方法を解説!も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の定年とは?

自動車整備士の定年とは?

自動車整備士の定年について


自動車整備士には、定年があるのでしょうか。大手企業の自動車整備工場やディーラーに努めている場合には、定年が決められています。通常、60歳で定年となり、自動車整備士の定年も同じように60歳で定年となります。

 

しかし、60歳定年が決まっているからといって、定年時までずっと自動車整備士として勤務できるとは限りません。大企業の整備工場や、ディーラーであれば、人事異動は必ずあるため、出生していく人もいるでしょう。

 

人事異動があれば、自動車整備士だった人がサービスフロントに行く場合や、営業に行く場合もあるのです。また、整備士から工場長へと、キャリアアップをする人事異動もあります。整備士として働いてきたのに、いきなり営業といわれてもできないと言うのであれば、その会社を辞めるしかないでしょう。

 

しかし、これは大企業の場合を例にしたものです。小さな整備工場であれば、人事異動もなく、60歳定年などもないため、熟練の整備士として腕を振るっているところもあります。また、自動車整備士として自分で独立をした場合は、定年とは無縁になるでしょう。

整備士としてキャリアアップするには

整備士としてキャリアアップするには

 

整備士としてずっと働きたい、キャリアアップもしていきたい、人事異動で整備士以外の部署に行くことを防ぎたいと考えるのであれば、資格を取得していきましょう。

 

通常、専門学校などで取得できる資格は「2級ガソリン整備資格」と「2級ジーゼル整備資格」です。就職する際に必要な資格は、2級で問題はありませんが、キャリアアップを目指すのであれば「検査員」の資格が有利だと考えられます。

 
資格を取得していくためには、ある程度の実務経験が必要になります。実務経験を積み重ね、資格を取得してキャリアアップをしていくことで、自動車整備士として重宝されることになるでしょう。結果を残し、信頼を得ることにより、整備士として活躍していくこともできます。

最後に

以上、自動車整備士の定年についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の平均年齢は?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の自営業はやっていけるのか

自動車整備士の自営業はやっていけるのか

自動車整備士として資格を生かして独立開業するには

自動車整備士として資格を得て、経験を積むと、自分で独立開業し、自営業となりたいと思うかもしれません。
独立開業をするにあたり、自営業になる場合に一番気になるのは、独立をしても自動車整備士としてやっていけるのだろうかという心配ではないでしょうか。
独立する前であれば、給与は会社から得ていたでしょう。
自動車整備士資格を取り、大手の整備工場に勤務しているのであれば、給与は450万円程の年収をもらえますが、それほど高給という職種ではありません。
自営業になれば、自分が経営者となるためやり方次第では、会社勤務の時以上の給与を得ることができ、1000万円の年収を目指すこともできるでしょう。

 

自営業が厳しく辛いと感じることも

自営業が厳しく辛いと感じることも

自動車整備士として資格を生かし、独立をしたら、すべて自分で行っていかなければなりません。
顧客が少しでも増え、利用者が多く来てくれるようにどうすればいいのかも考える必要があります。
取引があったとしても、会社との取引の場合は手形での支払いになるため、すぐに現金を手にすることが出来ず、資金繰りに困ることが起きる事態に発展してしまうこともあるでしょう。
自動車の整備は、約束した期日までに仕事を終わらせ、お客様に自動車を返さなければなりません。
そのため、自動車整備士の仕事には不規則で、多くの残業を強いられることもあるのです。
資格を生かし、自営業になったことが厳しく辛いと感じることもあるでしょう。
自分の考え方次第で、整備工場のイメージを一新し、多くの人を呼び込むことができるようになることもあります。
しかし、自営業ではなく工場であれば、安定した収入を得ることができます。
何かトラブルがあった際にも、会社が間に入ってくれるため、安心して働くことができるのもメリットです。
年収を上げたいのであれば、キャリアアップを目指し、新たに資格をとることもおすすめです。