アーカイブ

自動車整備士の資格を活かせる仕事ってなに?転職先について解説!

 

自動車保険業界では「技術アジャスター」と呼ばれる人がいます。技術アジャスターは、自動車事故を専門で仕事をする職種です。事故に遭われたお客さまおよび事故の相手方双方から話を聞きながら、事故現場の状況を検証します。

 

車の壊れ具合なども確認したり検証したりするので、自動車に関して機能や構造を把握しておく必要があります。アジャスターの仕事を目指すのであれば、自動車整備士2級の資格は、プラスになるでしょう。整備士からアジャスターに転職した方はごくわずかです。「アジャスター資格取得の難易度が高い」「求人が少ない」という問題があります。
求人がなければ転職はできないので、時期やタイミングに依存すると言ってもよいでしょう。好待遇なことから、技術アジャスターになりたいと考える整備士が多いので、競争率は高くなります。

アジャスターになるには

 

自動車整備士の技術や知識もアジャスターに有利に働きます。自動車ディーラーでの各経験も、有利に働くでしょう。整備士の仕事のなかで、車の整備をするだけではなく接客業務も含まれてきます。

 

整備業務のなかで、実際にアジャスターと接することもあるでしょう。いろいろな経験を積んでいる方は、技術アジャスターになってからも、知識が仕事に活かされます。アジャスターは、日本損害保険協会にアジャスターとして登録をする必要があります。申請をすれば誰でもアジャスターの資格が得られるわけではありません。知識を得るために試験や研修をクリアする必要があります。
アジャスターの登録は種類・ランクが分かれています。技術アジャスターは、交通事故が起こったときに活躍できる資格です。見習技術アジャスターから、技術アジャスター1級技能ランクまであります。見習いから徐々にランクを上げていくことになります。資格には、4ランクあり、実際には2級を取らないと仕事ができません。ランクを飛ばして受験することもできません。
中途採用の求人では、自動車整備士の資格を有しているか、整備の実績が必要です。保険事故の処理には必ず必要となる資格です。難易度の高い試験なので、整備士資格以上にしっかりと対策し受験しましょう。

整備士からアジャスターへの転職

 

転職先を考えるうえで、技術アジャスターは魅力的な求人かもしれません。事故が起きたそのタイミングで、直接お客さんの対応を求められたり、調査をしたりとある程度の残業は発生するでしょう。

 

現状として、求人への競争率が高いため、アジャスターへの転職は狭き門です。整備士として休日や待遇面、年収などに不満なのであれば、今よりも条件のよい会社に整備士として転職することも選択肢として考える必要があるでしょう。

 

最後に

以上、技術アジャスターについて解説しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

認定工場と認証工場は違う?指定工場とは?

認証工場と指定工場

自動車整備士が働く場所としてまず候補があがるのが自動車整備工場ですが、実は種類がいくつか存在しています。
それぞれの種類によってできることとできないことがあり、それ以外にもこれらの条件を満たすためには定められている人員を確保したりなどしなくてはなりません。
知っておきたいのは認定工場は認証工場に属しているので、比べる際には指定工場と認証工場に焦点をあてるべきでしょう。
 
日本全国に自動車整備工場は9万以上存在していますが、3万弱が指定工場、そして認証工場がその残りとなっています。
指定工場が占める割合は約30%程度で、数字は年々上昇傾向にあり、平成になったばかりの頃は25%程度でした。
世の中が指定工場を求めているという裏返しでもあり、それにともなって各工場の技術力は目覚ましく向上しているといえるでしょう。
 
まず指定工場というのは、認証工場(認定工場)よりも上位ランクで、認定工場よりも認められている仕事内容は多いです。
自動車整備というのは人命にかかわるものですし、専門的知識を有するものですから、事細かに基準が設けられているのです。
 
指定工場では、車の一般的な分解整備だけではなくて、車検もすることが認められています。
街には多数の民間車検場が存在しているのですが、それらは指定工場となっています。
指定工場に認めてもらうためにはスキルや設備などの基準を満たすことが必要で、さらに自動車検査員を最低1人以上設置し、またその他にも細かな規定があります。
自動車整備士の憧れの場ともいえますし、転職する際に考慮するケースも多いでしょう。

認定工場は認証工場に属している

認定工場というのは認証工場に属するもので、申請をして優良だと運輸局は求めれば認定工場になることができます。
そもそも認定工場(認証工場)は、指定工場よりも可能な仕事の範囲が狭くて、車の一般的な分解整備はできますが、車検はできません。
 
しかし通常の整備は行うことができますのでもちろんスキルは求められますし、事細かな設備や自動車整備士に関する基準をクリアすることになるでしょう。
例えば、軽自動車専門、普通自動車も対応など、工場側で対応範囲を決めることも可能です。
どちらの整備工場も定められている基準をクリアしないといけませんが、違いには車検が可能かどうか、用意すべき自動車整備士などの基準の厳しさなどがあります。

 

最後に

以上、認定工場と認証工場、指定工場の違いと役割についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の魅力とは?仕事のやりがいを解説!も一読することをおすすめします。

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

特殊整備士とは?3つの資格と仕事内容を解説!

