アーカイブ

整備士資格を活かせる仕事ってなに?技術アジャスターについて解説!

保険会社の技術アジャスターについて

 

自動車保険業界では「技術アジャスター」と呼ばれる人がいます。技術アジャスターは、自動車事故を専門で仕事をする職種です。事故に遭われたお客さまおよび事故の相手方双方から話を聞きながら、事故現場の状況を検証します。

 

車の壊れ具合なども確認したり検証したりするので、自動車に関して機能や構造を把握しておく必要があります。アジャスターの仕事を目指すのであれば、自動車整備士2級の資格は、プラスになるでしょう。整備士からアジャスターに転職した方はごくわずかです。「アジャスター資格取得の難易度が高い」「求人が少ない」という問題があります。

 
求人がなければ転職はできないので、時期やタイミングに依存すると言ってもよいでしょう。好待遇なことから、技術アジャスターになりたいと考える整備士が多いので、競争率は高くなります。

アジャスターになるには

 

自動車整備士の技術や知識もアジャスターに有利に働きます。自動車ディーラーでの各経験も、有利に働くでしょう。整備士の仕事のなかで、車の整備をするだけではなく接客業務も含まれてきます。

 

整備業務のなかで、実際にアジャスターと接することもあるでしょう。いろいろな経験を積んでいる方は、技術アジャスターになってからも、知識が仕事に活かされます。アジャスターは、日本損害保険協会にアジャスターとして登録をする必要があります。申請をすれば誰でもアジャスターの資格が得られるわけではありません。知識を得るために試験や研修をクリアする必要があります。

 
アジャスターの登録は種類・ランクが分かれています。技術アジャスターは、交通事故が起こったときに活躍できる資格です。見習技術アジャスターから、技術アジャスター1級技能ランクまであります。見習いから徐々にランクを上げていくことになります。資格には、4ランクあり、実際には2級を取らないと仕事ができません。ランクを飛ばして受験することもできません。

 
中途採用の求人では、自動車整備士の資格を有しているか、整備の実績が必要です。保険事故の処理には必ず必要となる資格です。難易度の高い試験なので、整備士資格以上にしっかりと対策し受験しましょう。

整備士からアジャスターへの転職

 

転職先を考えるうえで、技術アジャスターは魅力的な求人かもしれません。事故が起きたそのタイミングで、直接お客さんの対応を求められたり、調査をしたりとある程度の残業は発生するでしょう。

 

現状として、求人への競争率が高いため、アジャスターへの転職は狭き門です。整備士として休日や待遇面、年収などに不満なのであれば、今よりも条件のよい会社に整備士として転職することも選択肢として考える必要があるでしょう。

 

最後に

以上、技術アジャスターについて解説しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士はレーシングメカニックにもなれる?詳しく解説!

レーシングメカニックとは

 
F1レースなどをテレビで見る機会があると、レース中にマシンがピットインし、燃料補給やタイヤ交換、点検や整備している光景を見かけます。このピットで作業をしているのが、レーシングメカニックです。

 

レースの前にマシンの整備や点検、調整などを行います。レース中には短時間で的確な作業が求められます。メカニックによる作業時間がレースの勝敗をも左右される大事なポジションです。

 
整備や点検だけではなくマシンの状態を常に伝え、ドライバーから状況を聞き取り走行のアドバイスを行うこともあるでしょう。マシンを整備する技術はもちろんのこと、レースで使用するマシンは一般的な道路を走る車とはパーツなども大きく異なるため、特殊な知識も必要になります。素早く、的確な判断力も求められる職業です。

 
ドライバーと一緒にレースで戦うという上で、勝利するというだけではなく、事故や不調を未然に防ぐ注意力や集中力なども必要とされます。
レーシングメカニックは、マシンをより早く走らせるためにマシンを知り尽くしたスペシャリストです。

整備士からレーシングメカニックになれるのか

自動車整備士からレーシングメカニックになれるのか

 

どうすればレーシングメカニックになれるのか。レーシングメカニックの基本は自動車整備士です。レーシングメカニックになれるかというのは、自動車の整備に関する技術や知識を身に着けているかどうかがまず大前提になります。

 
将来、レーシングメカニックを目指しているという人は、レーシングメカニックになれるかどうかというのに決まった道というものはありません。自動車整備士の資格を取得し、自動車整備の技術や知識に精通する人材になりましょう。

 
自動車整備士としてある程度、知識や技術を身に着けた後は、レースでマシンをより早く走らせるようにチューンアップの技術が必要になります。
多くの場合、自動車整備士を経てチューンアップメーカーに就職し、経験を積むことでレーシングメカニックとして活躍できるでしょう。

最後に

以上、レーシングメカニックになる方法についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

無資格・実務経験なしで自動車整備士になるには?詳しく解説!

