pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の整備経験がひと目でわかるスキルチェックシートとは

コラム

自動車整備士の整備経験がひと目でわかるスキルチェックシートとは

2018/12/26
自動車整備士として転職をする際、非常に便利なのがスキルチェックシートです。自身の経験や資格などをわかりやすく相手に伝えるツールとして非常に便利ですので、自動車整備士の転職を考えている方は是非活用してみましょう。

自動車整備士のスキルチェックシートの活用方法

スキルチェックシートとは、自動車整備士の整備経験や、自分ができる仕事内容について、ひと目で分かるものです。
履歴書や自己PRを書く際に非常に役に立ちます。
自動車整備士の仕事は、無資格者でも行うことができるオイル交換業務や、タイヤ交換から、エンジンの分解整備やベルト類の交換、トラブルシューティングなどの経験や資格が必要な業務まであるのです。
自分がどのような資格を取得して、どの程度の業務を行うことができるかを、わかりやすく伝えることができます。
また、チェックシートを活用することで、自分自身の整備経験を明確にして、面接時などで、しっかりと受け答えができるようになるのです。
整備士への転職を考えている人は、スキルチェックシートの作成を検討してみると良いでしょう。

 

スキルチェックシートのメリット/h4>

スキルチェックシートのメリット

自動車整備士の仕事は、経験が非常に重要な仕事です。
履歴書だけでは、就業年数と簡単な業務内容しか見ることができないため、整備技術などを伝えるには情報量が少なくなります。
また、長く勤めているほど、経験は積まれていきますが、一概に勤務年数がその人の整備の技術、知識につながるとは言い切れません。
勤務年数が短くても、多くのスキルや高度な技術を習得している人もいるでしょう。
企業としては、長く働いている人ではなく、スキルや技術面で採用を決めたいと思っています。
そのためにも、スキルチェックシートはメリットがあります。
スキルチェックシートを使って、自身のスキルを振り返ることができますので、転職の面接時などにアピールするスキルを整理することが可能です。
また、面接や履歴書で自分をアピールするのが苦手という人でも、スキルチェックシートを使うことで、自身の長所を相手に伝えることができます。
スキルチェックシート作成は、WEB上で入力したスキルシートを印刷して、履歴書などに添付するようにしましょう。

 

この記事を共有する

Pocket