pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の年間休暇数

コラム

自動車整備士の年間休暇数

2018/10/2
しっかり休暇が取れる企業に勤めたいと思う人が多いです。自動整備士に転職を考えている人は、年間休暇数を確認してから転職先を決めましょう。年間休暇数は、企業によって異なります。

休暇数が多い国産車メーカー

厚生労働省では、適切な労働時間で働き、ほどよく休暇を取得することは、仕事に対する社員の意識やモチベーションを高め、業務効率の向上にプラスの効果が期待されるとし、長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得促進を提唱しています。
休暇の日数が少ないため、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。
しっかり休暇が取れる企業に勤めたいと思う人が多いです。
自動整備士に転職を考えている人は、年間休暇数を確認してから転職先を決めましょう。
年間休暇数は、企業によって異なります。
例えば、国産車メーカーであるスバルの自動車整備士は平均年間休暇数が106日間です。
スズキやダイハツ、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱など様々な国産車メーカーがありますが、その中でもスバルの平均年間休暇数は最も多いとされています。
2位はトヨタ、次いで日産や三菱となります。
スバルは国産車メーカーや自動車整備士業界の平均より多いため、年間休暇日数を重視して自動車整備士に転職をするのであれば、検討してみると良いかもしれません。

 

連休も取得できる

連休も取得できる

自動車整備士の休暇は週休2日制、もしくは月6日〜8日のシフト制で休みを設定している企業が多いです。
年間休日は105日程度ですが、お客様は土日祝日に増えるため、自動車整備士は土日祝日に出勤することになります。
他の従業員と交代で平日を休みとするケースが一般的です。
休暇は、有給休暇や慶弔休暇、特別休暇、産前産後休暇などがあり、連休も取ることができるでしょう。
例えば、お盆休みや年末年始などです。
カレンダー通りに休暇が取れる企業が多く、夏季休暇や年末年始休暇も取得できます。
有給休暇の取得についてはそれぞれ企業によって定めているため、確認してください。
自動車整備士は、急な故障などに対応しなければならないことや、決められた期日までに作業を完了させていなければなりません。
そのため、時間外労働や休暇も不規則なものとなりがちですが、年間休暇数の多い企業を選ぶことで、理想的なライフワークバランスを取ることができるはずです。

 

この記事を共有する

Pocket