無資格でも整備士として働ける?

 

自動車整備の資格を持っていない人でも、整備士として働きたいと思っている人もいるでしょう。
自動車整備士資格は国家資格として認められており、大きく分類すると1級・2級・3級・特殊整備士に分けられます。自動車整備士として働くためには、これらの資格取得が前提となっています。一部の自動車整備に関しては、無資格でも行うことが可能です。

 
資格を持っていない状況で、整備士として働いている人はいます。行える整備作業に制限があるため、一人前の自動車整備士として働くには、資格取得が必要です。

無資格・未経験で自動車整備士を行うには

 

無資格でも可能な整備内容は、基礎ともいえるタイヤの交換やエンジンオイルの交換などがあります。自動車整備士の3級試験を受ける前段階として、無資格で実務経験を積むことも多いです。

 
整備工場の中には、資格がなくても出来る作業のみを分担して行っているところや、資格取得に向けてサポートしているところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

 
将来的に自動車整備士の資格を取得するという前提で、無資格者を雇い入れることも多いので、明確な目標がない際には難しいかもしれません。
板金塗装に係る作業は、資格を取得していなくても出来る作業が多く、整備士資格を取得していない人もいます。

 
自動車整備士は、豊富な経験と、正しい知識が必要となります。自動車の整備は日々進化し続けているので、知識がなければ整備できない場合も多く資格取得は絶対条件とも言えます。

整備士資格を取得すべき理由

一般的に自動車整備士は一括りで言われることが多いです。自動車整備士に関わる資格はさまざまな種類があります。自動車整備士に転職を考えている人は、資格についてしっかりと知っておきましょう。

 
3級自動車整備士の資格を得るためには、専門学校や高校などで定められている学習を獲得しているか、1年以上の実務経験が必要です。
経験はどこで経験を積んでもよいわけではありません。認証工場・指定工場(民間車検場)という認定を受けていなければ、実務経験として認められない場合があります。無資格で就職する場合は、認証工場や指定工場かどうかを確認しましょう。

 
3級の資格を持っているだけではできない業務が多いため、自動車整備士として仕事をしていくには、2級の資格を持っている方が現場で活躍できます。2級の資格の中にも、取得する資格によって行える業務内容が違います。
資格を取得するための必要な条件も異なるため、どのような仕事をしていくのかによって、適切な資格を取得することが大切です。

最後に

以上、実務経験がなくても自動車整備士になれる?について解説しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の主な仕事も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備主任者とは?必要な資格について解説!

自動車整備主任者とは?

 

自動車整備主任者とは、自動車分解整備事業者が行う分解整備の作業内容が、国の定めた保安基準に適合しているかどうかを検査し管理する人です。

 
自動車整備士が行う車の診断や点検・分解・組立・修理・調整などの基本的な技術を習得した上で、所属の会社・事業場から主任者の選任(任命)が行われます。
では具体的にどのような仕事を担当し、どうすれば自動車整備主任者に選任されるでしょうか。選任されるためには、3つの条件を満たす必要があります。

 

自動車整備士の主任者になるには?

主任者の届出について

 

自動車整備士における主任者は、国からの認定を受けている整備工場から選任されます。整備工場において、自動車整備士は欠かせません。主任者も不可欠な存在になります。主任者になるための必要な資格は以下の8つです。

 

・一級自動車整備士
・一級大型自動車整備士
・一級小型自動車整備士
・一級二輪自動車整備士
・二級自動車整備士
・二級ガソリン自動車整備士
・二級ディーゼル自動車整備士
・二級自動車シャシ整備士

 

国家資格であるこれらの自動車整備士の試験を受験して合格した人が、主任者に選任されます。また、主任者の選任基準は以下の3つです。

 

・整備士資格を保有している
・会社から選任され、各都道府県の運輸局に届出を受理されている
・地方運輸局長が行う整備管理者選任前研修を修了している

 

整備管理者選任前研修とは、整備状況を管理する能力、運転者に対して点検させる指導する能力を備えてもらうために行われています。自動車整備主任者に選任されることで、自動車検査員の資格を取得するための条件の1つをクリアします。

主任者の届出について

自動車整備士の主任者に選任された人は、届出を行わなければなりません。地方運輸局などの窓口に一級、もしくは二級以上の自動車整備士の資格と、整備管理者選任前研修修了証明書を持参して申請を行ってください。

 

