pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の試験が免除になる場合について

コラム

自動車整備士の試験が免除になる場合について

2018/7/30
自動車整備士の資格は、申請者が一定の資格を有する場合、学科試験(一級の場合は筆記及び口述試験)又は実技試験を免除になります。効率的に資格をとるために把握しておきましょう。

自動車整備士の試験が免除になる?

自動車整備士の試験を受けたいという人や、さらに上の等級の資格を取りたいという人には、資格取得のための効率のよい準備は欠かせません。
転職の際にはできるたけ多くの資格をとっておくと有利に働きますので、現段階で取れる資格はしっかりととっておきましょう。
転職のときには資格所有者を限定とした求人や、非公開求人で急募となる募集など、資格の取得は有利に働きます。
自動車整備士の資格には、一定の実務経験や他の資格を取得していると、学科試験や実技試験が免除になる場合があります。
試験を取得するための受験勉強の準備段階で一部試験項目が免除になる条件を知っておけば、準備に有利です。
自動車整備士の仕事にかかわる試験では、類似した資格を取得するときに実技や学科試験の筆記、口述試験が対象になるケースが多いので事前に確認しておきましょう。

 

具体的な免除内容

具体的な免除内容

自動車整備士で具体的に免除になるケースは、過去に取得した類似の資格が該当します。
一種養成施設又は二種養成施設の所定の課程を修了していると、技能検定より2年の経過がしていなければ、試験が免除になる可能性があります。
該当する資格は、一級、二級、三級又は自動車タイヤ整備士、自動車電気装置整備士若しくは自動車車体整備士の技能検定などです。
また、一種養成施設又は二種養成施設の二級ガソリン自動車整備士や、二級ジーゼル自動車整備士の試験を取得した人も一部試験が免許になることがあります。
試験が免除になる理由としては、試験項目の内容が重複しているためです。
注意点としては、資格取得から免除の期間が「2年」など一定の期間を設けられていることがあります。
免除の恩典を受けられれば、効率よく資格を取得できますので、事前に計画を立てて試験勉強に望むことがおすすめです。
その他にも学科試験や実技試験が免除となるケースがありますので、自分が当てはまるかどうかしっかりと把握しておきましょう。

 

この記事を共有する

Pocket