pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の転職を成功させるためには

コラム

自動車整備士の転職を成功させるためには

2018/7/30
自動車整備士で転職を考えている方は、事前に転職先の企業の残業時間を調べておくということと、取れる関連資格をできるだけたくさんとっておくことが成功のポイントとなります。

自動車整備士の転職を成功させるには

自動車整備士で転職を成功させたいと考えている方は、事前に成功させるためのポイントを抑えておきましょう。
自動車整備士に限らず、転職はうまく行わないと、今の労働環境を改善するどころか、より悪くなってしまう可能性もありますので、できるだけ良い条件で働くことができるようにしっかりとしておきましょう。
自動車整備士として転職を成功させるために最も大切なのは、いかに転職先の事前調査ができるかということです。
特に残業時間については、働く前からどのくらいあるのかということを把握しておきたいです。
残業時間を調べるためには、その企業の就業時間に直接行って、残業を行っているかどうか様子を見に行ってみる方法もあります。
自動車での事故が多くなるレジャー時期や冬季と、自動車販売が盛んになる春など、段階を経て勤務実態を探ることがベストです。
募集要項や直接企業からの説明だけでは把握しづらいのが残業時間ですので、この方法が一番確実にわかる方法ととなります。

 

自動車整備士の転職を成功させるため取得したい資格

自動車整備士の転職を成功させるため取得したい資格

自動車整備士の転職の際に持っておくと有利になる資格について把握しておき、できる限り取得しておきましょう。
まず、整備士3級の方は2級を取りましょう。
整備士3級は高校で習う程度でも取れるため、社会人で転職を考えた際には先に整備士2級の資格をとっておきましょう。
整備士2級は3級に比べて格段に取得している人が少なくなりますので、認可に必要な人数を求める企業も多いです。
そのため2級をとっておくことで転職に有利になるでしょう。
その他にも、運転免許や特殊車両などの免許をとっておくと有利になります。
例えば玉掛の資格やクレーン運転免許、小型特殊免許や大型特殊免許、普通自動車中型免許等が挙げられます。
玉かけの資格は技能講習を受けることで資格の取得が可能ですが、重い荷物をワイヤーロープなどでフックに掛ける作業ですので、クレーンの動作や物にぶつかる可能性があるなど、リスクのある作業ですので、作業自体というよりも点検方法に注意する点が多く、資格を取得しておくと転職を成功させるのに有利となるでしょう。

 

この記事を共有する

Pocket