整備士手帳や整備管理者選任前研修修了証明書のコピーでも問題ありません。届出に記載が必要な項目は以下の6つです。

 

・本人の氏名
・住所
・電話番号
・事業所の名称
・所在地
・電話番号

 

届出が地方運輸局で受理されると、主任者の手続きが完了です。主任者になると分解整備の作業管理や整備後の確認、整備記録簿の記載、保存が主な業務内容となります。

 

主任者として業務を続けていくためには定期的に研修を受講しなければなりません。毎年1回、研修を受講しなければ主任者として業務を続けられません。研修を受講しなかった場合は後日、整備工場に対して立ち入り検査を行われる可能性があります。

最後に

以上、自動車整備主任者について解説しました。この記事を読まれた方は、整備士として働くなら?ディーラーor民間整備工場?も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士になるための勉強の仕方とは?独学の方法を解説!

整備士の資格は独学でも取得可能?

3級自動車整備士になるためには、日本自動車整備振興会連合会の「自動車整備技能登録試験」という試験を受験しなければいけません。登録試験に合格後、2年以内に国土交通省の検定試験免除の申請を行いましょう。

 

それぞれを突破するために勉強をしないといけないものの、まずは独学か専門学校に通うかの選択をしないといけません。独学の場合は苦手教科を克服できるかが大きなポイントになります。苦手教科があっても反復学習を重ねて対応していき、学習の成果を確かめるためにも過去に出題された問題も取り組みましょう。

 

専門学校に通う場合は、専門知識を徹底的に学べます。基礎からじっくり学ぶことで苦手教科の克服もしやすいでしょう。2年制の学校を卒業後、2級自動車整備士をすぐに受験できることが大きな魅力です。整備士を目指す上で、専門学校に通うことは早く1人前になるための近道となります。

 

単純な比較をすれば専門学校に通う方が合格はしやすいものの、費用や時間の兼ね合いで選択するか決めかねている人もいるかもしれません。何を優先するのか、自分にとって最良の選択を心がけての選択をしましょう。

 

未経験の方が独学で取得可能なのは、3級整備士です。ここでは、3級整備士の勉強方法について解説していきます。

 

勉強方法と勉強時間はどれくらい?

実技試験で出題される問題

 

3級の試験は基本的な問題が多いです。簡単な問題ではないので勉強をする必要はあります。資格取得のための主な勉強方法としては「教科書」と「過去問」を使用することです。

 

整備士の資格取得に向けた勉強をしたことがなく、基本知識も無い場合は、はじめに教科書をメインに勉強しましょう。

 

基礎的な知識がある人や、教科書を一通り勉強した方は、過去問をメインに勉強するとよいでしょう。その方が、効率よく勉強できるかもしれません。過去5年分の問題を完璧に回答できるようになるまで知識を身につけましょう。

 

どちらも上手に使いこなすことが、一番バランスのよい勉強方法です。自分にあったやり方で教科書や過去問を使っていきましょう。

 

勉強時間がどれだけ必要になるのかは、これまでの経験や知識量にもよります。整備士の経験が長い人でも資格の勉強をしなければ受からない試験です。働きながら資格の取得を目指すことは、簡単ではありません。十分な学習時間を作り試験に挑みましょう。

試験で出題される問題の傾向


自動車整備士になるための試験では、学科試験と実技試験があります。自動車に関しての専門知識が問われます。

3級整備士の学科試験

解答用紙はマークシート式になっています。全部で30問出題され、試験時間は60分です。
1問1点、30点満点に対し21点以上の成績で合格になります。下記の内容から出題されます。

・構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
・点検、修理及び調整に関する初等知識
・整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
・材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する初等知識
・保安基準その他の自動車の整備に関する法規

3級整備士の実技試験

実技試験は、学科試験に合格した場合、受験することが可能です。下記に記載している実務の中から出題されます。

全体の実務の流れを一通りできるようにならないといけません。実際に実技試験でどんな問題が出題されるかは試験が開始されないとわかりません。

・簡単な基本工作
・分解、組立て、簡単な点検及び調整
・簡単な修理
・簡単な整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い

実技試験のクリアを考えるのなら、専門学校などの養成施設に通うのが確実な方法となります。一連の整備作業を行っていき、シミュレーションしていくのが肝心です。

難易度や合格率について解説

 

3級整備士試験の合格率は、平均として60%前後と言われています。全体の合格率だけを見ると2級よりも低いです。

 

合格率から試験の難易度が高いようにみえるのは、単純に3級を受ける人の中に学生が少ないからです。3級の受験生の中に、働きながら整備士の勉強をしている方が少なからずいます。学びに集中できる学生の受験が多い2級よりも合格率が低めにでます。

最後に

以上、自動車整備士になるための勉強の仕方について解説しました。この記事を読まれた方は、無資格で自動車整備士になるには一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士に学歴は関係ある?

