pagetop
HOME   カテゴリー:トレンド   自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

トレンド

自動車整備士が不足していることから対策されている取り組みについて

記事更新日:2020/7/16

自動車整備士は年々人材が不足してきている現状があります。早急に対策を講じなければ、整備士が足りずに業務を行うことが困難になってくる可能性があるので国は取り組みに動きだしています。人材不足を解消するための国の対策についてご紹介します。

年々人材不足となっている整備士

 

自動車整備士は、年々減少しています。仕事がつらいうえ、汚れやすいというイメージが大きいようで、整備工場などでは多くが自動車整備士不足に悩まされています。整備の仕事をしている企業の約9万もの事業所で自動車整備士が不足している現状です。事業所の数は、毎年微増しています。

自動車整備業に従事する人は、少しずつ減少傾向です。日本にいる自動車整備士はおよそ34万人と言われています。車の安全にかかわる職業なので、早急に対策を講じなければなりません。年々人材が不足していくと、仕事が追い付かなくなってしまうでしょう。日本の車業界において、整備士不足は深刻な問題です。

自動車整備士の役割


整備の仕事は、安全に車を運行するためには欠かせません。多くの人が車を運転する現代で、整備士は交通の安全、社会の安全を守るために必要な仕事です。半数近い整備事業場で整備士不足が問題となっているものの、仕事は継続的にあり、総整備売上高は5兆5千億円と、増加傾向にあります。

整備士一人あたりの売上はどんどん増加しており、一人当たりにのしかかってくる仕事量が大きくなっています。一人当たりにのしかかってくる仕事量がどんどん増えていくと、身体的な負担が大きくなっていくでしょう。

 

 

なんとか従事する人の数を増やして対策をしていかなければ、業務自体が立ち行かなくなる企業も出てきます。自動車整備士の需要は高まり続けており、解決するため、国でも整備士の人材確保のため取り組みが始まっています。

国による人材確保に向けた取り組みと対策

 

国土交通省では、整備士確保のための対策として、2014年に「自動車整備人材確保・育成推進協議会」を発足させました。整備士を増やすため、整備士の労働環境や待遇を向上させるための取り組みです。整備事業場の半数が、人材が足りず何とか人材不足を解消したいと悩みがあります。

小中学生向けの職業体験であったり、メーカーの工場見学など業界が一丸となって整備士不足を解消しようとした動きがあります。整備士はつらい仕事というイメージが一般的でしょう。今では、大幅に見直しの取り組みがなされてきています。労働環境の改善についても整備士にアンケート調査が実施され、課題への取り組みが始まっています。

 

整備士になるための支援制度

 

整備士を目指す方は、国からの給付金を活用しましょう。また、国だけではなく、専門学校同時の奨学金など用意されている場合があります。弊社ダイバージェンスでは、メカニカレという無料で整備の技術を学べる訓練学校があります。人材不足である自動車業界と、未経験から整備士になりたい若者を結びつけることを目的にした学校です。

国の対策もあり、職場環境、労働環境の見直しの取り組みが行われ、待遇を良くして少しでもよい人材を確保しようという動きや対策が活発になってきています。これから整備士を目指される方は給付金を上手に活用し、資格取得に向けた支援制度を使用しましょう。現在、資格を持っている人は、好待遇で転職できるチャンスです。

 

最後に

以上、自動車整備の不足のおそれと国の対策についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士が不足している原因についても一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。


関連記事