pagetop
HOME   カテゴリー:整備士のお仕事   自動車整備士が忙しい時期はいつ?

整備士のお仕事

自動車整備士が忙しい時期はいつ?

記事更新日:2020/4/11

一年を通して忙しいことが多いのが自動車整備士ですが、特に新車や中古車が売れる時期、車の故障や事故が起こりやすいシーズンは繁忙期です。新車に取り付けるオプションや板金、車検点検など、自動車整備士の技術や知識が必要な場面が増えるシーズンです。

ディーラー系に勤めている場合

自動車整備士の繁忙期というのは、自動車整備士としてどこで働いているかによって少し変わってきます。
大きくわけると、ディーラー系と整備工場にわけることができ、基本的に自動車整備士は一年を通して何かと忙しい職業ですが、例えば、ディーラー系の場合は自動車がよく売れる時期が繁忙期と言えるシーズンになります。
自動車ディーラーで自動車が最もよく売れる時期と言えば、3月です。
3月に自動車がよく売れる理由としては、多くの自動車ディーラーが3月に年度末決算を迎えることが多く、業績を上げるために積極的に販売を行っています。
また販売店の都合ではなく、買う側も新生活のために自動車を購入することが多いシーズンであり、車が売れることでオプションの取り付けなどが発生するので、それにともなって自動車整備士も忙しい時期を迎えます。
3月が最も自動車ディーラーで自動車が売れるシーズンですが、この他には自動車ディーラーが中間決算を迎えることが多い9月も、何かと忙しいシーズンになることが多いです。

 

整備工場に勤めている場合

自動車ディーラーではなく整備工場に勤めている自動車整備士の忙しいシーズンは、車が売れる時期よりも車の故障が起こりやすいシーズン、車検時期になる車が増えるシーズンに左右されることが多いです。
自動車の故障や事故などが起こりやすい季節として挙げられるのが夏や冬で、夏の場合は夏季休暇などで慣れない運転をする人が増えたり、冬の場合は路面が凍ってスリップをして車を凹ませてしまうなどのトラブルが増えてしまいます。
また自動車の内部も急激な気温の変化によってエンジンやバッテリー、タイヤなどの部品に負担がかかることで故障を起こしやすくなってしまいます。
車検のシーズンは自動車ディーラーの車が売れる時期と似ていることも多いのですが、基本的には3月、4月、9月が忙しい時期となることが多いです。

 

整備工場に勤めている場合

関連記事