自動車整備士に学歴は関係ある?

自動車整備士になるには


自動車整備士の役割は、その名からもわかるように自動車の点検や整備などを行うことです。自動車整備士の仕事は、自動車が走行中にトラブルを起こさないように不具合を見つけ、説明をしたり、アドバイスをしたりすることも仕事内容に含まれています。

 
さらに、車に装飾品を取り付ける仕事もあります。自動車整備士になるためには、特に学歴は問われません。ただし、整備士として仕事をするためには試験に合格をしなければなりません。中卒で試験を受験するには、まずは認証工場や指定工場で、1年以上働いて実務経験を得る必要があります。

 
資格試験を受験するためには、実務経験が1年以上必要になるからです。
学歴に関係なく、1年以上の実務経験を経ることで、3級自動車整備士の受験資格を得られるのです。実務のあとに資格試験に合格すれば、晴れて自動車整備士となることができます。

学校に通って整備士になる道もある

学校に通って整備士になる道もある

 

自動車整備士になる際には学歴は問われませんが、学校を卒業して整備士への道へと進む方法もあります。働きながら整備士の資格を取ることは大変です。時間もかかり、労力も必要になるでしょう。

 
そのため、働きながらでも資格を取得するという強い意志も必要になってくるでしょう。少しでも早く整備士の資格を得るためには、整備士になることができる専門の学校を卒業することも1つの選択肢です。

 
高校を卒業した後に、整備士の資格を取得できる専門学校へ行けば、実務経験は必要だと言われることなく、自動車整備士の資格を取得することができるのです。
専門学校で資格を取得すれば、その後の就職にも有利に働くでしょう。

 
整備士になれば、自動車整備工場や車検を専門とする工場、カーディーラー、ガソリンスタンドなどで働くことができます。就職先の中でも、特に大企業のディーラーに就職を希望しているのであれば、専門学校へ進み、学ぶことで就職に有利になるでしょう。

最後に

以上、自動車整備士の学歴についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士になるための費用ってどれくらい?まずは三級整備士を目指そう

自動車整備士になるまでにかかる費用

自動車整備士になるまでといっても、さまざまな選択肢があります。工業高校の機械化や自動車科、自動車整備の専門学校などから選択することになるでしょう。
ただ、上記のような養成校に行かずとも実務試験だけで受験資格が与えられます。自動車整備の3級の受験資格を取得するためには1年の実務経験が必要となります。2級となると、さらに3年の実務経験が必要です。

 

養成校に入学する場合は、公立だと年間で20万円前後の費用がかかります。私立の場合は200万円前後の費用がかかるため、経済的に不安がある方は実務経験を積んで資格取得にチャレンジしてみましょう。ただ、学科試験の受験勉強をしつつ仕事をすることになるのでハードルは高いです。

 

自動車整備士は大きく分けると1級、2級、3級と特殊整備士があります。1級を取得している人はそれほど多くなく、1級と2級では仕事内容、年収ともほぼ変わらないので、まずは2級の取得を目指すことをおすすめします。

 

奨学金はもらえるのか

奨学金がもらえるのか

 

自動車整備の専門学校に通いたいと思うものの、費用の問題があるのなら、奨学金制度が利用できるところを選択することをおすすめします。

 

奨学金の貸与期間は在学する修業年限の終期までとなり、卒業後に返済していくことになります。日本学生支援機構奨学金制度、生活福祉資金貸付制度、新聞奨学生制度、教育ローンなどが利用可能です。

特待生制度の支給もある

学校によっては特待生制度が用意されている場合もあります。主に、筆記試験や面接試験が行われます。それぞれの試験の結果よって免除される費用が異なるのも注目点です。

 

特待生制度は学業成績が優秀な学生に対し、授業料の一部・全額を免除とするものです。学校によってそれぞれの制度があり、募集に人数は 異なります。中には60名を募集するところもあります。

 

筆記試験の合格者を対象として面接試験が行われることが多いです。試験の結果よってランク付けされ免除される金額が決められています。

 

自動車整備士になるための専門学校に通う場合、ある程度のまとまった費用が必要になります。特待生制度の大部分は、経済的な理由で就学が困難である人を対象にしている制度であり、希望する学校の条件が該当しているかどうかをまずは確認した方がよいでしょう。

 

