アーカイブ

電気自動車を整備するには自動車電気装置整備士の資格は必要なの?

電気自動車を整備するのに電装整備士の資格は必要?

 

自動車整備士として活躍している人はたくさんいます。その中で自動車電気装置整備士の資格を取得している人は限られています。今後も変わらず自動車整備士として活躍するのであれば、自動車電気装置整備士の資格を取得も視野にいれましょう。

 

電気装置は、2級整備士の資格があれば整備可能です。電気自動車を整備するのに、自動車電気装置整備士の資格は必要ありません。自動車電気装置整備士を取得することで、電気系統装置の点検や修理、整備などが可能です。掲載されているバッテリの電圧が50Vを超えるものは、厚生労働省において低圧電気取扱い業務です。こういった業務には「低圧電気取扱い特別教育」という講習を受ける必要があります。

 

近年の自動車の発展は、目覚ましいものがあり、各自動車メーカーがハイブリッド車や電気自動車を発売しています。今後のハイブリッド車や電気自動車のニーズが高まることを考えると、専門的な資格である自動車電気装置整備士は欠かせないものになるでしょう。資格を取得していることで、ハイブリッド車のバッテリーや電子制御部などの専門知識と技術を持っていることの証明になりますので、自動車のスペシャリストを目指す方は、取得しておきたい資格です。

 

電気動車の整備に活用できる資格

 

電気自動車は、ガソリン車とシステムが大きく異なっています。コンピュータの設備を用いて、自動車の不具合の診断し整備を行います。電気自動車のシステムを理解していないと、満足な整備はできないでしょう。自動車電機装置整備士のほかにも、電気自動車の整備で必要な資格、役立つ資格があるのでご紹介します。

 

・低圧電気取扱特別教育
ガソリン自動車のバッテリーは12ボルトです。電気自動車の走行用バッテリーは400ボルト前後といわれます。電気自動車の走行用バッテリーは、ガソリン自動車より高い電圧になります。高い電圧の取り扱いには注意が必要です。この講習を受けて、低圧電気について学ばなければ、電気自動車整備を行えません。

 

・メーカーによる独自な資格
大手自動車メーカーが独自に設けている資格があります。資格の内容はメーカーによってさまざまです。

 

・ハイブリッドプロ認定資格
電気自動車、ハイブリッドカーなどの、高度化した自動車整備に必要な技術や知識の促進を目的とした資格です。

 

これからの自動車業界ではハイブリッド車や電気自動車が増加するため、電気の専門的な知識を持った自動車整備士は仕事にも、転職にも有利になるでしょう。

 

最後に

以上、電気自動車の整備する際に必要な資格についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の将来性についても一読することをおすすめします。

 
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士のキャリアとは

自動車整備士になったら


整備士の転職を考えている人は、どのようなキャリアを積んでいくのかを知っておくと良いでしょう。会社によって異なりますが、一般的な自動車ディーラーに入社した自動車整備士のキャリアは、新人研修から始まることになります。

 
多くは1週間から3ヶ月程度の期間が設けられます。研修後は先輩や上司に習いながら、オイル交換やタイヤ交換などの軽作業を行い、その後は先輩と一緒に定期点検作業などです。半年ほどで整備車両を一人で動かすことを認められることが多く、引取納車などを任されるようになります。

 
このような作業をしながら知識や技術を身につけていき、1年ほどで一通りの定期点検ができるようになるのです。その後、車検整備を覚えていくことになります。3年以上実務経験を積んでいくと、自動車整備士として知識や技術がひと通り身につき、後輩への指導や、お客様への対応をするフロント業務に従事する人もいるのです。新人期から中堅期は、整備士として重要な時期になります。

整備士のベテラン期になったら

整備士のベテラン期になったら

10年、20年と勤務していくと、整備技術全般に精通し、現場の業務を全て一人でこなせるようになります。目標管理や業態管理などの業務関連や、人事や教育などのマネジメント業務に従事するケースが多くなるのです。

 
営業部に配属となった場合は、管理職につく人もいるでしょう。また、自動車整備士としてのノウハウを身につけ、独立して整備工場を開業するという道を選ぶ人がいるのもこの時期です。

 
スキルを身に着けてキャリアアップし、転職することで給料などの待遇を向上させるという選択肢もあるでしょう。転職先には、そのまま自動車整備士として働く以外にも、保険会社のアジャスターやカー用品店、建設機械メーカー、大手運送会社など、自動車整備士としてのスキルを生かして様々なものがあります。
自動車整備士として転職する人は、将来的にどのようになりたいのかを考えながら働いていくと良いでしょう。

