pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の必要なスキルとは

コラム

自動車整備士の必要なスキルとは

2018/7/30
自動車整備士として転職を考えている方は、整備士の資格や、技術、知識以外にも身につけておくべきスキルを把握しておきましょう。新しい職場で即戦力として働くために重要なスキルです。

自動車整備士として転職をする際には

自動車整備士として転職をする際には、転職の方法はもちろんですが、自分の自動車整備士としてのスキルが重要となります。
自動車整備士として働く際に、整備士の技術や知識以外にも身に着けておきたいスキルがいくつかありますので、転職を考えている方はご紹介するスキルを身につけながら働くことをおすすめします。
また、臨機応変に対応できるとこともアピールポイントになります。
お客様にとって自動車の故障は唐突に起こるものですので、段取りを組んで仕事を行っていても今すぐに直してほしいと頼まれてしまうことも少なくありません。
こういった突然のことに対して臨機応変に対応できるというスキルが重要となります。

 

自動車整備士として大切なスキル

自動車整備士として大切なスキル

具体的にどのようなスキルを持っていればよいのでしょうか。
まず1つ目が社交性です。
自動車整備士は客商売であり、整備だけを行なうわけではありません。
直接お客様に対して整備の内容などの説明を行う会社が増えてきておりますので、社交性があるというのは重要なポイントになります。
営業がそれを担当する場合でも、社交性がないと相手に説明を理解してもら居づらくなったり、理解できているかどうかの判断がつかなかったりしてしまいます。
2つ目が職人気質です。
整備士は技術職ですので、職人気質であるということが重要となります。
自分の技術の工場に向き合うことができて、次々新しい整備の技術を覚える必要がある場合でも苦がなく取り組み成長できるということが重要です。
自身の経験を積み重ねていき、蓄積することができるというのも職人気質の特徴ですので、コンピューターでの診断以外に自身の経験を生かして不調原因を探ることができるというのも強みです。
3つ目が忍耐強さです。
整備士の働く環境は、既設を問わずに過酷ですし、業務の進捗具合から同時にいろいろな作業を手がけながら業務を進めなくてはなりませんので、常に頭の中で段取りを明確にしておく必要があります。
こういった過酷な環境下でも動じない忍耐強さがアピールポイントになります。

 

この記事を共有する

Pocket