pagetop
HOME   カテゴリー:資格・経験   自動車整備士の基礎知識とは

資格・経験

自動車整備士の基礎知識とは

記事更新日:2020/6/8

自動車整備士についての基礎知識として、自動車整備士の分類について理解することが大切です。基本的な自動車整備士の資格と同時に、専門的な整備を行える、特殊整備士などの資格を取得しておくと、転職にも役立つでしょう。

自動車整備士に必要な資格への基礎知識


自動車を整備や点検、修理などを行う自動車整備士ですが、ただ整備士の資格を取れば良いものではありません。基礎知識として、自動車整備士にも種類があり、場合によっては複数の資格を取得しておくのが有利になります。

 

まず自動車整備士にも3級整備士、2級整備士、1級整備士、特殊整備士があり、その中でもさらに区分されているのです。例えば、ジーゼル自動車整備士ですが、これはディーゼル車とも呼ばれる、ジーゼルエンジンで動く自動車を整備などができる資格ですが、3級自動車ジーゼルエンジン整備士ではエンジンの基本整備しか行なえません。

 

そのため、十分に整備するには2級ジーゼル自動車整備士の資格が必要となります。
さらに、ガソリン自動車整備士ではガソリンで動く自動車を整備できますが、ジーゼル自動車整備士と同様に、2級でなければ殆どの整備を行うことができません。
しかし、2級取得後に決められた研修を受けることで、自動車整備主任者になることが可能です。

 

自動車はエンジンや車体だけで構成されているわけではなく、その他の整備を行う必要があります。その整備を行えるのが、自動車シャシ整備士です。
自動車シャシ整備士を取得しておくと、サスペンションやブレーキなどの整備ができるため、他の整備士資格と同時に取得しておきましょう。

特殊な整備士

特殊な整備士

自動車を整備や点検、修理などを行うためには基礎知識として、自動車整備士の分類を知っておくことが必要ですが、特殊整備士も知識として大切です。

 

特殊整備士には自動車電気装置整備士、自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士があります。名前の通り、自動車の電気回路が組み込まれている装置の整備を行う資格、車体のフレームなどを整備する資格、タイヤを専門的に整備する資格ですが、特殊整備士はそれぞれ専門的に行う資格が多いです。

 

基本的な自動車整備士の資格と同時に取得していると、役立つものが多いでしょう。


関連記事