pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  2級自動車整備士における資格の種類と難易度

コラム

2級自動車整備士における資格の種類と難易度

2018/8/22
2級自動車整備士の資格は4種類あります。より専門的な仕事を行うことができるようになります。合格率はそれぞれの種類で異なるもので、高い場合もあれば低い場合もあります。

2級自動車整備士の資格の種類について

2級自動車整備士の資格には2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士、2級二輪自動車整備士、2級自動車シャシ整備士の4つの種類があります。
資格取得には、基礎的な構造上の知識や取り扱いに関する知識を求められる学科試験と実技試験があります。
2級自動車整備士の資格を取得すると、ガソリンスタンド、自動車関連の整備工などの業務で求められるスキルの幅が広がり、キャリアアップにつながるでしょう。
資格ごとにガソリン車、分解整備、二輪車、シャシの整備など対応出来る業務が違います。
その為、並列して複数の資格を取得している人も少なくありません。
自動車関連の職種ではこれらの資格は、転職活動や就職に有利になるため、複数の資格の同時取得を目指して受験勉強をする方法もあります。
筆記試験で学ぶ内容が、統計立てて学習することができるため、短期間に集中して資格取得に向けて勉強する方法が効率的でしょう。
資格を取得するために、効率的に学習できる環境を整えることが合格への鍵となります。

 

2級自動車整備士の合格率とは

2級自動車整備士の合格率とは

それぞれの種類における2級自動車整備士の合格率は開きがあります。
2級ガソリン自動車整備士の合格率は、38%と言われています。
但し、母数が異なる為か、合格率が80%程度のときもあるようです。
2級ジーゼル自動車整備士はも同様に30%程度の場合もあれば、90%程度の場合もあります。
直近の傾向で行くと、年2回ある試験のうち、第一回目の合格率が低い傾向にあります。
2級二輪自動車整備士は70%程度で、2級自動車シャシ整備士は90%程度と高い水準となっています。
これから2級自動車整備士の資格を取得するつもりなら、自分の目指す方向を定めて対応するのが望ましいといえるでしょう。
自動車整備士として働く上で仕事の幅が広がり、就職や転職をするにあたって有利になる資格です。
合格率が高いとは言い難い種類もあるものの、将来のために取得する意味は大きいといえるでしょう。
まずは資格取得の目的や、資格取得の条件となる筆記試験の合格に向けて、受験する資格の種類を選択するかを定めて対応していきましょう。

 

この記事を共有する

Pocket