pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の転職で職歴が多い人の履歴書の書き方とは

コラム

自動車整備士の転職で職歴が多い人の履歴書の書き方とは

2018/12/26
転職を繰り返して、多くの職歴を持っている人もいるでしょう。整備士の転職では多くの職歴が転職に有利になることもあるので、履歴書の書き方を知っておきましょう。今までの職歴を整備士としてのキャリアに活かすことを、アピールすることが大切です。

多くの職歴がある人の履歴書の書き方とは

転職を繰り返して、多くの職歴を持っている人もいるでしょう。
そのような場合、どのように履歴書を書けばよいのか分からないという人が多いです。
職歴が一定以上多いと、全ての職歴を履歴書に書くことをためらってしまうこともあります。
しかし、多くの職歴が転職に有利になることもあるので、職歴が多い人の履歴書の書き方を知っておきましょう。
まず、正社員と契約社員の職歴が多い人の履歴書は異なります。
勤務期間が短いからといって、職歴を省略するなど、自己判断をしない方が良いです。
正社員の職歴が多い人のケースでは、今まで行ってきた自分の仕事の強みや、職場での業務内容、勤務先で即戦力となる技術や習得したキャリアを記載します。
自分が思っているほど、面接担当者は履歴書を細かくチェックしていることは少ないです。
採用の際には、第一印象や面接での対応を重視していることが多くあります。
その点を配慮し、今までの職歴を今後の整備士としてのキャリアに活かすことを、アピールするようにしましょう。

 

派遣社員の職歴が多いケースには

派遣社員の職歴が多いケースには

派遣社員をして長く働いていた人の中には、多くの会社に配属され、職歴の欄に書ききれないことがある人もいるでしょう。
派遣会社の登録が複数社ある場合、履歴書の書き方も工夫が必要になります。
多くの職歴で履歴書が見づらくなってしまうと、採用担当者に良い印象を与えないでしょう。
そのような場合には、経験した職歴の中で習得したキャリアに繋がるものや、中でも長期間勤務した職歴を中心に書くようにします。
短期間の職歴は、職務内容や取得資格など、主要な項目だけを記載するなど工夫をすることが必要です。
ポイントを絞ってそのキャリアについて詳しく書くことをおすすめします。
職歴が多い人でも、整備士になる上で多くの経験がメリットになることが分かるような履歴書を書くようにしましょう。
職歴が多い人が履歴書を書く場合には、分かりやすく、多くの経験で得た強みをアピールするようにしましょう。

 

この記事を共有する

Pocket