pagetop
HOME   カテゴリー:整備士のお仕事   自動車検査員と整備士の違いとは?仕事内容も詳しく解説!

整備士のお仕事

自動車検査員と整備士の違いとは?仕事内容も詳しく解説!

記事更新日:2020/7/29

自動車検査員の資格を取得することは、整備士として働く上でのキャリアアップにつながります。指定自動車整備工場(民間車検場)で点検整備を終えた車両を保安基準に適合しているかどうかを判断、検査する業務を行うために必要な国家資格です。これから就職を考えられている方はぜひご覧ください。

自動車検査員と整備士の違いについて

 

整備士は、検査員と同様に国家資格です。整備士の仕事は、車を点検・整備・修理になります。新車・中古車の納入時、車検など定期点検時に行う点検などが主な仕事整備をはじめ、故障車や事故車を含む車の故障個所の修理も仕事です。

 

自動車検査員は、指定自動車整備工場(民間車検場)にて、整備士による点検整備を終えた車両が保安基準に適合しているかどうかを判断、検査する業務を行う国家資格になります。

 
車両の受け入れ、車検検査業務、保安基準適合証への証明を行う書類の作成や保管業務、検査に関する業務の監督業務や指導、事故防止対策、検査設備の管理などが仕事内容です。
 

検査員資格の取得方法

 

整備未経験の方が、勉強したからといってすぐに、自動車検査員の資格を取得することはできません。自動車検査員の資格を受験するには、下記の条件を満たしている必要があります。

 

・最低でも2級自動車整備士の資格が必要
・整備主任者としての実務経験が1年以上必要
・直近の整備主任者研修を受講していること
・勤務先が「指定自動車整備工場(民間車検場)」であること。
※「指定自動車整備工場(民間車検場)」の指定を受けようとしている場合も可

 

上記条件を満たしていない場合は、受験できませんので注意しましょう。地方運輸局長が行う自動車検査員教習を受講して合格すれば、自動車検査員の資格を取得できます。試験内容は整備、検査、完成検査の実務など多岐にわたっており、実務上必要な知識全般です。整備士資格同様に、しっかりと勉強し試験に挑みましょう。

 

検査員の仕事内容とは

 

自動車検査員の主な仕事は、資格の名前の通り、自動車の検査です。業務は検査だけではありません。自動車検査員の仕事は、大きく分けて5つあります。

 

完成検査

検査員が行う自動車の検査業務を、完成検査といいます。検査とは、自動車整備士によって、整備された自動車の状態を点検することです。計測機械、テスターなどを使い、車検の保安基準に適合しているかをチェック等の実施をします。その自動車が検査基準に合格し、道路を走ってよいかどうかを、判断することが最終的な目的です。正確な判断基準を覚えることが、自動車検査員に求められています。

 

業務指導・監督業務

 

経験や実績を重ねた検査員は、自動車検査員として就業している方々をまとめ、検査の方法などを監督・指導することも仕事のひとつです。事故防止のための指導をしたり、完成検査の結果について、自動車の持ち主に、説明することも自動車検査員の仕事になります。

 

書類の作成・保管

 

 
完成検査を行った後に、検査結果を書類にまとめて、自動車の保有者に確認してもらいます。このような検査に関わる書類の作成も、検査員の仕事のひとつです。作成した書類の中には、整備工場側で、管理しなければいけない書類もあるため、紛失したり、流失してしまわないよう厳重に保管することも自動車検査員の務めです。

 

設備の管理

 
自動車の検査を行う際には、さまざまな検査設備を使用します。設備に故障が生じてしまうと、正確な検査結果が出ないこともあります。常に、正確な検査が行えるように、検査設備の管理を徹底しましょう。故障が生じた場合は、すぐに修理や買い替えを行うことが必要です。

 

法令や通達などの情報の把握

 

 
法令の改正や、国からの通達によって、基準の変更されることがあります。最新の情報を、常々把握する必要があります。新しい情報を、検査に反映させていくことが重要です。適切な情報の管理も自動車検査員は求められます。

 

自動車検査員となることの強み

 

自動車検査員の資格を取得することで国が行う業務を代行する立場となります。自動車検査員は国家資格の為、みなし公務員としての待遇を受けることになり、大きな権限と責任が与えられます。一定の需要が見込めるとともに、整備士からのキャリアアップにもつながるものです。

 
車検を行う指定自動車整備工場に自動車検査員は必要な存在となります。整備士としての経験を生かせる仕事内容となり、将来にもつながるものです。自動車検査員教習は各地方運輸局が行うもので、数日間にわたっての教習が行われます。

 
基本となる知識はもちろん、自動車検査員の実務上必要な知識も出題され、決して簡単な試験ではありません。現在、整備士として働く人はもちろん、今後チャンスが広がっていくと考えて問題ありません。就職や転職をするにあたっても重宝されるだけの理由になります。将来のことを考えるのなら、自動車検査員の資格を取得するメリットは大きいでしょう。

 
みなし公務員とは:実際には公務員ではありません。仕事の内容が、公務に準じる公共・公益性があるものや、公務員の職務を代わりに行う職種が該当します。仕事上で知る秘密を保持する守秘義務や、お客様等から金銭等を受け取り、不正な検査業務、違法改造、保安基準に適合していない車など検査結果を偽る行為は収賄罪となります。刑法の適応は、公務員と同等です。

 

最後に

 

以上、自動車検査員についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、整備士の僕が転職を考えるなら今?一番良い年齢とはについても一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。


関連記事