最後に

以上、自動車整備士のキャリアについてご紹介しました。この記事を読まれた方は、3級自動車整備士の資格も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

年々人材不足となっている自動車整備士

自動車整備士は、実は年々減少しています。
仕事がつらいうえ、汚れやすいというイメージが大きいようで、整備工場などでは多くが自動車整備士不足に苦しんでいます。
実に、整備の仕事をしている企業の約半数、9万もの事業所で自動車整備士が不足しています。
これは大変な事態ですから、早急に対策を講じなければなりません。
日本にいる自動車整備士はおよそ34万人と言われています。
しかし、自動車整備業に従事する人は少しずつ減少傾向にあります。
そうはいっても、整備士の仕事は減っているわけではありません。
それが年々人材が不足していくと、仕事が追い付かなくなってしまうでしょう。
日本の車業界において、整備士不足は深刻な問題です。

 

なくてはならない自動車整備士の役割

なくてはならない自動車整備士の役割

整備の仕事は、車を整備することはもちろん、安全に車を運行するためには欠かせません。
多くの人が車を運転する現代で、整備士は交通の安全、ひいては社会の安全を守るために必要な仕事なのです。
半数近い整備事業場で整備士不足が問題となっているものの、仕事は継続的にありますし、逆に、総整備売上高は5兆5千億円と、増加傾向にあるほどです。
つまり、整備士一人あたりの売上はどんどん増加しており、一人当たりにのしかかってくる仕事量が大きくなっているのです。
一人当たりにのしかかってくる仕事量がどんどん増えていくと、身体的な負担が大きくなってきてしまいます。
なんとか従事する人の数を増やして対策をしていかなければ、業務自体が立ち行かなくなる企業も出てくるでしょう。
自動車整備士の需要は高まり続けており、これを解決するため、国でも整備士の人材確保のための取り組みを始めています。

国による人材確保に向けた取り組みと対策

国土交通省では、整備士確保のための対策として、2014年に「自動車整備人材確保・育成推進協議会」を発足させました。
これは、整備士を目指す若者を増やすため、整備士の労働環境や待遇を向上させるための取り組みです。
整備事業場の半数が人材が足りず何とか人材不足を解消したいと願っています。
整備士はつらい仕事の代表というイメージがありますが、今では大幅に見直しの取り組みがなされてきています。
職場環境、労働環境の見直しの取り組みが行われ、待遇を良くして少しでも良い人材を確保しようという動きや対策が活発になってきているのです。
現在既に資格を持っている人は、好待遇で迎えられるチャンスでもあるでしょう。

自動車整備士で成長を感じる場面

知識や技術の成長

自動車整備士として働きたい人の中には、成長を感じるところはどこなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
自動車整備士に転職したあとに、想像していたものと違ったなどと後悔したくないものです。
自動車整備士の資格を取得していると、自動車の知識は身についています。
同期には負けないだろうと考えている人もいるでしょう。
しかし、資格を持っていても学校で勉強することと、現場での仕事はまったく違います。
そのため、転職後にギャップを感じる人が少なくありません。
仕事を続けていくうちに知識や技術が身につき、わからないことは先輩が教えてくれるため、心配する必要はないでしょう。
自動車整備士で成長を感じるところは人それぞれ異なりますが、新技術が導入された自動車を扱うことで、自然と自分の技術や知識が向上することが挙げられます。
乗用車の知識をベースにトラックなどの知識が積み重なり、新しい工具の使い方も覚えるなど、成長を感じられるポイントがたくさんあるはずです。

 

部下や後輩を持つことは自分の成長に繋がる

部下や後輩を持つことは自分の成長に繋がる

部下を持つことも自分に対する成長を感じられるところでしょう。
現場経験を積むと、部下や後輩の面倒をみることになります。
部下や後輩に指示ができるようになるためには、自分の知識や技術が相手よりも優れていなければなりません。
わからないことがあればしっかりと教えてあげられるように勉強をして、部下ができないことは対応をする必要があります。
転職したばかり頃に教えてもらったこと、わからなかったことを自分が部下や後輩に教えることができると、成長を感じられるでしょう。
また、教えるということも自分の成長に繋がります。
その理由は、教えた分、新しい知識や技術を受け入れる余裕ができるからです。
さらに、部下や後輩が成長すると自分の業務が楽になります。
そして、その分、これまでできなかったことにチャレンジできる時間と、精神的な余裕がでてくるのです。
部下や後輩を持ちたくないという人も中にはいますが、相手を育てることは自分自信の成長に繋がるということを忘れてはなりません。
転職当初はギャップを感じ、苦しい時期もありますが、周りの人に支えてもらいながら、成長を実感していきましょう。