中には、保護者向けの説明会においても学費の相談を受け付けているところもあります。自動車整備士の専門学校に通うことによって、実技試験を免除できたり、早く2級自動車整備士の資格が取れたりするといったメリットがあります。学費はかかるものの、これから自動車整備士を目指すのであれば専門学校に通った方が近道になります。

最後に

以上、自動車整備士になるためにかかる費用について解説しました。この記事を読まれた方は、無資格で自動車整備士になるにはも一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

転職を目指す自動車整備の志望動機の書き方

自動車整備士に転職する際は

一般企業に勤めている人の中には、自動車整備士に憧れを持っており、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。自動車整備士に転職する際、履歴書を書く必要があります。

履歴書の記入欄には様々な項目がありますが、その中でも志望動機は面接でも質問される項目です。これから自動車整備士に転職しようと検討している人は、志望動機の書き方を知っておきましょう。志望動機を考えるときには、なぜその企業で自動車整備士になりたいのかを、面接官に伝わるように書かなければなりません。

志望動機の書き方は、何を書くべきかを考えましょう。なぜ興味を持ったのか、どんなことをやりたいのかの2つのポイントを整理すると志望動機が書きやすくなります。工場や企業のどこに興味を感じたのか、刺激を受けたことについて考えると、興味を持った理由が出てくるはずです。

その中で、優先順位をつけて、最も強く感じていることを強調して書きます。自動車整備士として、どのようにやりたいかを伝えることも大切です。自動車整備士に関する知識や技術を、どのように活かしたいのかといったビジョンを思い浮かべてください。
そして、志望している企業や工場の特徴をどうマッチするのかを考えます。

 

志望動機の表現方法

志望動機の表現方法

考えた2つのポイントをどのように表現するかも大切です。志望動機の書き方は、その企業や工場でなければならない理由、嘘は書かない、面接で答えられる内容に書きます。

抽象的な志望動機は、どこの企業でも当てはまる表現になりがちです。その企業でなければならない理由を組み入れてください。履歴書や面接で高評価されたいと思うあまり、嘘を書いてしまう人も少なくありませんが、必ずボロが出るため、嘘はつかずに自分の真の気持ちや本当に経験したことを自分の言葉で書きます。

また、履歴書に書いた志望動機を基に面接が行われますが、履歴書に書いた内容を単に話すだけでは意味がありません。履歴書に書いた志望動機に補足したり、膨らませるような受け答えをしましょう。必ず内定がもらえるといった正しい書き方はありませんが、自分の気持ちを伝えるにはどのような内容が適切か、また、的確に伝わる表現方法を考えて志望動機を書くことが大切です。

 

自動車整備士はレーシングメカニックにもなれる

レーシングメカニックとは

F1レースなどをテレビで見る機会があると、レース中にマシンがピットインし、燃料補給やタイヤ交換、その他の点検や整備を受けている光景を見かけます。
このピットで作業をしているのが、レーシングメカニックという人たちです。
レースの前にマシンの整備や点検、調整などをするのはもちろんですが、レース中には短時間で的確な作業を行い、時にはレースの勝敗も左右します。
整備や点検だけではなくマシンの状態を常に伝え、ドライバーから状況を聞き取り走行のアドバイスを行うこともあります。
マシンを整備する技術はもちろんのこと、レースで使用するマシンは一般的な道路を走る車とはパーツなども大きく異なるため、特殊な知識も必要になります。
これに加えて素早く的確な判断をすることができる判断力も求められる職業です。
ドライバーと一緒にレースで戦うという上で、勝利するというだけではなく、事故や不調を未然に防ぐ注意力や集中力なども必要とされます。
レーシングメカニックは、マシンをより早く走らせるためにマシンを知り尽くしたスペシャリストになれる職業です。
 

自動車整備士からレーシングメカニックになれるのか

自動車整備士からレーシングメカニックになれるのか

ではどうすればレーシングメカニックになれるのかですが、レーシングメカニックの基本は自動車整備士です。
レーシングメカニックになれるかというのは、自動車の整備に関する技術や知識を身に着けているかどうかがまず大前提になります。
将来はレーシングメカニックを目指しているという人は、レーシングメカニックになれるかどうかというのに決まった道というものはありませんが、まずは自動車整備士の資格を取得し、自動車整備の技術や知識に精通する人材になりましょう。
自動車整備士としてある程度、知識や技術を身に着けた後は、レースでマシンをより早く走らせることができるようにチューンアップの技術が必要になります。
多くの場合、自動車整備士を経てチューンアップメーカーに就職し、経験を積むことでレーシングメカニックとして活躍することができます。