特殊整備士とはどんな資格なのか

一般的には、自動車関連の専門学校等を卒業した方が取得しているのは2級整備士です。自動車関係の学校を卒業していない方は実務経験を積みながら、3級整備士・2級整備士とステップアップしながら整備の仕事を行っていく流れになります。

 

自動車整備士の資格について詳しく知りたい方は、自動車整備士の種類をご覧ください。

 

特殊整備士の資格は、整備の仕事をしていく上で、絶対に必要な資格というわけではありません。整備の内容によっては、資格を持っていることで就職が有利になったり、より知識が豊富になるため、お客様に安心と信頼感をもってもらえる整備を行うことが出来るようになります。

特殊整備士の中には3つの種類の資格があります。

自動車電気装置整備士

自動車電気装置整備士は、自動車の電気装置部分(電子制御装置、バッテリー、冷暖房装置などの電気回路が関係する装置)の点検・修理・整備などを行います。

 

電気システムに特化した、専門的な知識や技能を持つスペシャリスト資格です。
自動車の電気装置の整備自体は、2級整備士であっても対応ができます。

 

しかし、現在の自動車はハイブリット車や電気自動車など、電子制御で動いている車が多い為、近年、需要が高まっている資格になります。取得することで、知識・技術を高めることが出来ます。

自動車車体整備士

自動車車体整備士は自動車のフレームやボディ部分の点検・修理・整備などを行う、自動車の車体に関する専門的な知識や技術を持つ、スペシャリストの資格です。
車体整備士は自動車の鈑金塗装をする際に役に立つ資格になります。
鈑金塗装は無資格で行うことが可能です。

 

しかし、仕事内容は職人的な要素が強く、経験や整備した台数がモノをいう仕事になります。資格は意味の無いものかというと、それは間違いです。「資格」という形で見える、証明出来る物があることで、職場や顧客から知識や技術面での信頼を得ることが可能です。

自動車タイヤ整備士

自動車のタイヤ点検・修理・整備などを行う、タイヤの専門的な知識や技術を持つ、資格となります。平成12年以降、平成20年現在まで国家試験が行われてはいません。試験再開は未定です。

特殊整備士の受験資格・条件

特殊整備士の資格は、無条件で誰でも受験できるわけではありません。
資格取得のためには、3つのポイントがあります。

 

1.受験資格を満たす

まずは、試験を受験するために、
・特殊整備士の養成校を卒業する
・自動車整備系の学校を卒業後、実務経験1年以上
・実務経験2年以上
いずれかの受験するための資格を満たす必要があります。

 

2.学科試験に合格する
3.実技試験に合格する

整備士資格は国家資格となります。試験は、「国土交通省が行う検定試験」または「国土交通大臣の登録を受けた登録試験実施機関(一般社団法人日本自動車整備振興会連合会)が行う自動車整備技能登録試験」に合格することで資格を取得できます。

特殊整備士を取得する強み

特殊整備士の3種類のなかで自動車車体整備士と自動車電気装置整備士は単体で取得しても就職や仕事をするときにあまり意味をなしません。自動車整備士2級や3級を取得している場合は就職時に高く評価されて、任せられる仕事の幅も広がっていくでしょう。

 
整備工場に、一定の人数の特殊整備士の資格を持っている方がいる場合は、運輸局の審査に合格する必要がありますが、国から「優良自動車整備事業者」という認定を受けることが出来ます。資格を持っていれば、この認定を受けた事業者から求められやすくなるメリットがあります。

 
自動車整備士の資格取得を取得している、あるいはこれから目指すのであれば、得意とする分野を持つにあたって特殊整備士の資格を取得する意味は大きいです。自動車整備士として働くのなら、特殊整備士という資格を取得すれば仕事の幅が広がり、就職活動を有利に進められる可能性が高まります。

最後に

以上、特殊整備士の仕事内容や3つの資格についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。