pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士が転職の際の退職理由の書き方

コラム

自動車整備士が転職の際の退職理由の書き方

2018/11/27
退職理由に合わせて書き方を変えるのはもちろん、ポジティブかネガティブかが重要になります。少し書き方を変えればよい印象を抱かれます。また、自分が転職をしてどう今まで習得した技術や経験を活かしたのかも明確にした方がよいでしょう。

退職理由に合わせて書き方を変える

退職の理由は人によって異なるものの、自動車整備士として転職をする際にはできるだけネガティブな印象を与えないことを意識すべきです。
退職理由が一身上の都合の場合は新しい仕事内容にチャレンジしたいと前向きな理由であるのが望ましいです。
給料と業務内容が伴っていない場合は努力や成果を評価してくれて、整備力向上につながる働き方をしたいとするのがよいでしょう。
転勤をしたくない希望がある場合は、腰を据えて働いていきたいとするのがおすすめです。
契約社員として働いてきた場合は、契約期間満了のため退社としましょう。
会社都合の場合は自分に足りない部分や今後どう乗り越えていくのかをアピールするのが望ましいです。
一口に退職理由といっても、それぞれで異なるからこそ、適した退職理由を書かないといけません。

 

前向きな退職であるかを客観的に判断する

前向きな退職であるかを客観的に判断する

自動車整備士として働いていた人の退職理由はそれぞれで異なるものの、重要となるのは前向きな退職であると思われるかです。
人間関係、給料、業務内容などの不平不満があって退職をした人も少なくないでしょう。
しかし、退職理由を客観的に判断して不平不満があったと判断されるのはNGです。
採用担当者からすれば、転職をして自社でどういった働きをしてくれるのかを判断します。
不平不満があったのが退職理由である場合、自社で働くにしても同じことを繰り返す可能性があると思うものです。
転職をした何をしていきたいのかが明確な退職理由でないと、マイナスな印象を抱かれてしまうと覚えていきましょう。
習得した技術をどう活かしていきたいのかも明確にした方がよいでしょう。
何をしたいのかを分からない人を採用するのは大きなリスクが伴います。
これから自社で携わってもらいたい業務とやりたい業務が一致すれば、採用に向けてのひとつの理由になるでしょう。

 

この記事を共有する

Pocket